« どうしても人の気持ちがわからない男たち
――自己愛男の見分け方
| トップページ | 日本開国
――アメリカがペリー艦隊を派遣した本当の理由 »

2009年10月21日 (水)

現状を打破する 宇城憲治語録

1734









宇城憲治 著

四六変型判/一九二ページ/定価一四七〇円/2009年10月

古伝空手の達人が折々に語った珠玉の言葉、深い叡智。武道の心で日常を生きれば、不可能を可能にする道が開ける。

古伝空手をベースに独自の活動を続ける著者の真髄
 この本はいまようやく知られつつある、宇城憲治という「武術家」であり「啓蒙家」の真髄を見事に、簡潔に、とらえた本と言っていいでしょう。宇城憲治氏については、極真空手のチャンピオンや、K1の現役選手を瞬時に制してしまう空手の達人ということや、サッカーの岡田監督やメジャーリーガーの田口選手をはじめ、多くのトップアスリートたちが秘かに教えを請う指導者という話だけが一人歩きしている感があり、氏の考えや魅力はなかなか一般に伝わっていないようです。氏の著書やDVDが出ていますが、やや難解な部分もあり、こうして短い言葉として集め、解説を付すと、より明確に氏の教えが読者に伝わってくるのではないでしょうか。

行き詰まりを感じている現代人に必読の語録
 宇城憲治氏は今年六十歳で、若くから沖縄古伝空手の心道流を学び、一方エレクトロニクス関係の技術者でもあり、会社経営にも携わってきました。現在「UK実践塾」という私塾を主宰し、全国で定期的に指導や講演を行い、また年に数回アメリカなどで現地の信奉者たちへの指導を行っています。氏の主張は武道の実践だけでなく、「頭脳」を過度に優先する結果、病気におちいってしまった現代社会や個人に「心」や「身体脳」の重要性を訴えるものです。「逃げない自分を作る、そこから初めて気が出てくる」「一回表は、九回裏と同じ」「身体は速い。頭は遅い」――その言葉は強い自分を作り、常識に挑戦し、新たな決意で生きていくための指針を与えるものです。日本的な伝統に根ざした合理主義、精神性の回復などが基調となった氏の考えは、行き詰まりを感じている多くの現代人に共感を呼ぶはずです。

« どうしても人の気持ちがわからない男たち
――自己愛男の見分け方
| トップページ | 日本開国
――アメリカがペリー艦隊を派遣した本当の理由 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事