« 「やればできる!」の研究――能力を開花させるマインドセットの力 | トップページ | 霞が関「解体」戦争 »

2008年10月24日 (金)

机の上はいらないモノが95%――世界一シンプルな整理法

167895







リズ・ダベンポート=著
川村透=訳

四六判並製/112頁/定価1,155円/2008年10月

ベストセラー著者による究極の「お片づけ本」、待望の刊行!

 本書は2002年に刊行され、片づけ本ブームの火付け役となったベストセラー『気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ』(小社刊)の著者による待望の第2弾。シンプルな内容がさらにシンプルに改良され、学生からものすごくものぐさな人まで、だれにでもできる超簡単な整理法になりました。
 ただの片づけとあなどるなかれ。平均的なビジネスマンはモノを探すために、1年に150時間もロスしていると言います。机まわりをキレイにするだけで、1年に1カ月分の時間が浮くというわけです。
 では、どうすれば整理できるのか? まずはモノの置き場所解決チャートに従い、すべてのモノを最も効率的な配置にし、いらないモノを見極める3つの質問でゴミを発見していけば、机の上の95%のモノを捨てることができます。
 残ったモノは面倒なファイルなどせず、トレーをどんどん積んでどんどん放り込んでいけば、すべてアッという間に片づきます。
 また、3日坊主で終わらぬよう、システムをルーティン化する4つのルールを実行すれば、永久に散らかることのない完璧なデスクの完成です。
 必要なモノをすぐに手に取れるようになれば、仕事も一気にスピードアップ。日々、机の上のぐちゃぐちゃにわずらわされている人に、ぜひご一読いただきたい1冊です。

【本書より】
○スタックトレー整理法

 1、書類はすべてスタックトレーで整理する。2、書類ホルダーをつねに持ち歩く。3、ペンディングトレーをつくる。

○持ち物の95%を捨てられる魔法の質問
 1「それを捨てたら困りますか?」、2「過去6カ月にそれを使いましたか?」または、「この先6カ月に使う予定がありますか?」③「同じモノがほかで手に入りませんか?」
 ※以上のうち、ひとつでも「いいえ」になれば、捨ててください!

○その他もくじより
◎スケジュール管理を最適化する3つのルール ◎仕組みをつくればうまくいく ◎もっとも効率的なデスクとは? ◎具体的にどういう手順ではじめるか ◎逆算して計画する ◎「集中時間」をつくりだす……………など

« 「やればできる!」の研究――能力を開花させるマインドセットの力 | トップページ | 霞が関「解体」戦争 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事