« ヨイショの技法 ――大人の人間関係をつくる方法 | トップページ | 衛星画像で知る温泉と自然の湯[東日本編] ――アースウォッチの旅ガイド »

2008年12月22日 (月)

地球46億年全史

169046




リチャード・フォーティ 著
渡辺政隆・野中香方子 訳
四六判上製/576頁/定価2940円/2008年12月

地球環境の未来を考えるための必読書。
『生命40億年全史』の著者、待望の最新作。

 著者の前著『生命40億年全史』(2003年、小社刊)は、まさに圧倒的な作品でした。生命誕生の神秘から、さまざまな生物が進化と絶滅をくりかえし、人類誕生にいたる生命史のスケールの大きさ、ドラマチックな展開に、手に汗握りながら読んだと、多くの読者から大きな反響をいただきました。
 本書はそれを上回る46億年。前著と同様、壮大なスケールを巧みに描きとり、科学者たちの苦闘ぶりを紹介しながら古代の姿をあざやかに再構成してみせる、この圧倒的な筆力は見事というより他ありません。
 巻頭、ナポリの風景描写から始まる物語は、私たちが大地の上に暮らしていながら、周囲の地質に多大な恩恵と影響を被っていることにいかに気づいていないかを教えてくれます。建物、道、大理石の置物に指輪の貴石、私たちの身近いたるところに、地球46億年の壮大な歴史への入り口はあるのです。
 宝石や大理石を生み出した力とは何か。じつは同じ力が、アルプス山脈の地層を大きく歪ませています。その力はさらに、ポンペイを壊滅に導き、ハワイ諸島で新しい島々を誕生させ、はるか大西洋を越えてつながる断層線を描き出す──世界各地の風景をたどりながら、著者は少しずつ地球の相貌を大きく変化させてきた力の謎、大陸移動とプレートテクトニクスの正体に迫っていきます。
 プレートの動きは年にわずか数センチ。私たちの目にはわかりません。しかし本書を読んでいると、海が現れては消え、大陸が分裂し、衝突し、沈み、乗り上げ、すでに地球を6 周もしたというプレート活動のスケールの大きさを如実に感じられるはずです。
 読後、私たちはそのプレートの上で暮らしているという事実にあらためて驚きを覚え、もはや風景や地球を見る目が変わってしまうに違いありません。そしてこの視点こそ、地球環境を考えていかなければならない私たちに必要なものと言えるでしょう。

« ヨイショの技法 ――大人の人間関係をつくる方法 | トップページ | 衛星画像で知る温泉と自然の湯[東日本編] ――アースウォッチの旅ガイド »

書籍・雑誌」カテゴリの記事