« 日本が拉致問題を解決できない
本当の理由(わけ)
| トップページ | アトピーも掌蹠膿疱症も
皮膚の病気は内臓でなおす »

2009年6月22日 (月)

野菜で体がよみがえる
――知られざる野菜と果実の底力

1716






橘みのり著/大場秀章監修

四六判/並製/192頁/定価1260円/2009年6月

抗酸化力、免疫力、デトックス力……。
野菜と果物の健康・美容パワーがよくわかる本!


■なぜ野菜や果物は体にいい?

「肉ばかりじゃなく、野菜をとらなきゃ」「フルーツも少しは食べないと」……。何かしらの体の不調や肥満などに悩む多くの現代人は、こう思っているにちがいありません。しかし、なぜ人は野菜や果物を食べるのか、また、なぜ健康のために必要なのかということについて、正しく理解している人はどれほどいるでしょうか。
 そんな野菜と果物がもつ力とおいしさの秘密を解き明かそうと、植物の起源から、最新の栄養学的知見と伝統的な食の知恵、さらには亜熱帯地方の野菜・果物事情までを、実に丹念に追いかけて取材を重ね、興味深くまとめあげたのが本書です。

■野菜と果物の奥深い力
 近年、「抗酸化力」「免疫力」「解毒力(デトックス)」といった、野菜と果物が私たちにもたらしてくれる美容と健康に役立つパワーが注目を集めています。色素に含まれる微量な栄養成分、「ファイトケミカル」が大きな働きをもつことがしだいにわかってきたからです。
 しかし、まだまだ解明されていないことが数多いのも事実。野菜と果物に備わる力は、実に奥深く、神秘的ですらあると著者は言います。
 植物は、気の遠くなるような時間をかけて、自らを守るサバイバル戦略として、そうした様々な力を身に付けてきました。本書を一読すれば、きっと野菜と果物がもつ多様な力をあらためて実感するにちがいありません。カラフルな写真も随所に挿入され、気軽に読めるこの本は、仕事柄、料理と栄養に関する専門的な知識を得たい人や学生はもちろん、おいしく健康的に野菜と果物を味わいたい多くの人々にもお勧めしたい一冊です。

« 日本が拉致問題を解決できない
本当の理由(わけ)
| トップページ | アトピーも掌蹠膿疱症も
皮膚の病気は内臓でなおす »

書籍・雑誌」カテゴリの記事