« 中国市場に踏みとどまる!
――日本企業の勝ち残り戦略
| トップページ | 田中角栄 封じられた資源戦略 
――石油、ウラン、そしてアメリカとの闘い »

2009年9月24日 (木)

俳句発想法 100の季語

1730






ひらのこぼ=著

四六判並製/256頁/定価1,575円/2009年9月

話題のロングセラー「俳句100の発想法」シリーズ第3弾!
 型の応用で秀句を生み出す新発想の俳句本『俳句がうまくなる100の発想法』、そして第2弾の『俳句がどんどん湧いてくる100の発想法』は、おかげさまで読者の皆様から大きな支持を頂きました。
 第3弾の本書は、句会などでよく兼題に出る「100の季語」を見出しに立て、「季語からどう発想するか」に焦点を絞りました。
 季語といえば「歳時記」ですが、「歳時記」の例句を眺めるだけでは、それぞれの句がどういう発想から出てきたものかわかりません。また、従来の俳句入門書も抽象的でわかりにくいものがほとんどです。
 そこで本書では、それぞれの季語において、どういった「型」を使えば秀句を生み出せるかを具体的に解説しています。
 たとえば「氷柱」という季語では「灯らせてみる」「氷柱に何かを象徴させてみる」「氷柱のある暮らしを詠む」……など、「枯野」という季語では、「何かをよぎらせてみる」「動物を放ってみる」「枯野の人物を詠む」……などの発想法を紹介、豊富な例句を引きながらアドバイスしています。
 読んだらどんどん俳句をつくってみたくなる、楽しくて役に立つ1冊です。


【本書で紹介されている「季語」と「発想法」】

◎「風光る」動くものに着目する、爽快な風景を詠む、凹凸で影を感じさせる……
◎「朧」溶けこんでしまう、誰かを置いてみる、体の一部分を詠む、物音を詠む……
◎「春泥」弾むような気持ちを詠む、ぬかるみに立ち往生している様子を詠む……
◎「梅雨」無聊感を詠む、梅雨の街をスケッチ、さむざむしい室内の景を詠む……
◎「雲の峰」匂いで夏を感じさせる、大きなものと小さなものを組み合わせる……
◎「雪」紅を対比させる、歌や小説のイメージを借りる、静かな時間の流れを詠む……
◎「雛祭り」顔の表情に的を絞る、どんな人を招いたかを詠む、雛の間を写生する……
◎「冷奴」器や盆で涼しさを詠む、酒を効果的に使う、緑と水の景を詠む……
◎「着ぶくれ」着ぶくれた人の間抜けぶりを詠む、自嘲の句、億劫さや面倒さを詠む……

« 中国市場に踏みとどまる!
――日本企業の勝ち残り戦略
| トップページ | 田中角栄 封じられた資源戦略 
――石油、ウラン、そしてアメリカとの闘い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事