« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月21日 (水)

世界一空が美しい大陸 南極の図鑑

1770_2

1770_3







文・写真 武田康男
AB判変形[220mm×198mm]/並製/108頁/定価1,680円/2010年7月

◆南極ほど、美しい空の写真が撮れる場所はない
 南極というと、地球環境に関する観測基地や、ペンギンやクジラなどの海洋生物を思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、南極は、本書のタイトルどおり、世界一空が美しい場所でもあります。
 南極の空が美しい理由は、大気汚染源である北半球の都市から遠く離れているから、というだけではありません。そのほかにも美しい空の現象を観察するのに都合のいい条件が数多くそろっているのです。
 高緯度なので、夕日や朝日が非常にゆっくりと沈み昇るため、日の出日の入りの瞬間に見られる非常にめずらしい現象「グリーンフラッシュ(緑閃光)」が現れやすいというのもその一つです。また、冷たい風により地表付近が強烈に冷やされるので、空気の密度差により遠くの光景がゆがんで見える「蜃気楼」も頻繁に、広範囲に発生します。そのほかにも、氷でできた雲粒で太陽光が色分かれする現象、極地方ならではのオーロラなど、ほかの場所ではめったに見られない空の現象が、数多く、そして強く、美しく現れるのが南極の空なのです。
 もちろん、これまでにも南極の空の現象は、南極関連の図鑑や書籍に収められてきました。しかし、それらの写真は、気象写真の専門家ではない人が偶然とらえたというものが多く、写真の数や質も、十分だったとはいえません。

◆気象写真の第一人者による科学的な解説
 本書は、これまでに『空の色と光の図鑑』『楽しい気象観察図鑑』『すごい空の見つけかた』などの本を著してきた気象写真の第一人者、武田康男さんによるもの。武田さんが、越冬観測隊員として1年以上を南極昭和基地で過ごしつつ撮影した170点あまりの写真による、南極図鑑です。知識と経験によって、空の現象が現れることをあらかじめ予測し、培ってきた撮影技術をフル活用して撮影された南極の気象写真に彩られた本書は、これまでにない美しい南極図鑑となっています。
 本書は美しいだけではありません。写真にある美しい現象がなぜ起こるのかについて、高校の地学教師でもある武田さんによる非常にわかりやすい解説も魅力です。なかには知識がなければ見逃してしまうような現象を捉えた写真もあり、その写真と解説から、南極の環境を実感することができるでしょう。
 涼しげな南極の写真を眺めながめるだけでも楽しいですし、その写真に写った現象の裏にある、科学について考えてみるのもおもしろいでしょう。この夏、子どもから大人まで、空好き、科学好きの方には是非おすすめしたい一冊です。

お母さん、「あなたのために」と言わないで
――子育てに悩むすべての人への処方箋

1769

1769_2










長谷川博一著/四六判/並製/240頁/定価1470円(税込)/2010年7月

「子どものため」という言葉が、子も親も縛りつけている
 素直な「良い子」だったわが子が、突然反抗的になり、口もきかない、問題行動をおこす。親にとっては何が原因なのか、何を解決すべきかさえわからない。思春期の子どもを持つ親のほとんどが直面する難題です。「しつけ」が足りない。「親の理解」が足りない。よく言われますが本当にそうなのでしょうか。
 臨床心理専門家として非常に多くのケースに深くかかわってきた著者は、そうではないと言います。じつは「子どもの問題」は「親自身の問題」だというのです。
「あなたのために」という理屈で、子どもに多くを求め、厳しくしつけ、また親自身も子どものためにすべてを犠牲にする。子どものためだからという思い込みが、実際には子どもも親自身も追いつめて、親子ともども疲弊しきっています。
「あなたのために」の裏には、じつは親自身がかかえる問題やひずみが潜んでいる。その不純な圧力が、子どもを押さえ付けて呪縛し、それをはねのけようと爆発を起こさせている。子どもの問題行動にはすべて理由があり、多くの場合、親の問題を照らし出す貴重なサインであるというのです。

柳美里さんのケースがもつ普遍性を、カウンセラー側から検証

 今年の5月、作家の柳美里さんは『ファミリー・シークレット』(講談社刊)という著書を刊行しました。これは柳さんが受けたカウンセリングの過程がそのまま収載されて話題になっている本です。そのカウンセラーが本書の著者なのですが、本書では2つの章を割いて、カウンセラー側からみた柳さんのケースについて詳細に検証しています。
 柳さんの悩みの中心はお子さんとの関係性でしたが、徐々に自分自身の問題、さらに自分の親との関係へとひろがっていきました。そして柳さんは自身の問題に向き合うことで大きな変化を受け止めていきます。いわば苦しみの中から再生し生き直すような、そこまで降りていかなければいけない問題の深さが、じつは多くの親たち、親子関係においても同じように存在していることに気付かされます。
 子育て、親子関係に悩んでいる方々にとって、マニュアル的な方法論ではなく、ほんとうに大切な問題に気付かせてくれる、貴重な一冊です。

赤ちゃんはお腹の中で何をしているのか

1771

1771_2









丸茂元三(まるも・げんぞう)著

A5判/並製/152ページ/価格1890円/2010年7月


現役産婦人科医が最新の超音波機器でのぞいた胎児の驚くべき行動。DVD映像付き。

●4Dエコーで見ると、リアルにいろいろなことがわかる
 最近の医療機器の進歩は驚くべきものがあります。産婦人科医の著者が使っている超音波診断機、いわゆる4Dエコーはコンピュータの進歩により、高速でデータ処理を行い、瞬時に妊婦の胎内を映し出します。お腹の中の赤ちゃんは実際、どんな顔、形をして、毎日どんな行動をしているかということは、これまでおおよそのところはわかっていましたが、この機械を使うことによって、まったくリアルに見ることができるようになったのです。それは本書の付録のDVD映像をご覧になれば一目瞭然です。この本はこの最新医療機器を日本で一番使いこなしている医師によって描かれた胎児の素顔なのです。

●赤ちゃんは意外に活発、けっこうタフに動き回っている
 赤ちゃんは寝たりおきたりはしていますが、羊水という液体の中で、いわゆる無重力状態で、けっこう盛んに動き、活動しています。新生児が寝てばかりというのに比べて、産まれる前のほうが活動的かもしれません。3ヶ月ぐらいでもう1人前の格好をして、活動しているのにはあきれるほどです。それに妊婦の不安をよそに、何かご機嫌な表情を見せたりもします。妊婦が精神的に安定していれば、赤ちゃんにはストレスがかからず、一番健康的です。おだやかないい表情を胎児もしています。この本は妊婦の不安を解消したり、周囲のご両親、ご主人などもふくめて、関係者が読むと役に立つ本でありましょう。

2010年7月 1日 (木)

最新版 なんでこれが交通違反なの!?
――警察は教えてくれない135の必須知識

1768










1768_2










今井亮一著
四六判並製/280頁/定価1575円(税込)/2010年7月

 ◎最新の道路交通法に対応した、全ドライバー必読の書!

 著者は、27年にわたって交通違反や警察の取り締まりの実態を調査しつづけ、約2200件もの交通裁判の傍聴を重ねたという、異色の交通ジャーナリスト。そんな“交通違反マニア”の著者が、全国のドライバーから寄せられた「取り締まりや違反をめぐるトラブルや疑問」に135のケース別Q&Aで答えたのが本書です。
 本書の初版は2005年6月、改訂新版が07年3月、そしてこのたび内容を全面改訂して増補し、「最新版」としました。この間、道路交通法は何度も改定されましたが、その大きなトピックのひとつが、07年9月19日からの飲酒運転の厳罰化。違反者が厳罰に処されるだけでなく、違反者(飲酒運転をすることになるおそれがある者)に酒類を飲ませた人、クルマを提供した人、要求または依頼して同乗した人も、より重く処罰されることに。本書は、そうした法律の改定と運用の変化にあわせ、かつ最新のデータを多く盛り込んだ、全ドライバーに読んでいただきたいガイドブックです。

 ◎警察の“理不尽な取り締まり”で泣かないために 

 交通取り締まりの総数は、05年の1223万3438件が、09年には1266万4850件に。わずかとはいえ増えています。しかも東京では09年に3基のオービス(無人式自動速度取り締まり機)が新設されており、警察の“やる気”がうかがえます。
 主に軽微なものを「違反は違反だ!」と警察は取り締まり、多くのドライバーは、不服を腹にためたままカネを払い、警察を恨む――この構造は依然変わらないようです。運転免許人口は2010年2月末で8078万6957人。ひとりでも多くの方が本書をお読みになり、交通違反や取り締まりに対する疑問や不安から解放され、日々の安全運転に役立てていただければ幸いです。

 *本書の内容より

 Question  制限速度を何キロオーバーすると、オービスに撮影される?
 Question  駐車禁止の標識がないのに駐禁で捕まるケースって?
 Question  黄色で通過したのに赤信号無視で捕まった。どうして?
 Question  十分に安全確認して徐行で交差点に入ったのに、一時停止違反?
 Question  取り締まりに納得できず裁判で争いたい。どうすれば勝てる?……etc.

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »