« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月21日 (火)

地侍の魂――日本史を動かした独立自尊の精神

1707




柏 文彦 著

四六判/上製/256頁/定価1890円

独自の発想力と行動力を持ち、私利を捨て公に供する誇り高き生き様

■権力に縛られない独立武装農民たちの誇り高き「サムライ」精神

 日本人はよく「集団主義」「個の顔がみえない」などと言われます。本当にそうでしょうか。歴史を振り返ると、たとえば「幕末・維新」の時代、突出した「個」が数多出現してまさに日本史を大きく動かしました。
 じつは彼らこそが、「地侍」の血と精神を受け継いだ末裔だったそうです。中世に各地に登場した「地侍」とは、自ら土地を耕す農民であると同時に、その土地を守るために刀を持ち戦いも厭わぬ「武装有力農民」たちのことです。戦国の争乱においては、有力大名に付いたり対立したりしつつ果敢に戦う武装集団となり、勇猛な武将も数多登場します。
 大地に根差した生産者であり、自らの家名に誇りを持つ名字帯刀の武士、時の権力者におもねることなく私利私欲のためではなく、自身の属する共同体のため、「公」のために命を懸けて戦う。まさに「サムライ」の精神を体現する存在だったと言えるでしょう。

■坂本龍馬、吉田松陰、伊能忠敬、高田屋嘉兵衛…時代を動かす傑人たち
 戦国が終わり天下統一を果たした秀吉は地侍たちの武装解除を敢行します。こうして歴史の表面から「地侍」は消えるのですが、彼らの末裔とその精神は形を変えて日本史のさまざまな場面に意外な姿で登場します。
 地侍のあるものは農民となり、広大な土地の開発、溜池や用水路の築造による治水事業を行い、新作物の導入や品種改良などによって当時、世界最高水準の農業生産性を実現していきます。またあるものは商人として新たな業をつぎつぎに起こし、先物取引や複式簿記などの先端的な手法も開発していきます。北前船で大規模な商品流通を実現させ、捕鯨業や牡蠣の養殖業なども生み出しています。洋学を取り入れて先端の医学を導入する一方では、弄石家や本草家、好事家など文化的な成熟にも貢献していきます。
 あるものは下級武士となり幕藩体制に組み込まれますが、彼らがやがて幕末を駆け奔る志士となっていくのです。このように、近世以降の日本社会においては、政治経済から社会文化にいたるあらゆる場面で、「地侍」の末裔は活躍しているのです。本書は、これまでになかったこの視点で、日本史を読み直すというきわめてユニークな試みなのです。

■政治・経済・社会の閉塞を突き破ってきたのは「地侍の魂」だった
 江戸中期の経済的停滞期においても、末期の政治的閉塞期においても、つねに「地侍」の行動力と発想力、企画力が閉塞をうち破ってきたと言えます。江戸期から近代、現代へと続く日本の大きな発展の底流には、つねにこの地侍的な力が流れてきました。世界的な閉塞状況にある今も、この「地侍の魂」で状況を変えることができるのではないか。本書は、そのことを多くの日本人に思い起こさせてくれる、元気を奮い立たせる1冊です。

結局、自分のことしか考えられない人たち――自己愛人間とどうつきあえばいいのか 

1708





サンディ・ホチキス著       
江口泰子訳

46判/並製/256頁/定価1575円/2009年4月


●理不尽な言動のウラにひそむ複雑な心理を解きあかす

 自己愛性パーソナリティ障害の人々を扱った『平気でうそをつく人たち』(M・スコット・ペック)が1996年にベストセラーとなり、2006年には『良心をもたない人たち──25人に1人という恐怖』(マーサ・スタウト、いずれも小社刊)が評判を呼んだ。近年話題の「モラハラ」と呼ばれる精神的虐待をおこなう人々もそうだが、他者への共感を欠き、都合が悪いとうそをつき、自分の利益のために手段を選ばず、つねに悪いのは他者だと思い込ませる「自己愛人間」たちは、どこにでも存在しており、彼らに利用されて苦しんでいる人が少なくないことが、広く知られるようになった。
 本書はさらに踏み込んだ内容で、まず自己愛人間の特徴を「7つの大罪」──恥を知らない、つねに歪曲し、幻想をつくりだす、傲慢な態度で見下す、ねたみの対象をこき下ろす、つねに特別扱いを求める、他人を平気で利用する、相手を自分の一部と見なす──とし、その理不尽な言動がどんな心理から生まれるかを丁寧に解きあかす。例えば彼らは恥の意識を受け入れられないため、自分が恥や嫉妬を感じると反射的に否認し、それを他者に属する性質としてことさらに他者を責めたてる。著者はこれを「恥の投げおろし」と呼ぶが、自己愛人間の最大の特徴である。本書は次いで、このパーソナリティがどうやってできあがるのか、彼らの毒から身を守るための現実的な戦略とは何かを説いていく。
 だれでも幼児期は自己愛人間だが、2、3歳で全能感はくずれ、徐々に等身大の自己を受け入れていく。だが、その時期に周囲の大人が極端に激しく恥じ入らせたり、あるいは何でも望み通りにさせてしまうと、長じてその子は自己愛人間になりやすい。精神の成長が2歳児レベルで留まってしまうのだ。
 本書は後半で「恋に落ちた自己愛人間」「職場の自己愛人間」「歳をとった自己愛人間」等も取り上げ、終盤では子供を自己愛人間にしないための方策を論じている。「自己愛社会」と言うべき時代に必須の一冊。

金賢姫からの手紙

1709






西岡力・趙甲済 著

四六判上製/二四八頁/定価一五七五円/二〇〇九年四月

●なぜ二十年前の事件について再び語るのか
 去る三月十一日、元北朝鮮工作員の金賢姫氏と、金氏の日本語教師だった田口八重子さんの兄の繁雄さん、息子の耕一郎さんが韓国の釜山で面会を果たしました。金賢姫氏は大韓航空機爆破事件の実行犯として韓国で死刑判決が下されたのち、恩赦をうけ、九七年まで情報機関(安企部)につとめ、同捜査官と結婚して二児をもうけました。ひっそりと暮らしていた金氏ですが、二〇〇一年十一月、カトリックの人権団体が開いた記者会見を皮切りに「大韓機事件は韓国の自作自演、金賢姫はニセモノ(北朝鮮の工作員ではない)」という、北朝鮮の強弁をなぞったかのようなキャンペーンが韓国内で始まり、〇三年秋、テレビの三大ネットがこれに加わって金氏への攻撃が激しさを増して以降、避難生活を余儀なくされました。
 昨年秋、金氏は韓国の前国会議員に手紙を書き、この間、メディアや国家情報院(安企部の後身)から加えられた迫害を生々しく語り、その背後には親北傾向の前政権の意思がはたらいていたとの見方を示し、田口さんの息子に会って話がしたいと希望を伝えました(これが面会につながります)。金氏があえて沈黙を破り、みずからの苦境を語り、二十年前の事件について再び語るのは、理不尽なキャンペーンの首謀者の責任を問うためですが、日本にとって重要な意味をもつのは、金氏が公けに発言を始めたことで、大韓機事件と日本人拉致の結びつきに新たな光があたり、北朝鮮の意図がはっきりと浮かびあがってきたことです。

●田口八重子さん、横田めぐみさん〝死亡〟の謎を解明
 本書はこの金賢姫氏の手紙、金氏の信頼厚い韓国人ジャーナリスト趙甲済氏による単独インタビューを収録。西岡力「救う会」会長代行と趙氏が、飯塚さん父子との面会にいたる日韓の動きを追い、西岡氏がこれらを総合して、「なぜ北朝鮮は田口八重子さん、横田めぐみさんを〝死亡〟と言い、抑留しつづけるのか」という拉致問題最大の謎を解き明かしたレポートです。
 謎の解明は第2章に詳述されています。端的に言えば、国交正常化で百億ドルとも言われる〝賠償金〟を日本から引き出すために拉致は認めるが、大韓機事件にかんして金正日の責任は絶対に認めないことが北朝鮮の大方針であり、金賢姫氏の身分は何としても否定しなければならないということです。田口さんを帰せば、金氏の供述どおり金正日の指令によって爆破テロがおこなわれたことが再確認され、金正日はテロリストそのものになります。韓国での金賢姫ニセモノ・キャンペーンが、小泉訪朝と軌を一にしていたのもその一環と考えられます。
 また、めぐみさんについて、金賢姫氏は趙甲済氏のインタビューに答えて、同僚工作員金淑姫の日本語教師だったと述べ、金淑姫から、田口さん、めぐみさんとともにある招待所で生活していたと聞いたと証言しています。金氏のこの証言は、帰国した蓮池夫妻、地村夫妻の証言(本書で初めて紹介)と完全に一致します。めぐみさんを帰せば金淑姫と金賢姫氏の線がつながり、田口さんの場合と同様の結果を招いてしまうのです。
 金賢姫氏が表に出てきたことで北朝鮮の狙いが判明したことは、拉致問題解決に向けての大きな一歩であり、その意味ではまさに〝歴史的〟なレポートと言っても過言ではありません。

TIME×YEN時間術(タイムエン時間術)――すべての時間を成果に変える31の鉄則

1706time_yen

長野慶太=著

四六判並製/216頁/定価1,365円/2009年4月

★『部下は育てるな! 取り換えろ!!』『お客には絶対に謝るな!』などベストセラー連発の米企業コンサルタント、最新刊!

 本書は、アメリカで起業し、日米の企業の橋渡しとして第一線で活躍している「対米進出コンサルタント」長野慶太氏による「時間活用術」の本です。
 強烈なインパクトのビジネス書で知られる著者ですが、今回は「死を意識しない時間術の本はすべて欠陥品である」と宣言、「TIME YEN(タイムエン)」という尺度を用いたまったく新しいコンセプトの「時間術」を生み出しました。
 その方法論は、目に見えない「時間」をお金という「モノ」に見立てることでその有限性を意識し、時間に対する感覚を鋭敏にするというものです。この尺度を人生に導入することにより、目的意識の高い時間の使い方が実現し、結果として目指す目標への最短距離を行くことが可能になるというのです。
 また、「TIME YEN」という有限の資産を最大限に賢く使っていくためのさまざまなアイデア──「誰よりも速く書け」「努力するより時間配分を変えろ」「本を読む前に投下時間を決めろ」など──が具体的に説かれています。
 成果に対し自覚的な働き方が強く求められているいま、日々の時間の使い方を見直せる
本書は、自分の力を伸ばしていきたいビジネスパーソンにぜひお勧めしたい一冊です。

【内容から】
●死ぬまでに使える総時間をつねに意識することで、時間の使い方に切実さが生まれる。
●日々「ちゃっちゃとすませればいい」という考えでやっていることが、大きな時間の無駄につながっている。
●日々のタスクにかかる時間をストップウォッチで記録するクセをつければ、仕事にかかる時間の見積もりができるようになり、段取り力が身につく。
●本を読むときは「目的、目標、投下時間」を決めてから読むことで、最短時間で質の高い読書ができる。
●企画書は1枚にまとめることで、時間の節約にもなるし、脳を整理することもできる。
●時間をつくる方法は、「あらゆるタスクにかける時間を3秒縮めること」「優先度の低いタスクを切り捨てること」の2つしかない。

続きを読む "TIME×YEN時間術(タイムエン時間術)――すべての時間を成果に変える31の鉄則" »

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »