« ご飯は半分にして肉でやせる 
肉食健康ダイエット
| トップページ | 日本が拉致問題を解決できない
本当の理由(わけ) »

2009年6月22日 (月)

びっくりするほど説明がていねい
中学の数学・方程式が超わかる本
 《小学6年生から》 

1714






飯田圭一 著      
A5判並製264頁/定価1575円/2009年6月

●びっくりするほど説明がていねいな「読む家庭教師」!
 著者はプロ家庭教師です。中学受験生から大学受験生まで担当していますが、なかでも勉強嫌いな生徒を勉強好きに変身させることを得意技としています。
 中学に進学して、算数から数学に移行したとたん、「正負の数」「文字式」などで早くもつまずく生徒は少なくありません。そして意味がわからないまま授業は進み、やり方だけ覚えるものの応用がきかず、たちまち数学嫌いになってしまうのです。
 そんな生徒も、著者が家庭教師として図解しながらかみくだいて意味を説明すると、ちゃんと理解でき、問題も正解できるようになります。ですがプロの家庭教師を依頼するのは、医師など高収入のご家庭にかぎられ、普通の家庭の数学が苦手な子どもに教えられないことを、常日頃より歯がゆく思っており、それが本書執筆の動機となりました。

 本書は「マスクマンX」という謎の家庭教師と生徒2人とのかけあいで授業がすすむ、まさに「読む家庭教師」です。負の数をかけるとなぜ符号が変わるのか、文字式における文字の意味や、「=」の意味など、数学が苦手な子がどこでつまずくかを熟知している著者が、要所要所を図解しながら懇切丁寧に説明していますが、そうした「要所」の多くは、通常の参考書では自明のこととしてわざわざ解説していないことが多く、本書の特徴としてきわだっています。ここまでかみくだいて説明している参考書はほかにないと断言できます。
 くだけた会話調で、中学数学の基礎である方程式がしっかりマスターできますので、中学1年生で、数学に苦手意識をもちそうな気配のあるお子さんや、中一の基礎からやり直したい生徒さん、あるいは中学進学前の小学6年生に、ぜひすすめてほしい一冊です。

« ご飯は半分にして肉でやせる 
肉食健康ダイエット
| トップページ | 日本が拉致問題を解決できない
本当の理由(わけ) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事