« ビジネスマンのための 「頭」の整理術
――ストレスで散らかった頭を整理してラクになる30の方法
| トップページ | サービスできないドイツ人、主張できない日本人 »

2011年1月25日 (火)

みみなぞ
――理解力・集中力を育てる“聴くパズル” [CD付き書籍/対象年齢:小3以上]

1795_

1797__2










高濱正伸(花まる学習会代表)・平須賀信洋・田中文久 著

A5判/並製/104頁/価格1,470円/2011年1月

◆まったく新しい「聴く思考パズル」の登場!
 本書は、付属のCDに収録された思考パズルの朗読を聞き、問題に答えるというこれまでになかった画期的な教材です。自然に頭が問題へ集中していく感覚が楽しく、子どもたちはすぐ夢中になることでしょう。
 著者の高濱正伸さんは、大人気の算数問題集『考える力がつく算数脳パズル なぞぺー』シリーズ(草思社刊)の著者で、いま注目を集めている学習教室「花まる学習会」の代表です。のべ数千人の子どもたちを見てきた高濱さんは、これまで「計算はできるけれど文章題が苦手」「国語の長文読解が苦手」という児童やその保護者の深い悩みを数多く聞いてきました。高濱さんはそういう悩みを持つ子に足りないのは「精読力」だといいます。精読とは、楽しみのための読書ではなく、仕事のための文章を読むように、一字一句落とさないように読み込み、要点を理解すること。この精読力は、読書をたくさんしたり、計算問題を解くだけでは身につきにくい力です。

◆文章題・読解力のカナメ「聞く力」を育てる画期的パズル
 では、精読力はどうすればつくでしょうか。この問いにも、高濱さんは自信を持って「聞く力」をつけることだと断言します。一言の漏れもなく正確に聞き取る、様子をありありと想像しながら聞き取る、要所要点を明確にしながら聞き取る。それもたった一度で聞き取る。このような力が、精読力に直結するのです。よく、「勉強のできる子の家は、言葉・会話の環境が優れている」といわれますが、その理由の一つは精読力の育成にあるといえるでしょう。
 本書『みみなぞ』はこの「聞く力」を伸ばす教材です。教材ではありますが、子どもたちはゲームのように感じて、目を輝かせて夢中になることでしょう。子どもにも解けますが、大人にも手強い問題ばかりなので、子どもと一緒に楽しむこともできます。ぜひ、親子で挑戦し、楽しんでいただきたい新しいパズルです。
・CD収録問題数80問、約70分
・対象年齢:小学3年生から中学生まで(大人も楽しめます)

※以下のページで、本書の音声ファイルの一部を試聴することができます

http://www.soshisha.com/book_search/detail/1_1795.html

« ビジネスマンのための 「頭」の整理術
――ストレスで散らかった頭を整理してラクになる30の方法
| トップページ | サービスできないドイツ人、主張できない日本人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事