« ソフィー 9つのウィッグを持つ女の子 | トップページ | 最新版 なんでこれが交通違反なの!?
――警察は教えてくれない135の必須知識 »

2010年6月21日 (月)

美しき姫君
――発見されたダ・ヴィンチの真作

1767









1767_2










M.ケンプ、P.コット著/楡井浩一訳/四六判/上製/256頁/4色刷/定価2310円/2010年6月

「世紀の大発見」のすべてを、豊富な図版とともに、当事者が語る!
 1998年1月、NYのクリスティーズで1万9千ドルで落札された「19世紀ドイツの画家がルネサンス調を模した作品」は、じつはレオナルド・ダ・ヴィンチ自らの手による埋もれた傑作でした! この世紀の発見は昨年、世界中に報じられました。
 作品を目にした複数の専門家から、これがとんでもない傑作だという指摘がなされ、やがて本書の著者である、ダ・ヴィンチ研究の第一人者ケンプ教授と、美術作品の科学分析で定評のあるパリのリュミエール研究所で、徹底した検証が行われたのでした。その結論が「本物である」というお墨付きだったのです。

まるでミステリ小説のように解き明かされる真実
 リュミエール研究所は、最新の光学機器を用いて作品をあらゆる角度から分析します。これまでも『モナ・リザ』をはじめに実に1500点以上もの名画を分析してきた名門です。まず、本作の画材の鑑定から「19世紀」どころではなく「15世紀」だったことがわかりました。まさにダ・ヴィンチの時代の作品だったのです。
一方、ケンプ教授は絵の技法、描線や筆の運び、モデルの服装や絵のスタイル等、あらゆる角度から本作のモデルが15世紀イタリア、ミラノの若き女性であることを突き止めていきます。そして美しきこの姫君の、麗しくもあまりにもはかない悲劇を見出していきます。その手際はまるで上質のミステリ小説を読むかのごとくです。

ダ・ヴィンチの「指紋」が決め手のひとつ
 決め手のひとつは「指紋」でした。デジタル解析によって、絵の左上に「指紋」が発見されたのです。そこで絵画における「指紋」鑑定の専門家が登場、ダ・ヴィンチの別の作品から採取された指紋との高度な一致が確認されました。
こうした厳密な検証を経て、埋もれた傑作が私たちの目の前に姿を現したのでした。本書はそのすべてを豊富な図版とともに紹介する、美術史に残る一冊です。
 この『美しき姫君』の原画は、現在、スウェーデンで公開中で、近く日本でも美術展が開催される予定です。何よりもこの作品そのものが持つ、抑制のきいた美しさ、そこに秘められた儚げな哀しみは、見る人の心をとらえて離さないことでしょう。

« ソフィー 9つのウィッグを持つ女の子 | トップページ | 最新版 なんでこれが交通違反なの!?
――警察は教えてくれない135の必須知識 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事