« 少年の日の思い出
――ヘッセ青春小説集
| トップページ | ビジネスマンのための 「頭」の整理術
――ストレスで散らかった頭を整理してラクになる30の方法 »

2010年12月24日 (金)

金大中 仮面の裏側
――元韓国情報部員の告発

1792

1792_2









金基三(キム・キサム)=著 荒木信子=訳

四六判上製 三一二頁 定価一九九五円 二〇一〇年十二月


● 十五億ドルのワイロ
 韓国の元大統領、金大中氏は二〇〇〇年にノーベル平和賞を受賞しましたが、その授賞理由として決定的だったのが、同年六月に開かれた金正日総書記との南北首脳会談です。当時から韓国ではこの南北会談が「カネで買われた」ものであるとの批判がありました。本書は、韓国の情報機関である国家情報院(=国情院。旧KCIA)の職員だった金基三氏が、在職中の経験と二〇〇〇年に辞職したのちに行なった関係者への取材をもとに、大統領が会談実現に向けて十五億ドル相当のユーロ貨を北に送ったと告発するものです(ちなみに、〇一年五月の金正男氏の日本への不法入国は、事後の打ち合わせのためであったと著者はみています)。北の同胞の惨状には目をつぶり、個人的な欲望から独裁者と手を結ぶさまを内部にいて目撃したことが告発の動機だという著者は、この巨額の「ワイロ」によって経済が破綻寸前だった北朝鮮は息を吹き返し、国際社会を恫喝する手段となった核開発を進めることができたと指摘していますが、その真摯な訴えは読む者の胸を打ちます。

● 国家ぐるみの受賞工作
 ことの当否は歴史の審判にゆだねるしかないのですが、金大中氏が大統領就任直後から国家ぐるみの受賞工作を指示したことは確かです。著者はこのとき国情院の対外協力補佐官室に在籍し、海外メディア工作を受け持ちました。大統領の「太陽政策」を国際社会にアピールすることが目的でした。国情院で工作の中核を担ったのは、特別採用された金ハンジョンという金大中氏の広報秘書をしていた人物です。この人がノーベル委員会や東ティモールのオルタ外相らにどのような働きかけをしたかは、第Ⅰ部1章、第Ⅱ部6章、巻末の「受賞工作概要」に詳述されています。それにしても、こうした工作のプロセスから垣間見えるのは南北の複雑怪奇(?)な関係です。朝鮮半島情勢を見るときに外してはならない要素と思われますが、本書の意義はこのことを具体的に示したところにもあります。

●「民主化闘士」の実像
 朴正熙政権時代に日本で起きた拉致事件以降、金大中氏は「韓国民主化の闘士」あるいは「人権派」のイメージで語られてきました。しかしながら本書では、ノーベル賞受賞工作だけでなく、氏の地盤である全羅道出身者を偏重した人事や、他の政権と比べて突出していた盗聴指示についても具体的に語られていて、そうしたイメージが一面的であるとわかります。実際は大変なマキャヴェリストであり、しかもその資質を国のためではなく、自らの欲望を満たすために発揮してきたようです。著者は〇三年に大統領を告発する文章を発表し、続いて記者会見を開いたのち、身の危険を感じて米国への亡命を余儀なくされました。この一事をもってしても従来の評価には大きな疑問符がつくといえます。いずれにせよ、大統領の宥和策が奏功しなかったことは現状を見れば明らかでしょう。

« 少年の日の思い出
――ヘッセ青春小説集
| トップページ | ビジネスマンのための 「頭」の整理術
――ストレスで散らかった頭を整理してラクになる30の方法 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事