« 文学的なジャーナル――Journal Imagined | トップページ | こどもニート、大人ニート――タイプ別脱出プログラム »

2008年9月22日 (月)

学校では教えてくれなかった算数

1668b_3ローレンス・ポッター著/谷川漣訳

46判並製/240頁/定価1733円/2008年9月




◆算数のやり方は一つじゃない! 古今東西のヘンな計算法やすごい計算法を紹介

 子どものころ、だれでも多少は悩まされた算数。訳もわからずやり方を叩き込まれた思い出しかないという人でも、今では一通りの計算ができるようになっているはずです。人間は教育なしでは4までしか数えられませんが、その人間をだれでも計算ができるようにさせる教科「算数」が出来上がるまでには、数千年にわたる人類の叡智の積み重ねが必要でした。本書では、学校で「訳もわからず叩き込まれた」計算のやり方を、その方法が出来上がるまでの古今東西の歴史を交えながら納得できるよう解説する、大人のための算数読本です。
 イギリスの現役算数教師が書いた本ですので、「こうやって教えてもらえれば、楽だったのに!」と思わせる箇所がたくさんあり、教育関係の方や小学生の子どもをお持ちの親御さんにもお勧めです。また数学好き、算数好きの方のために80題以上の面白い算数パズルを収録しており、幅広く読んで楽しんでもらえる内容の一冊です。

[本書から]
・掛け算の筆算ゲロシア  学校で習った掛け算の筆算のやり方は、実は最善の方法ではない。それよりずっと簡単でわかりやすい「ゲロシア」という方法が、近代以前は一般的だった。ただ、ゲロシアは教科書に印刷しづらかった(文字組みが面倒だった)ために、主流にならなかった。
・ヘンな分数計算法  古代エジプトでは分数を書くとき、必ず分子が1でなければならないというルールがあった。たとえば7/10は「1/5+1/2」のように表現しなければならず、計算が非常に面倒だった。
・行き当たりばったり解法  古代エジプト人は方程式を解くとき、適当な数字を当てはめてうまくいくか確かめながら解いた。古代バビロニア人は連立方程式にも、これと同じ方法を使った。
・算数パズル  あるハンターが狩猟のために家を出て南に向かいました。やがて、東に向かって進む熊を見つけます。ハンターは何キロかその後を追いかけ、撃ち殺せるだけの距離まで近づきました。そこから北に向かうと家につきました。熊の毛の色は何色だったでしょう?(本書パズル71)――答え=白。ハンターの家は北極点になければならないから。

« 文学的なジャーナル――Journal Imagined | トップページ | こどもニート、大人ニート――タイプ別脱出プログラム »

書籍・雑誌」カテゴリの記事