« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

上田毅八郎の箱絵アート集
――戦艦大和から零戦まで

1798__2









上田毅八郎 著

A4判並製 128頁 オールカラー 定価3675円

プラモデルの箱絵師として第一人者の著者の傑作作品集。
精緻で迫力満点の軍艦や戦闘機の絵が満載、マニア垂涎の画集。

● 90歳の著者による集大成
 著者は1920年生まれの90歳、子供の時から絵が好きで、高じて戦後、独学で描いた絵が田宮模型の社長の目にとまり、プラモデルの箱絵を手掛けるようになった。箱絵とは模型の箱の上にカラーで精緻に描かれた船や飛行機の絵のことで、1960年ごろより登場したプラモデルに夢中になった戦後の多くの少年たちの胸をときめかせたものである。この本はこれまで6000枚の作品を描いてきた著者の傑作選である。
 著者は小学校を卒業後、家業の塗装業を手伝い、ペンキ職人をしていたが、20歳で召集され、船舶砲兵として3年8カ月つとめ、26隻の船に乗り、6回も沈没させられた。利き腕の右手を負傷、戦後は左手で絵を描くようになった。戦中は勤務の合間に軍事郵便はがきに船や飛行機の絵を描いていた。プロになってからはこのときの実体験やスケッチが役に立っている。特にここに集められた軍艦の絵は体験者にしか描けない迫力に満ちている。

● 戦艦もいいが、輸送船や工作艦などに味がある
 上田毅八郎の名前は田宮模型をはじめとして4社共同企画の「ウォーターライン」シリーズという帆船などの模型シリーズの箱絵で有名となった。ウォーターラインとは船の喫水線のことで、海上に浮かんだ船の模型である。本書でもお分かりのように、著者の得意とするところは船そのものだけでなく、波や空を含んだ全体の状況を描くのがとても巧みである。これは実際に乗船体験があり、船と海のすべてをよく知っている著者ならではの表現であり、そこが多くのファンの心をとらえたともいえる。本書ではそのあたりのコツ、絵を描く時のポイントなども披瀝している。また写真も満足に残っていない輸送船や工作艦などのマイナーな船をたくさん描いていることも注目される。戦艦大和や武蔵だけでなく、著者にしか描き得ないこうした作品群に惹かれる人も多いのではないか。これらは先の大戦で散った無名の兵士への鎮魂の意味でも描いていると著者は述べている。まことに素晴らしい画業の精華ではないでしょうか。

サービスできないドイツ人、主張できない日本人

1796__2

1796_









川口マーン惠美 著

46判/並製/256頁/定価1,680円/2011年1月

◆日本人がドイツで暮らすと何が起きるか?
 ドイツにいる著者の携帯電話が、買ってまだ一週間ほどしか経っていないのに、故障してウンともスンとも言わなくなった。仕方がないので、テレフォンショップに行ってみてもらうことにした。店には感じの悪い若い店員が一人でいる。そういえば、携帯電話を買ったときも、この店員が露骨にうるさそうにしながら対応していたと思い出す。その店員に壊れた携帯電話を渡すと、彼は電池を取り出し、もう一度入れた。すると、驚いたことに電話は突如、生き返り、ディスプレイに光が灯った。店員は完全にバカにしたように「電池が逆さまだった」と言う。そんなはずはない、確かに電池は確認したし、それに動かなくなったのは電池を確認する前だった、と店員に反論したが、彼はそれをさえぎって「これでだめだったら、また来てください」。
 どうやら、上記のような例は、特殊な店員による特殊な事例では決してないようです。本書には著者のドイツでの体験が数多く紹介されていますが、それを読むと、本当にドイツ人はつくづくサービスに向いていない国民なのだと思わされるものばかり。しかし、著者はこのドイツのサービス不毛ぶりは、実は国際的に見ればむしろ標準的なのではないかと言います。むしろ、日本のサービスのすばらしさを、日本人はもっと自覚した方がいいのではないか、と言うのです。
 
◆ドイツから「素晴らしい日本」が見えてくる
 本書は、ドイツ在住二十八年、国際結婚して三人の娘を育て、これまでに『ドイツからの報告』『ドイツは苦悩する』(いずれも草思社)など数々の著作のある著者による、ドイツと日本の比較文化エッセイです。表題のサービスに関する話題や、自己主張に関する話題だけでなく、教育、食生活、政治、男女関係、エコに対する態度までを幅広く取り上げています。比較文化の本は数々ありますが、本書はあらゆる側面が二十八年間の在独経験をもとに自分の体験として、ディテールたっぷりに語られているのが特徴です。その中で、著者は文化摩擦に傷ついたり、憤ったりしているのですが、それらのエピソードは著者独特の「ぼやき」をともなったユーモアを含んで語られるので、読んでいるほうは思わず笑ってしまいます。
 もう一つの本書の特徴は、ヨーロッパの優等生で国際的にも尊敬される国であるドイツの実情を示しながら、あまりにかけはなれた日本の姿を肯定的にとらえ、もっと評価すべきだと述べている点にあるでしょう。ドイツへ旅行される方など、ドイツに興味のある方はもちろんですが、そうでなくても読めばめっぽう面白く(とくに著者のぼやきぶりが!)、日本のことを考えたくなる一冊です。

2011年1月25日 (火)

みみなぞ
――理解力・集中力を育てる“聴くパズル” [CD付き書籍/対象年齢:小3以上]

1795_

1797__2










高濱正伸(花まる学習会代表)・平須賀信洋・田中文久 著

A5判/並製/104頁/価格1,470円/2011年1月

◆まったく新しい「聴く思考パズル」の登場!
 本書は、付属のCDに収録された思考パズルの朗読を聞き、問題に答えるというこれまでになかった画期的な教材です。自然に頭が問題へ集中していく感覚が楽しく、子どもたちはすぐ夢中になることでしょう。
 著者の高濱正伸さんは、大人気の算数問題集『考える力がつく算数脳パズル なぞぺー』シリーズ(草思社刊)の著者で、いま注目を集めている学習教室「花まる学習会」の代表です。のべ数千人の子どもたちを見てきた高濱さんは、これまで「計算はできるけれど文章題が苦手」「国語の長文読解が苦手」という児童やその保護者の深い悩みを数多く聞いてきました。高濱さんはそういう悩みを持つ子に足りないのは「精読力」だといいます。精読とは、楽しみのための読書ではなく、仕事のための文章を読むように、一字一句落とさないように読み込み、要点を理解すること。この精読力は、読書をたくさんしたり、計算問題を解くだけでは身につきにくい力です。

◆文章題・読解力のカナメ「聞く力」を育てる画期的パズル
 では、精読力はどうすればつくでしょうか。この問いにも、高濱さんは自信を持って「聞く力」をつけることだと断言します。一言の漏れもなく正確に聞き取る、様子をありありと想像しながら聞き取る、要所要点を明確にしながら聞き取る。それもたった一度で聞き取る。このような力が、精読力に直結するのです。よく、「勉強のできる子の家は、言葉・会話の環境が優れている」といわれますが、その理由の一つは精読力の育成にあるといえるでしょう。
 本書『みみなぞ』はこの「聞く力」を伸ばす教材です。教材ではありますが、子どもたちはゲームのように感じて、目を輝かせて夢中になることでしょう。子どもにも解けますが、大人にも手強い問題ばかりなので、子どもと一緒に楽しむこともできます。ぜひ、親子で挑戦し、楽しんでいただきたい新しいパズルです。
・CD収録問題数80問、約70分
・対象年齢:小学3年生から中学生まで(大人も楽しめます)

※以下のページで、本書の音声ファイルの一部を試聴することができます

http://www.soshisha.com/book_search/detail/1_1795.html

ビジネスマンのための 「頭」の整理術
――ストレスで散らかった頭を整理してラクになる30の方法

1797__1

1797_









長野慶太【著】

46判並製/208頁/定価1365円(税込)/2011年1月

 本書は、前作『プロの残業術。』(小社刊)が大きな話題を呼んだ長野慶太氏が贈る、まったく新しい「ビジネス整理」のノウハウを紹介した本です。
 整理術のこれまでの類書は「モノの整理」が中心で、最近では「デジタルツール(iPhoneなど)を駆使した情報整理」も人気ですが、本書では「頭の整理」に焦点を当てます。ビジネスマンが一番に整理すべきなのは「ストレスで散らかった頭」だと思うからです。
 過重な労働、ムダな仕事など、頭を散らかす職場のストレスは多々ありますが、その最たるものが「コミュニケーション・ストレス」でしょう。
 たとえば、部下や社外の人が指示どおりに動いてくれず、仕事が前に進まない…。そんなとき、誰しもイライラするはずです。また、上司の無責任な指示に頭をかき回されることもあるでしょう。そのイライラが、他の仕事に悪影響を与え、さらなるストレスを抱え込むことになります。
 ですが、職場の人や社外の人をうまくコントロールして、「頭の散らかりを未然に防ぐ習慣」が身についていれば、どんなときも悠々と仕事を進めることができます。いつものメールや対話をちょっと工夫するだけで、コミュニケーション・ストレスは激減し、仕事の生産性は格段に高まるのです。
 本書で紹介する整理術は、ひとつ試すだけでもあなたの毎日を劇的に変えます。毎日を懸命に働くすべてのビジネスマンにお勧めしたい好著です。

 *項目例
 ◆メールで一番大事な用件は「追伸」に書け!
 ◆メールで確実に用件を伝えるには「添付ファイル」で送れ!
 ◆説明がヘタな部下には「紙に書かせろ」!
 ◆打ち合わせ通りに行動させるには「文書」を残せ!
 ◆本音を出さない相手には「なぜ?」を繰り返し、目をそらすな!……etc.

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »