« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月24日 (木)

「昭和」を生きた台湾青年
日本に亡命した台湾独立運動者の回想1924‐1949

1813

1813_2













王育徳(おう・いくとく)=著 近藤明理=編集協力

四六判上製 三二八頁 定価二三一〇円 二〇一一年三月


●「日本語世代」の回想記

 著者の王育徳氏は一九二四年(大13)、日本統治下の台湾・台南市で海陸物産を扱う裕福な商家に生まれました。旧制台北高校から東京帝大に進むも、戦況厳しく、四四年(昭19)に学業の途中で台湾に疎開。戦後は?介石率いる国民党の独裁政治を批判して政府ににらまれ、四九年(昭24)に日本に亡命します。その後、日本で大学教師をつとめるかたわら、台湾独立運動を始め、終生その活動に力を注ぎました。しかし、ふたたび祖国の土を踏むことなく、八五年(昭60)に死去。王氏は戦前に日本語で教育を受けた「日本語世代」の一人であり、その六一年の生涯は日本の昭和期とほぼ重なっています。本書は、王氏が亡命にいたる二五年間の台湾時代を回想して書いた遺稿(一九六五年に執筆)ですが、「日本語世代」が日本語で当時を詳しく語った初めての本ということができます。

●統治下台湾の貴重な記録

王氏は、父、その正妻のほかに二人の夫人(いわゆる妾。王氏は第二夫人の次男)、その子供たちが一つ屋根の下に暮らすという特殊な家庭環境に育ちました。この回想記は、そんな封建的な大家族制に反発し、学校では日本人生徒に負けまいとがんばる多感な少年が、やがて台湾人としてのアイデンティティーに目覚めるまでをつづった興趣尽きない青春物語ともいえますが、それだけではありません。植民地に生きる青年の複雑な心境にかさねて、日本的近代化が進む一方で、清朝風の文化、因習が色濃く残る台湾社会の諸相がいきいきと描かれていて、当時の歴史を知る上でも貴重な記録となっています。

●なぜ台湾人は親日的なのか

 台湾の人たちが親日的であるとはよくいわれることですが、それが何に由来するのか、本書から汲みとることができます。一つには教育。台湾割譲から半世紀後の一九四三年(昭18)には、台湾人児童の就学率は七〇%を超えていたと記録にあります。小学校時代の担任、安田実先生について王氏は「(安田先生によって)その後の人生をどうにか生きていく根性を身につけることができた」と感謝の念をこめて書いています。こうした教育熱心な日本人教師の努力が日本に対する好感情に繋がっていったのでしょう。

また、一つには、戦後大陸からやって来た国民党政府の腐敗や武力弾圧の凄まじさを身をもって知ったこともあるでしょう(7章~9章に詳述)。四九年に起きた二二八事件では、知識層を中心に約三万人もの無辜の台湾人が国民党政府の軍隊によって殺害されています。東京帝大を出て検事となった王氏の兄、育霖氏も犠牲となり、今にいたるもその遺体の所在は不明の由です。台湾の人たちが、厳しくとも公正で、平穏だった日本時代に対する懐旧の念を募らせたであろうことは想像に難くありません。

 日本と台湾が将来にわたって良き隣人同士であるために必要なことは何か。そのことを考えるためにも、多くの日本人に読んでいただきたい一冊です。

北朝鮮抑留記 わが闘争二年二カ月
――1999年12月―2002年2月

1812_2

1812_3














杉嶋 岑(すぎしま・たかし)著

四六判上製 360ページ 定価2415円 2011年3月

元日経記者のスパイ容疑での拘束事件の全貌。

当事者が初めて書いた抑留体験記。


●日本の情報機関の腐敗とマスメディアの裏切りに警鐘

この本は9年前におきた元日本経済新聞記者の北朝鮮での拘束事件を当事者が初めて綴った回想記です。これまで解放直後、短い手記は発表していたものの単行本という形で事件の全貌が語られるのは初めてであり、当時ニュース等で伝えられていた事件の真相が本書において詳細に明らかにされました。驚くべき体験記です。著者は訪朝時の平壌でスパイ容疑をかけられ突然拘束されました。日経を定年退社後のごく個人的な観光旅行の途中であり、五回目の北朝鮮訪問時でした。捕まってみて分かったのですが、過去の訪問時に内閣情報調査室と公安調査庁に写真やビデオなどを提供協力した事実がすっかり北朝鮮側に伝わっていたのです。同僚である日経ソウル支局長からの「彼はKCIAと付き合っていた」という趣旨の誤解に満ちたファックス情報まで北朝鮮の調査官は入手していました。本書で著者は日本の情報機関がいかに堕落し、またマスメディア内にも裏切り者がいることを痛烈に告発しています。本書は、2年2ヶ月の長きにわたって抑留され、いわれなき辛酸をなめた当事者にしか書きえない日本への衷心からの警告の書といえるでしょう。

●豊富なエピソードで綴られる北朝鮮社会の真実

 拘束された著者は自殺未遂までするのですが、当初の厳しい尋問攻めの毎日をへて、平壌市内の監禁場所を移るうちに次第にやや落ち着きを取り戻し、監視員や炊事婦など周囲の人間たちとの交流が始まり、窓から垣間見る街の状況を観察し始めます。そして隠れて小さな紙に短歌を書きつけ日記代わりにします。本書のもうひとつ興味深い点は、この抑留期間中の宿舎やその周辺の観察であり、人間スケッチです。著者はジャーナリスト魂を発揮して、細部を記憶にとどめ、不屈の情熱を持って帰還への日々を耐え抜きます。豊富なエピソードによって北朝鮮社会の真実が描かれ、著者の「わが闘争」の日々が綴られる迫力に満ちた興味津々の書となっています。

2011年版 プロ野球 問題だらけの12球団

18142011

18142011_2















小関順二・著

四六判並製/208頁/定価1470円/2010年3月

●膨大な観戦データの分析をもとに、新入団選手の実力と伸びシロを徹底解剖!

斎藤佑樹投手をはじめ多くの有力選手がいっせいにプロ入りしたことで、今年のプロ野球は近年にない注目を集めています。2000年に刊行されて以来、本シリーズはドラフトにこだわって12球団の戦力を分析してきましたが、今年の入団選手の顔ぶれは「ドラフトを制する者が球界を制す」という著者の長年の主張を強力に裏付けるものといえそうです。大きな期待を背負ってプロの世界に入ってきた選手たちがどこまでやれるのか。著者は膨大な観戦データを活用しながら各選手の持ち味を紹介し、彼らの今後を予測しています。また本年度版では各球団の中心選手がどのような「世代」に属しているかを分析することで、チーム力の伸びシロを考察しています。12球団の「明日」が見えてくる類をみない野球ガイドブックといえます。


【本書から】

●注目の斎藤佑樹(日本ハム・ドラフト1位)は決して「人気だけ」の投手ではない。ただし大学後半の不調から考えて、プロでの活躍度(とくに2年目以降の成績)を予測するのが現段階で難しい選手であることはたしかだ。

●澤村拓一(巨人・ドラフト1位)の体力と意識の高さはスバ抜けている。新人王の本命というだけでなく、巨人投手陣の中心になりうる逸材だ。

●6球団が競合した大石達也(西武・ドラフト1位)は六大学時代、連投3日目になると急激に成績を落としていた点が気になる。西武首脳陣の起用法が注目される。

●「外れ外れ外れ」1位で有名になった後藤駿太(オリックス・ドラフト1位)は、圧倒的な脚力と外野守備力を誇る好素材だ。

2011年3月14日 (月)

50歳を過ぎたら「粗食」はやめなさい!
―― 「低栄養」が老化を早める

1811_

1811__2














東京都健康長寿医療センター研究所 研究部長・医学博士 
新開省二 著

四六判並製/208頁/定価1365円/2011年3月

5000人を超える高齢者の追跡調査でわかった驚きの健康長寿法
 これまで「粗食」や「小食」でなければ健康になれないと信じられてきましたが、著者の所属する東京都健康長寿医療センター研究所による長年の調査から、明らかに世の中の健康常識とは逆の結果が出てきました。
 健康の大敵とされてきた「肉」や「油分」が実は健康長寿には必須であり、とくに高齢者にとっては、「粗食」が「低栄養」状態につながり、認知症や心筋梗塞、脳卒中を引き起こす原因になることが明らかになったのです。
 本書は栄養面からの老化予防を中心にして、健康長寿の極意をわかりやすくまとめた一冊になります。
 著者は「栄養、体力、社会参加」を健康長寿の三つの柱と呼び、中高年期にはたっぷりと栄養をとり、よく動いて体力をつけ、積極的に人と会うことを奨励します。その他「足が速い人」や「握力が強い人」が健康長寿になりやすい等といった最新老化研究も紹介します。
 本格的な高齢化社会を前に、自分の老後の備えのみならず、親御さんの老後が心配な方々にも最適な内容となっております。

50歳からの本当に正しい健康常識が満載

●「日本の伝統食では肉を食べない」は間違い
●やせている人ほど要介護になりやすい
●低栄養によって死亡の危険度は1・5倍に高まる
●肉と魚は一対一で食べよう
●ときにはてんぷらや揚げ物を
●牛乳はやっぱり健康にいい
●手足の筋肉を鍛えて血管病の予防を
●ジョギングは免疫力を上げる
●長い睡眠時間は老化を促進する
……今日からすぐに実践できる効果的な老化対策を紹介します。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »