« 日経新聞を「正しく」読んで 最新経済に強くなる
――〔日経電子版対応〕
| トップページ | 南極で宇宙をみつけた!
――生命(いのち)の起源を探す旅 »

2010年10月19日 (火)

殴る女たち
―― 女子格闘家という生き方

1784

1784_









佐々木亜希・著

46判並製/264頁/定価1575円/2010年10月

◇殴る、蹴る、関節をきめる――過酷なリングを選んだ女たちの生を活写◇

 これまで男のスポーツと考えられてきたスポーツにチャレンジする女性が増えています。しかし格闘技に生きる女性は現在でも珍しく、彼女たちにはつねに「なぜ格闘技を?」という問いがついてまわります。この疑問に「殴る」という行為を切り口に答えたのがこの本です。アマレスや柔道、空手などのバックボーンをもって女子格闘技のリングに上がった選手から、元SM嬢、引きこもりまで、さまざまな経験を経て「殴る女」になった女性たちの肉声は、いずれもただならぬ迫力に満ちています。著者は選手たちの生々しい言葉をちりばめながら、戦う女たちの喜びと哀しみを浮き彫りにしていきます。
 おもに数百人規模の会場で開催される女子格闘技の試合には、つねに名状しがたい熱気が溢れています。観る者を鼓舞してやまないその熱気を、本書でぜひ体感していただきたいと思います。

[選手の言葉より]
◇「なんで殴るのが好きかと訊かれても、好きだからとしか言えないんですよ。それじゃ普通の人は好きじゃないんですか、って逆に訊きたい」(辻結花)
◇「殴るのが怖いっていう感覚はいまだに消えないですね。拳を使って殴っている感覚ってほんと、ずっと忘れないんで」(藤井惠)
◇「普通に、真ん中あたりで生きていきたいんです。ずっと生きることがしんどくて、嫌なことから逃げて楽な道ばっかり選んできた。そういう自分を変えたくて格闘技をやっているんです」(石岡沙織)
◇「もっとカッコいい私がいるはずだって思うから、もっと強くなって、たくさんの人にそれを見せて、これが私なんですって言いたいんです」(渡辺久江)

« 日経新聞を「正しく」読んで 最新経済に強くなる
――〔日経電子版対応〕
| トップページ | 南極で宇宙をみつけた!
――生命(いのち)の起源を探す旅 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事