« 「がんばらない」経営
――不況下でも増収増益を続けるケーズデンキの秘密
| トップページ | 大宮様と妃殿下のお手紙
――古きよき貞明皇后の時代 »

2010年1月21日 (木)

考える力がつく 算数脳パズル
 空間なぞぺー  《対象:小1~小6》

1744









高濱正伸/平須賀信洋著

B5判並製/112頁/定価1155円/2010年1月

◆累計15万部、大人気『なぞぺー』シリーズに空間問題スペシャルが登場!
 2006年に刊行がはじまって以来シリーズ累計15万部、小学生とその保護者から絶大な支持をいただいている『なぞぺー』に、ついに空間問題のスペシャル版が登場しました。
 空間認識力を問う問題は、中高や大学の入試ではもちろん、入社試験など、人生の岐路にある試験では必ず出題されます。しかし、この能力を伸ばす指導は、非常に難しいとされています。「切った断面を想像しよう」とか「立体を向こう側から見たところを想像しなさい」と言われても、できない人にはどうしようもなくできません。付け焼刃の対策や反復練習では乗り越えられない、どうにもせつない壁がそこにはあるのです。
 では、空間認識能力を伸ばす方法はないのでしょうか。著者の高濱さんは、空間認識力を伸ばすうえで最も重要なのは、「経験」だと断言します。つまり、断面を想像するには、台所で大根や食パンなどを対象として実際に立体を切る経験が大切であり、線対称や鏡像の問題に確信を持って答えられるようになるには、紙を折ったり、鏡で遊んだ経験が大切だというのです。

◆空間認識力育成の鍵「切る・折る・回すの経験」を最重視した算数パズル
 本書『空間なぞぺー』では、そういった「経験」と結びつく問題をたくさん盛り込みました。洗濯や料理、地図といったものを題材に、思わず「あるある!」と思ってしまう問題や、「はっ」とするような意外な着眼点の問題を用意しました。たとえば、「うら返して逆さに干してあるジーンズの、右のポケットはどっち?」というような楽しい問題がたくさん収録されているのです。このような問題をきっかけに、子どもたちが日常の経験を空間認識力を通して深く理解するようになり、それがさらに空間認識力を伸ばしていくことにつながるよう、考えられた問題です。
 空間認識力を伸ばす指導は非常に難しいため、空間認識に特化した『なぞぺー』を出してほしいという声は、シリーズがはじまった当初からたくさん寄せられてきました。本書はそういったご要望にこたえるべく編まれた算数パズル集です。もちろん、これまでの『なぞぺー』シリーズと同様、子どもたちが自分からやりたがるような楽しい問題ばかり。保護者の方も一緒にパズルに挑戦し、楽しみながら空間認識力を育成する一冊です。

著者紹介
高濱正伸(たかはま・まさのぶ) 
 1959年、熊本県生まれ。東京大学大学院修士課程卒業。93年に、学習教室「花まる学習会」を設立。算数オリンピック問題作成委員・決勝大会総合解説員。著書に『小3までに育てたい算数脳』(健康ジャーナル社)、『考える力がつく算数脳パズルなぞぺー①②③』をはじめ同シリーズの『はじめてなぞぺー』、『鉄腕なぞぺー』、(以上、草思社)などがある。

平須賀信洋(ひらすが・のぶひろ) 
 1985年埼玉県生まれ。県立浦和高等学校時代に高濱と出会い、思考力問題の面白さを知る。大学入学と同時に、アシスタントとして参画し、高濱の問題作成パートナーとして活躍。早稲田大学理工学部建築学科卒業。早稲田大学大学院創造理工学研究科建築学専攻在学中。著書に『算数脳ドリル立体王』シリーズ(高濱と共著、学習研究社)。

« 「がんばらない」経営
――不況下でも増収増益を続けるケーズデンキの秘密
| トップページ | 大宮様と妃殿下のお手紙
――古きよき貞明皇后の時代 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事