« 総崩れのイギリス それでも踏ん張るイギリス人 | トップページ | 定年後のリアル
――お金も仕事もない毎日をいかに生きるか »

2009年11月30日 (月)

保守の怒り
 ――天皇、戦争、国家の行方

1732







西尾幹二、平田文昭 著

四六判上製/三三六ページ/定価一八九〇円

「保守」の自己欺瞞、ゴマカシこそ今日の保守勢力衰退を招いたと指摘。日本と皇室の危機の構造を率直に、大胆に指摘した、いまもっとも読まれるべき本質的論議。

民主党大勝と自民党溶解はなぜ起きたか
 昨年のリーマン・ショック以来の金融危機と、この夏の選挙での民主党大勝を経て、時代が新しい局面を迎えていることは明らかでしょう。しかし、自民党を拠り所とした保守勢力の衰退や、中庸なナショナリズムの希薄化が、今、国家の解体や荒廃をもたらしていると見る人は少なくありません。なぜ、戦後あれほど普通の市民が期待をかけ支持してきた良質な保守が今日の惨状を呈し、国家の危機をもたらしているのか。本書は従来、保守の論客や運動家としてその渦中にいた二人の著者による「怒り」の対論です。

多極化する世界のなかで日本は生き残れるか
 金融危機以降のアメリカの弱体化と米中協調路線の中、日本は冷戦体制や戦後の占領体制からの脱却を求められています。従来、自民党の党是は改憲と独立の回復であったはずです。しかし、これがいつのまにか忘れられ、現実路線という名の欺瞞によって、中曽根から安倍にいたる擬似的な保守政権が妥協を繰り返し、本質的な論点をあいまい化してきた功罪は大きい。本書ではかなり踏み込んで、戦前の歴史の肯定、親米的な植民地的知識人の批判、今上天皇の発言への危惧、保守運動の中枢にある宗教的カルトの弊害、最後に民主党の政策と、日本の良質な伝統を解体しようとする勢力への警鐘まで、あまりマスメディアでは論ぜられないことまで、率直で大胆な対論が繰り広げられます。いま、時代への危機感を抱く人すべてにとって必読の刺激に満ちた本といっていいでしょう。

« 総崩れのイギリス それでも踏ん張るイギリス人 | トップページ | 定年後のリアル
――お金も仕事もない毎日をいかに生きるか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事