« ビジュアル版 男のきもの大全 | トップページ | 雲のカタログ
――空がわかる全種分類図鑑 »

2011年4月18日 (月)

中国はいかに国境を書き換えてきたか
――地図が語る領土拡張の真実

1822

1822_














平松茂雄 著/四六判上製/272頁/定価1680円/2011年4月

「いつのまにか領土に組み込んで実効支配する」中国の伝統的手口を徹底検証する一冊

●中国が主張する国境に歴史的正統性はまったくない。
 2010年9月、尖閣諸島沖で、日本の海保船に中国漁船が衝突し、その後日本と中国の深刻な外交問題へと発展しました。当時中国の驚くほど強硬で高圧的な態度に、そして日本政府の弱腰の対応に、多くの日本人が驚き失望し、憤りを感じた一件はまだご記憶に新しいのではないでしょうか。
 しかし、尖閣の事件は起こるべくして起こったと著者は指摘します。中国は1949年の建国当初の多事多難な時期にもかかわらず、満洲、内蒙古、新疆、チベットを次々と占拠し、いつのまにか国境を書き換え、自国の領土を拡張してきました。その手口はやがて南シナ海、東南アジア、東シナ海進出時にも応用され、今や現実の国境線を超え、全世界にその影響力を波及させています。「自国の歴史的な領土だ」と強硬に主張し、中国人を送り込み、強制的に実効支配を強めていくやり方は、言わば中国伝統の領土拡張の手口とも言えます。本書では著者が所蔵する極めて資料価値の高い地図や写真をもとに、中国の領土拡張の過程を実証的に立体的に描き出します。
 また、著者は櫻井よしこさんのブレーンとしても有名で、本書は50余年におよぶ中国研究の集大成となる一冊です。中国の恫喝や威嚇に右往左往するしかなかった日本人のための理論武装の書として大いにお役に立てるのではないかと存じます。

●目次より
史上最大の版図に膨張する現代中国
漢民族王朝が支配した土地は狭い
時事状況によって変化する中国の領土観
「チベット解放」という名目の「チベット侵略」
現実の領土を大きく超えた中国軍の最新戦略地図
徹底的に調べ尽くされたに日本の沿岸海域 

« ビジュアル版 男のきもの大全 | トップページ | 雲のカタログ
――空がわかる全種分類図鑑 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事