« 「偉大なる将軍様」のつくり方
――写真で読み解く金正日のメディア戦略と権力の行方
| トップページ | 朝鮮で聖者と呼ばれた日本人 重松髜修(まさなお)物語 »

2009年12月21日 (月)

プロレスは生き残れるか

1741








泉直樹・著

四六判並製/224頁/定価1575円/2009年12月

●「三沢光晴の死」からプロレスの現状を考える
 2009年6月13日、平成マット界の一翼を担っていた名レスラー、三沢光晴が試合中に死亡するという衝撃的な事件が起こりました。この事件は彼個人の過酷な競技人生だけでなく、現在のプロレス界が直面している厳しい状況にもスポットライトを当てることとなりました。
 本書は、自身もかつて熱心なプロレスファンであったルポライターが、「三沢光晴はなぜ死んだのか」という問題意識をもとに、プロレス界の現状および展望をリサーチした本です。全日本プロレスのエース兼社長で、しばしば三沢選手と並び称された武藤敬司選手ほか、リングドクター、レフェリー、フロント、プロレス雑誌記者とさまざまな関係者へのインタビューを行ない、プロレス生き残りの条件を考察しています。長年、独特の価値観を育んできたエンターテインメント「プロレス」は、これからどこに向かうのか。元ファンも含め、多くのプロレス好きに手にとっていただきたい一冊です。

[本書から]
●1989年(平成元年)に81人だった日本のプロレスラー数は、平成に入り多団体化の流れの中で急増し、10年後の1999年には326人、20年後の2009年には353人になっている。
●プロレスラーの「旬」の時期は、他スポーツの選手が引退の時期を迎える30代(半ば)であるケースがほとんど。           
●1989年には全プロレスラーの43%を占めていた20代は、2009年では31%に急減。次世代の育成に不安を感じさせる。
●リングドクターが全興行に随行している団体はゼロ。経済的な問題が大きい。
●かつてプロレス団体の経営に不可欠といわれた地上波テレビだが、いまやテレビ朝日が深夜に30分枠で中継しているのみ。一方で地上波に頼らないさまざまな取り組みが進んでいる。

« 「偉大なる将軍様」のつくり方
――写真で読み解く金正日のメディア戦略と権力の行方
| トップページ | 朝鮮で聖者と呼ばれた日本人 重松髜修(まさなお)物語 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事