« 炭鉱太郎がきた道――地下に眠る近代日本の記憶 | トップページ | 薬師寺伽藍の研究 »

2009年2月25日 (水)

中国は世界恐慌にどこまで耐えられるか

 

1702

 

 


 

四六判上製/224頁/定価1680円/2009年2月

●非政府系エコノミストのオリジナル経済論集

本書は中国の代表的な在野エコノミスト・仲大軍氏が、過去二年間に発表した論文や講演録から、最もヴィヴィッドなテーマを論じた十二編を選び、これに「外向型(輸出主導型)」発展戦略のリスクを指摘した二〇〇三年発表の論文(巻末「資料」)を加えて訳出したオリジナル経済論集です。仲氏は一九五二年、山東省済南生まれ。上海の復旦大学卒業後、国営新華社通信で経済関連を担当し、のち二〇〇〇年に民間シンクタンク「北京大軍経済観察研究中心〔センター〕」を設立しました。一貫して庶民の立場に立って積極的に提言し、官僚主義政治、既得権益層の固定化には鋭い批判の目を向ける硬骨漢とのこと。またアメリカの金融危機を早くから予測し、その後の趨勢に照らして優れた先見性を示しています。
中国内にあって活発な評論活動をおこなっている非政府系エコノミスト自体、稀有の存在ですが、官庁エコノミストとは一線を画す視点で経済の実態をとらえた論文がまとまったかたちで日本に紹介されるのは、おそらく本書が初めてと思われます。

●急激な市場化のマイナス面を率直に描く

「訳者あとがき」で、坂井氏は本書の意義を三つあげています。
一つは、仲氏が中国では最も早く「外交型」発展戦略の危険性を指摘し、「内向型」への転換を提起してきたことです。仲氏は、一兆二千億ドルの米国債券など豊富な外貨を使って在中国のアメリカ企業を買収せよと説いています(第一章、第二章)が、中国国内にあるこうした意見がはっきりと示されたのは初めてのことではないでしょうか。
二つめとして、「外向型」発展戦略のマイナス面、すなわち安価な製品を輸出するために生じた環境破壊や労働者の貧困、外資導入にあたって権力をおカネに変えて巨利を得る官僚の腐敗等々をかなりラジカルに批判していることで(「資料」)、仲氏のような考え方が受け入れられる素地が中国にあることがわかります。
三つめは、改革の三十年を総括し、これまで主流だった、市場経済推進派=新自由主義派(右派)の旗色が悪くなり、代わって毛沢東の左傾を肯定する「新左派」が台頭し、この左右両派の対立が深刻になっていることを率直に述べていることです(第五章)。華国鋒時代のような一触即発の状態にあると仲氏は書いていますが、このことも日本ではほとんど紹介されていない中国の最新の思想潮流です。
急激かついびつな形の市場化が、深刻な矛盾となって中国社会に内在しているということであり、こうした危機的状況が一切の脚色なしに描き出されているところに本書の意義はあります。

●中国経済の今後を占うための必読の書

世界経済復活の鍵を握るとみられる中国ですが、経済刺激策として投入されるという四兆元は、はたしてどれほどの効果をあげるのか。すでに温家宝首相が先行きの厳しさを認めていますが、進行中の世界的大不況に中国はどこまで耐えられるのか。仲氏はGNPの伸び率が六パーセントまで下がれば予期せぬ事態が起きるのではないかと述べています(第七章)。中国の経済・社会の動向は日本にとっても重大な意味を持っています。外側からは窺い知れないその内情を明らかにした本書は、隣国の今後を見通すためには欠かすことのできない一冊と言えるでしょう。

« 炭鉱太郎がきた道――地下に眠る近代日本の記憶 | トップページ | 薬師寺伽藍の研究 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事