« 2011年版 鉄道事情トピックス | トップページ | 50歳を過ぎたら「粗食」はやめなさい!
―― 「低栄養」が老化を早める »

2011年2月21日 (月)

「日本男児」という生き方

1810

1810_2















笹 幸恵【著】   

四六変形判/並製/256頁/定価1260円(税込)/2011年2月


◎“戦跡巡礼団の看板娘”が贈る、異色の日本男児論!

著者の笹幸恵さんは、ガダルカナル島、ブーゲンビル島、サイパン島など、先の戦争で激戦地となった太平洋の島々を旅し、日本兵の慰霊追悼に努めている若手気鋭のジャーナリスト。その旅先で行動を共にした戦争体験者たちは、80~90代の老齢にもかかわらず、炎天下のなか、背筋をピンと伸ばし、快活に動き回り、周りの人への気配りも忘れない。かたや日本の若者たちは、電車に乗れば真っ先に席を陣取り、背中を丸めてゲームに没頭……。「これって、おかしいのでは??」「男は、男らしくあってこそ男なのでは?」――著者のそんな疑問から本書は生まれました。

本書で紹介する「日本男児」の筆頭格は、戦争体験者たちです。戦地で亡くした戦友たちを想い、南洋の島で慰霊の旅を続ける彼らの、ひたむきで誠実な態度は、胸を打ちます。

 また、本書では、歴史に名を残す日本人将兵たちの秘話も多数収載。たとえば、最期まで部下を思い盾となって戦った山崎保代(やすよ)大佐(アッツ島の戦い)や、戦後の戦争裁判で、部下の実行したことであっても責任は自分にあるとし、最期まで毅然とした態度を貫いた岡田資(たすく)中将など、一本筋の通った熱い男たちが描かれています。

そのほか、自衛官から企業経営者、今を懸命に生きる市井の一男性まで、数々の「男の生きざま」が紹介されます。その生きざまとは、内に秘めた芯の強さ、行動力、包容力、落ち着き、野性味、ユーモア…といった、いつの時代も変わらない「男ならではの魅力」です。草食系男子なる言葉がもてはやされ、ヤワな男が増えたと言われる昨今、本書で描かれる男の生きざまは、「最近の若者は……」と嘆く中高年世代や、周りにいる男性を不甲斐ないと感じている若い女性たち、あるいは、心意気ある若者たちに、大きな共感を呼ぶことでしょう。

現在上映中の映画『太平洋の軌跡 フォックスと呼ばれた男』では、激戦の地サイパンで、わずかな兵力を率いて最後まで米軍に抵抗した大尉の雄姿が描かれ、記録的なヒットとなっています。男がヤワになったと言われる現代でも、やはり日本人は大和魂を忘れてはいないのでしょう。

本書の著者も、大和魂をもった、頼りがいのある男性が増えてくれることが理想だと語っています。太平洋の島々を旅し、多くの戦争体験者と深い交流をもつ著者だからこそ書きえた異色の「日本男児論」を、ひとりでも多くの方にお読みいただければと思っています。


■目次より

1章―男の背中

2章―辛くとも「死ぬわけじゃない」

3章―動じない心

4章―俺がやらねば

5章―女におもねる男なんて

6章―デキる男は「聞き上手」

7章―傷ついてこそ人生

8章―潔さという美学

9章―「お姫様」は幸せか

10章―その「志」は本物ですか?

11章―人と「会話」ができますか?

12章―何のために偉くなる?

13章―やせ我慢ができてこそ

14章―逃げ道をつくるな

15章―転がす女、転がる男

16章―現代版「男尊女卑」のススメ

17章―半径50メートルの外へ出でよ

« 2011年版 鉄道事情トピックス | トップページ | 50歳を過ぎたら「粗食」はやめなさい!
―― 「低栄養」が老化を早める »

書籍・雑誌」カテゴリの記事