« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月23日 (金)

認知症を生きるということ――治療とケアの最前線

1697






中村尚樹(なかむら・ひさき)著

四六判/上製/272頁/定価1890円/2009年1月

■治療法や介護法の改善によって、どのように生きていくかが重要になってきた

「認知症」と診断される高齢者がものすごい勢いで増加しています。厚生労働省の推計によると二〇〇五年の段階で約一七〇万人、二〇一五年には約二五〇万人にまで増加するとの予測です。しかも高齢者のみならず、五十歳前後で発症する「若年性認知症」の患者も増えているといいます。
 かつて「ボケ老人」や「痴呆」と呼ばれ、徘徊や暴れるなどの行動をとることから、拘束などの手荒い対応を取られることも多かった認知症ですが、研究がすすみ治療法や介護法が発達してきたおかげで、患者の生活の質が改善され、守られるようになってきました。
 認知症のなかでも「アルツハイマー型」と呼ばれるものの場合、かつては診断後の平均余命が七年と言われていましたが、いまでは適切な治療と介護によって十五年から二十年以上と大幅にのびています。
 ということは、重要なのはベッドに縛り付けるような自由を奪った「治療」を施すことではなく、いかにして患者さんがその人らしく、その人自身の暮らしを続けていくか、ということになるのではないでしょうか。

■治療薬、薬をつかわない治療法、家族や地域社会とのつながりなどを紹介

 前著で「脳機能障害」の実態を調査した著者は、本書では認知症の治療とケアの最新状況をたんねんに取材しています。
 認知症だから治療のしようがない、という誤解。あるいは、認知症と診断されて入院したら、急激に症状が悪化したというケース。病院から自宅に戻って生活をはじめたら、症状が良くなったというケースなどを具体的に取り上げます。
 また、病状の進行を止める薬の開発エピソードを紹介するとともに、「薬をつかわない治療」として「回想法」や芸術をつかった治療法の現場を紹介します。
 患者を隔離し拘束するのではなく、暮らしのなかで、家族をはじめとするまわりの人々との交流のなかで治療し、生活の質を取り戻していく。それが最前の方法ではないかということが見えてきます。
 しかしその一方で著者は、介護する側の疲弊、苦しみ、あるいは経済的な問題など、現実に直面せねばならない数々の問題も取り上げています。
 自分自身のみならず、家族や近しい人が患う可能性のある認知症について、さまざまな角度からその実態を紹介する本書は、多くの方にぜひ知っておいていただきたい一冊です。

2009年1月21日 (水)

あなたの家族が「うつ」になったら

1696




        

光本英代 著

46判並製/240頁/定価1470円/2009年1月

●患者を支える家族の問題に焦点をあてた、初めての本!
 うつ病は今「心の風邪」と言われるほどポピュラーですが、その実態は、うつ病者本人、もしくは共に暮らす家族にしかわかりません。日本では病院の取組みも家族へのケアも立ち遅れており、家族がうつ病とわかったとき、患者を支えるほかの家族のとまどいと日々の心労は並大抵ではありません。うつに関する本は数多ありますが、本書は患者の家族の本音と葛藤をリアルに描いた、初めての本です。
 著者は結婚早々、夫がうつ病になり会社に行けなくなりました。医者からくわしい説明もなく、どう対応すればよいのか試行錯誤の日々が続きます。温厚だった夫が感情的な性格に変貌し、始終暴言を吐く──病気のせいとわかっていても、次第に夫婦関係は危うくなり、夫の自殺未遂、別居、離婚という成り行きをたどりますが、その間著者は、うつ病者の家族としてどうすべきだったのか、何がいけなかったのかという自責の念にとらわれていました。その思いから、MDA(うつ・気分障害協会)で知り合ったうつ家族に、患者とどう向き合ってきたかを家族の視点から徹底取材したのが本書です。
 夫が、父親が、娘がうつになったケース、そしてうつ病者本人の話、いずれも先の見えない不安と辛さがひしひしと伝わってきますが、苦難をのりこえて得られる達観、家族の絆も見えてきて救われます。「うつ病になると、本人、家族、みんなが傷つく」「原因探しはしないほうがいい」「うつの苦しみは経験者でないとわからない」……取材を進めるうちに著者は、夫を支えきれなかった未熟な自分を赦そうと思えるようになります。また最終章では、家族が自分をケアし、楽になるためにできることを紹介しています。
 うつ病が本人と家族にとってどういうものかが見えてくると共に、うつをめぐる人々の心情が胸に迫る、ノンフィクション作品としても秀逸な一冊です。

俳句がどんどん湧いてくる100の発想法

1695





ひらのこぼ著

四六判/192頁/定価1470円/2009年1月

句会、吟行の作句で行き詰ったとき役に立つ本。
入門者から中級者までの手軽なヒント集。

●好評に応えて続編を刊行
 前著『俳句がうまくなる100の発想法』は幸いにも多くの読者から好評をいただきました。「裏返してみる」=「羽子板や裏絵さびしき夜の梅」(荷風)、「ドラマを仕立てる」=「熱燗や討ち入りおりたもの同士」(川崎展宏)、「乱暴にしてみる」=「有る程の菊抛げ入れよ棺の中」(漱石)などなど、簡単な作句のヒント100を古今の例句、秀句とともに示した内容は、「これまでになかった新しい実用書」「とても役に立った」「著者のセンスが光る」など、初心者ばかりでなく、かなり俳句に親しんだ方々からまで、好評のお便りをいただきました。これまで俳句入門書はたくさん出ていますが、抽象的なものばかりで、実際に役立つものが意外にすくなかった。それに比してこの本はヒントが具体的なうえ、すぐ応用できる点で、きわめて画期的な俳句実用書と言っていいでしょう。今回の本は続編を望む多くの声に応えて刊行されました。
●句会で、吟行で、困ったときのネタ本に
 今度の本は、より実践的になり、景色の見方や目の付け所にかなり力点を置いていることが前著と違うところです。句会や吟行で、ある場所に行って句を詠む機会が多いと思われますが、ネタ切れ、すぐアイデアが空っぽになってしまう人が多い。そんなときまず「景色を大きく捉えてみる」=「ながながと川一筋や雪の原」(凡兆)、「何かに映してみる」=「冬の水一枝の影も欺かず」(草田男)、「動きを追いかける」=「桐一葉日当りながら落ちにけり」(虚子)などという視点の置き方のヒントが示される。また「つまらない景色を詠む」=「饅頭の天辺に印あたたかし」(中原道夫)、「二階を詠むと成功しやすい」=「うなぎやの二階に居るや秋の暮れ」(大場白水郎)、「困ったときの『風』」=「夕風の吹くともなしに竹の秋」(荷風)などなどの指摘も、ユーモアのある説明により誰でも簡単に俳句が作れそうな気になります。著者は広告のコピーライターで中原道夫の「銀花」同人。ちょっと異色の俳句入門書であり、例句を読んでいるだけで楽しいアンソロジイです。

衛星画像で知る温泉と自然の湯[東日本編] ――アースウォッチの旅ガイド

1692

福田重雄著

B5判並製/4色/CD-ROM付き/96頁/定価3360円/2009年1月

◆自然に湧きだす温泉の場所を、衛星画像から読み取る温泉ガイド

 本書は東日本地域の衛星画像を掲載し、その画像データを付属CD-ROMに収録した本ですが、いわゆる科学書ではありません。本書は、衛星画像を使って温泉を楽しむという、旅ガイドなのです。
 本書で利用しているランドサット衛星は、可視光線のほか、数種類の波長の赤外線画像も観測しているので、そのデータを組み合わせて画像を作ることにより、地表のさまざまな情報を読み取ることができます。たとえば、そこに水があるかどうかや、その周辺が熱を発しているかもわかります。本書は、それら情報を読者自身が画像から読み取り、自然に湧き出ている温泉、温泉沢を探して、実際に行くことを可能にする温泉ガイドです。衛星画像の読み取りは難しそうだと思うかもしれませんが、実はとても簡単で、本書の中でも丁寧に解説しています。
◆温泉好きにとってだけでなく、さまざまな意味で画期的な本
 本書はいろいろな意味で、画期的な本です。まずは、いままで知ることのできなかった自然の温泉の場所などの情報が、衛星画像からわかるようになったこと。これは多くの温泉好き、アウトドア好きの方々には驚きでしょう。また、温泉周辺の自然環境も詳しく知ることができるので、行きなれた温泉地であっても、源泉地を見学したり、温泉と火山の関係を実感したりと、観光客が「自然としての温泉」を楽しむという行楽の仕方が可能になります。本書は、豪華な設備を競う温泉観光とはべつの、温泉の観光のあり方を提案しているともいえるでしょう。
 さらに本書は、これまで日本ではあまり一般に使われることがなかった衛星画像に、観光分野という新しい使用領域を開拓することになりますので、「衛星画像の普及」という意味でも画期的といえるでしょう。普及という点では、通常は1点数万円以上する衛星画像データがCD-ROMに納められ、読者が目的に応じて加工して使えるというのも画期的です。
 本書は多様な楽しみ方ができる本です。温泉好きの方にはもちろんのこと、アウトドア好きの方、衛星画像に興味がある方、また新しい観光のあり方を模索する観光関係の方など、多くの方に読んでいただき、使っていただきたい一冊です。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »