« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月24日 (金)

太平洋戦争は勝てる戦争だった
――文系支配が敗戦をもたらした

1721






山口九郎右衛門【著】/四六判上製296頁/ 定価2100円/2009年7月


◆戦争の見方を変える太平洋戦争研究の金字塔

 太平洋戦争の敗因については、これまで戦史その他で多くのことが語られてきました。たとえば、物量の不足、作戦の齟齬等々。しかし、本書の著者はそれらの戦史に疑いを投げかけ、太平洋戦争の帰趨を制した空の戦いを中心に、まったく新しい視点からこの戦争の再検証を試みました。
  支那事変が始まった1937年、世界でも最も進んだ飛行機をもっていた日本がなぜ敗れることになったのか。
  著者はここから論を進めていきます。日本がまずしなければならなかったのは陸海軍から独立した航空軍の設立だったといいます。陸軍航空本部長などを歴任した井上幾太郎大将が航空軍の設立を推進するのですが、海軍の反対で実現できませんでした。このため、太平洋戦争中に陸海軍は機種をしぼりきれず、多くの試作機の計画と試作に無駄なエネルギーを空費するのです。(著者は優秀機8種を自ら設計し直し、改装例を示しています。巻末の付録参照)
 日本は呉の海軍工廠で、テーラーシステムを取り入れ、戦艦大和をアメリカに比べてもはるかに効率的に造りあげながら、航空機生産、とくに発動機生産にそれを取り入れることができませんでした。テーラーシステムによれば一工場一機種生産が原則なのに、最も生産性の高かった中島飛行機の発動機工場でさえ4機種を同時に生産していたのです。著者は一工場一機種にした場合の生産性の上昇率を表にして立証しています(192頁の表)。
 次に太平洋戦争の死命を制した航空燃料ですが、実は1935年前後に日本には人造石油の生成に成功するチャンスがあったのでした。しかし海軍の徳山燃料廠が面子にこだわったために成功の機会を逸してしまいました。もしこれが成功していれば、ルーズベルトに石油を封鎖されることもなく、太平洋戦争さえなかったと、著者は強調しています。昭和石油に勤務していた著者らしい視点です。さらに、防弾の軽視です。これも何度もチャンスがありながら、用兵者(文系)によって防弾計画がつぶされ、多くの人命を失ったのでした。また著者は稼働率ほぼ100%を達成した飛行47戦隊の整備隊長にも生前数度にわたって取材、誉発動機が決して、戦史に記されているような欠陥発動機ではなかったことを立証しています。太平洋戦争研究の金字塔といってよいでしょう。

すごい虫の見つけかた

1723






海野和男著

B5変形判上製/96頁/定価1680円/2009年8月

◆好評の『すごい空の見つけかた』に続く、すごいシリーズの第二弾

 昆虫ファンなら誰しも一度は出会いたいという、世界で一番美しいチョウの一つ、モルフォチョウ。そのきらきらと輝く青く美しい翅は、翅の表面構造で光の干渉から見えるもので、人が作り出すことが難しい色と言われています。本書は、こうした昆虫の美から、多様な姿形――葉っぱ、花、枯葉、木の枝などに擬態する姿、そしてユニークな行動をとる昆虫まで、いろいろな角度から昆虫の魅力とすごさを紹介した昆虫の写真集です。昆虫の視点で撮影された、生命の躍動感あふれる写真40点余りが掲載されています。

◆豊かな経験と知識を持つ昆虫写真の第一人者が、昆虫の魅力をやさしく解説
 写真を一つの作品として鑑賞することでも十分楽しめる本ですが、本書では、昆虫写真家としても第一線で活躍する海野和男氏が、東京農工大学の日高俊隆教室で学んだ昆虫行動学の知識と、昆虫写真家として豊富な経験にもとづいて、わかりやすく解説しています。昆虫たちの生存適応能力の高さや特殊な習性、さらには昆虫の見つけかた、昆虫写真を撮るためのヒントなど、多岐にわたった愛情あふれるエッセイ風の解説は、昆虫への興味を最大限に引き出してくれることでしょう。

◆昆虫の素晴らしさを再認識させる魅力的な写真の数々
 本書掲載の昆虫写真は、魚眼レンズや広角レンズでストロボを使い、昆虫の動きの瞬間を切り取るという著者独自の撮影方法で、昆虫の生息環境まで写し込んでいます。その迫力と感動は、昆虫ファンならずとも神秘に満ちた昆虫の世界へと引き込まれます。身近な日本の昆虫と世界の珍しい昆虫たちの、美しく楽しい写真の数々が、この夏休みを機会に昆虫に興味を持つ子供たちや、子供の頃に無心に昆虫を追い回した思い出を持つ大人の方々に、改めて昆虫の素晴らしさを感じていただけるきっかけになれば、とてもうれしく思います。

2009年7月21日 (火)

「国家」の復権
――アメリカ後の世界の見取り図

1720






ユベール・ヴェドリーヌ・著 橘明美訳

四六判上製/200頁/定価1890円/2009年7月

●「歴史の復讐」に苦悶する世界への処方箋
 本書はフランス外交の第一線で長く活躍した国際政治の専門家ユベール・ヴェドリーヌの著書Continuer  l’Histoireの日本語版です。著者が外相を務めていた時期(1997~2002)に起きた9・11後のアメリカの対テロ戦争では、「同盟すれども同調せず」の姿勢を貫いたことでも知られています。
 この本の原題「歴史を続けること」は冷戦終結時に喧伝された「歴史の終わり」を踏まえたもので、著者は「歴史の終わり」が構想した世界がついに実現しなかったこと、それどころかそうした考え方にもとづく原理主義的な外交が、その後の世界をさらなる混迷に導いたことを明快に論じています。
《理想世界》の夢から覚めたわれわれが、世界を少しでも良い方向に向かわせるために不可欠なのが「機能的な国家」だと著者は主張します。どれほど国際的なシステムが整備されても、国家が機能不全に陥ってしまえば、今日の世界でその役割を代行できる主体は存在しないのです。著者は、こうしたリアリズムをもとに21世紀世界の見取り図を巧みに描いてみせます。本書が複雑きわまりない世界を読み解くためのよすがとなることを願ってやみません。

[本書から]
●万能の「世界政府」を夢見ることはやめるべき。それは誰によって構成され、監督される組織なのだろうか。「世界政府」が暴走したら、逃げ場はなくなる。
●NGOなどによる国際市民社会にも国家間の場合と同じ力関係が働いている。有力NGOはほぼ米英の組織であり、中国はGONGO(政府系非政府組織)を巧みに利用している。そもそも国連加盟192カ国中、130カ国近くにはNGOが存在しない。
●どれほど閉鎖的に見える社会にも民主化の潜在力は隠されている。外圧による強引な「民主主義」の導入は、欧米への反感を育むばかりか、この民主化への潜在力をスポイルしかねない。

深い呼吸で「心」が変わる

1719






龍村修=著 角口美絵=イラストレーション

四六判並製 240頁 定価1470円 2009年7月

科学的にも効果が証明された〝東洋の叡智〟がぎっしりとつまった一冊!

●深く、ゆったりとした呼吸の効能
 ふだん当たり前のこととして行っている「息を吸い、息を吐く」という行為に、もっと意識を向け、正しい呼吸の仕方を身につけて、心身をより良い状態にしようと提案したのが、ヨガ指導の第一人者である龍村修氏の前著『深い呼吸でからだが変わる』(小社刊)です。この本によって、改めて呼吸の大切さを知ったという読者も多いかと思います。龍村氏がこれまでの経歴をふまえて考案した正しい呼吸の仕方とは、腹式呼吸と胸式呼吸を統合し、吐く息のほうにポイントを置くというもの。別な言葉で言うと「深く、ゆったりとした呼吸」。これによって、横隔膜や胸郭を最大限に拡張・収縮させ、空気を肺のすみずみまで行き渡らせます。そしてもう一つ、東洋の伝統的な身体観で言うところの「氣」(=生命を活かすエネルギー)の出し入れをイメージしながら行う呼吸です。龍村氏はこれを「浄化呼吸法」と呼んでいますが、全身に張りめぐらされた「氣」の流れが滞ることなく、スムーズに流れる効果があると説いています。

●セロトニンの分泌を増やし、免疫力を高める
 本書は、本能・感情・理性といった人間のメンタルな側面と呼吸の関係を取り上げ、ヨガの根源的な考え方にもとづく独自の解釈を加えたうえで、右にあげた正しい呼吸法(第一章・実践篇)、そして、「集中力を身につける」「利己心を捨てる」「マイナスの感情とうまくつきあう」「恐怖心に打ち勝つ」「決断力をつける」など十一のケースを想定して、これらに効果的な呼吸の仕方を紹介したものです(第三章・実践篇)。
〝龍村式〟呼吸法がメンタル面にも有効なことは、医学的にも検証されています。東邦大学医学部統合生理学教授・有田秀穂氏の実験データによれば、龍村式ウォーク呼吸法を二十分間続けると、気分や集中力に影響する脳内の神経伝達物質セロトニンの分泌が、二倍近くふえた由。有田教授によると、鬱傾向、ノイローゼ傾向にある人は、このセロトニンが不足した状態にあるとのことです。また、龍村氏によれば、深く、ゆったりとした呼吸は、免疫力を高めるカギを握るものでもあるといいます。免疫力の低下の要因の一つに不平・不満、怒り、恐れといった〝マイナス感情〟にとらわれることがあるといいます。こうした感情を上手にコントロールし、心が安定した状態をつくりだすためには、正しい呼吸法が大いに役立つということです。

●生活のなかに自然のリズムを取り戻す
 年間の自殺者が十年連続して三万人台にのぼり、その動機や原因として鬱病の割合が大きくなっていると報じられています。じつに悲しむべき事態です。身体をあまり動かさずにすむ生活、頭や神経ばかりを使う生活、一日二十四時間活動可能な生活――便利な生活を享受できるということは、一方で人間が本来もっている自然のリズムを狂わせることでもあり、こうした生活のあり方に伴うストレスが心の問題を生み出す背景にあるのかもしれません。龍村氏は、視聴覚的刺激が強すぎる環境に取り巻かれている子どもたちに、体育の授業のなかで呼吸の仕方や、「氣」のおさめ方を教えるべきではないかと述べています。それによって自然のリズムを体得させるということでしょう。第二章では、呼吸の仕方だけでなく、早寝早起きや伝統食の効用、「半断食」の勧めなど、生活のなかに自然のリズムを取り入れる方法も紹介されています。
 科学的な裏付けをもつ〝東洋の叡智〟がぎっしりつまった一冊と言えます。

ブラックホールを見つけた男

1718








アーサー・I・ミラー著
阪本芳久訳
46判上製/544頁+口絵4頁/定価2,625円/2009年7月


◆インドから来た19歳の天才の大発見は、受け入れがたいほど革新的だった!

 寿命を迎えて冷えていく恒星は、ゆっくりと縮んでいく。その中でも大きな星は、自らの重みを支えきれずに無限に縮んでいく――。現在ブラックホールという名で知られている天体がこの宇宙に存在しうることを、1930年にはじめて指摘したのは、スブラマニアン・チャンドラセカールというインド人の天才少年でした。しかし、その発見は当時の天体物理学界の重鎮、アーサー・エディントンにより無根拠に否定されてしまいます。エディントンは生涯にわたり、このチャンドラセカールの発見を執拗に酷評し続けましたが、このことが、ブラックホール研究を40年近くも停滞させる原因となり、チャンドラセカールの人生にも大きな影を落とすことになりました。

◆天体物理学最大の発見が巻き起こした波乱の物語
 もちろん現在では、ブラックホールの存在は天体物理学の世界でも受け入れられており、チャンドラセカールもあの発見から50年以上を経た1983年にノーベル賞を受賞しました。それどころか、現在ではブラックホールの研究は、物理学の謎を解く鍵となる最重要テーマのひとつだと考えられています。また、CERNに作られた大型加速器LHCでは、ミニ・ブラックホールを作り出すことができるかもしれないといわれており、そうなれば物理学のさまざまな重要な問題が一気に進展する可能性があるとも言います。
 それほど重要なブラックホールの発見を、エディントンが否定したのはいったいなぜなのでしょうか。その後認められ、物理学の最先端の重要テーマとなったのはなぜなのでしょう。本書は、チャンドラセカールら、ブラックホール研究の草創期の科学者たちのドラマを中心に、冷戦時代の軍拡競争がもたらした意外な研究成果や、最新の研究事情まで、天体物理学最大の発見がたどった、あまりに数奇な歴史を描き出します。
 物理学者のみならず、一般の科学ファンの興味をひきつけてやまないブラックホールですが、その研究の歴史、関わった研究者たちにも、驚くべきドラマが隠されていました。世界天文年である今年、おすすめしたい一冊です。

著者紹介  
ロンドン・ユニバーシティ・カレッジ科学史・科学哲学教授。邦訳されている『アインシュタインとピカソ』(TBSブリタニカ)のほか、『アルバート・アインシュタインの特殊相対性理論』『不確定性の64年』『天才のひらめき』など著書多数。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »