« ケッペキさんは、今日もゆく!  | トップページ | すごい空の見つけかた »

2008年11月21日 (金)

中国が憧れた理想の国 日本――学校では教えない本当の歴史

1682_2





拳骨拓史=著

四六判並製/232頁/定価1,575円/2008年11月

●これまでの常識を覆す画期的日中史!

 日中関係を歴史的に見た際、「中国は文化の父、朝鮮は兄、日本は弟」であり、「東夷」である小国日本は一貫して中国に教えを乞うてきたといった構図で語られることがよくあります。
 しかし本書は、そうした「矮小な日本」のイメージはじつは後からつくられたものであり、古来、日本は中国と対等に渡り合い、中国はむしろ日本に畏れ・憧れを抱き続けてきたということを、日中相互の史料を参照しながら明らかにしています。
 たとえばすでに『論語』でも孔子が日本に憧れを抱いていたことを思わせる記述があり、紀元2世紀成立の『淮南子』、5世紀成立の『後漢書』などでも同様に「東方」への畏敬の念が語られています。
 また、聖徳太子の仏教解説書がいかな驚きをもって迎えられたか、日本の遣唐使がいかに中国で尊敬を集めたか、あるいは副島種臣や大久保利通など明治時代の外務卿・外務大臣がいかなる名誉と信頼を勝ち得たかなど、知られざる歴史の実相を紐解いていきます。
 著者は、漢学・東洋思想を専門とする在野の若き研究者。その新鮮な指摘には、渡部昇一氏(上智大学名誉教授)も絶賛の言葉を寄せています。歴史認識の論議がかまびすしいいま、史料に基づいた冷静な議論を深めるためにも、ぜひ読んでほしい1冊です。 

【本書より】
・秦の始皇帝の時代、日本は「不死の民」の住む神の国と考えられていた。
・日本は一貫して「対等外交」を望む姿勢を崩さなかったため、中華思想の中国はなかなか日本と国交が持てなかった。
・宋の太宗は、日本の天皇の系譜こそが理想と考えていた。
・宋の時代、日本の木材、扇子、書画、日本刀、紙などが羨望の眼差しで見られていた。
・無謀な戦いだったと言われる秀吉の「朝鮮出兵」は、『明史』(中国の正史)では「中国が勝てる見込みはなかった」と書かれている。
・乃木希典は日露戦争の舞台となった中国・奉天(瀋陽)で尊敬され、戦死した乃木軍将兵のために中国人たちが慰霊碑を建立している。

※その他もくじより

◎中国仏教を超える国 ◎絶賛された日本文化の数々 ◎黄金の国、真珠の国、だれにも従わない国 ◎大国に動じない遣唐使たち ◎日本に臣従した中国 ◎聖徳太子流外交術とは? ◎福沢諭吉の悲壮な「覚悟」 ◎馬賊を率いた日本人……など

« ケッペキさんは、今日もゆく!  | トップページ | すごい空の見つけかた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事