« ロマノフの徒花
――ピョートル二世の妃エカチェリーナ
| トップページ | もし、お釈迦さまに人生の悩みを相談したら »

2011年5月24日 (火)

中国共産党
――支配者たちの秘密の世界

1826

1826_1













リチャード・マグレガー=著 小谷まさ代=訳

四六判上製 四四八頁 定価二四一五円

○権力喪失の恐怖を体験
 一九八九年の天安門事件の武力弾圧から二十年余、事件直後は孤立無援となった中国ですが、いまやGDP世界第二位の経済大国へと変身し、世界金融危機後の国際社会で圧倒的なプレゼンスを示しています。事件後の観測では〝崩壊〟は間近いとすら見られた中国は、なぜソ連、東欧諸国と同様の道をたどらなかったのか。〝崩壊〟どころか、経済の分野では〝中国モデルの一人勝ち〟ともいうべき驚異的な発展を遂げたのはなぜなのか。『フィナンシャル・タイムズ』元北京支局長が書いた本書には、中国に関心を持つ向きなら誰しもが抱く疑問を解くカギが示されています。すなわち、天安門事件で味わった強烈な危機感、権力喪失への恐怖がその後の党の指導の基調になったということです。それゆえ党は事件後、危機を招くあらゆる可能性を排除する一方で、人民を繋ぎとめるためにイデオロギーすら投げ出し、死に物狂いで経済成長を追求してきたのです。著者は、中国内外の多くの関係者に取材し、その恐怖や危機感がどのようなかたちで党の支配に反映しているのかを明らかにしていきます。

○舞台裏に巧みに姿を隠す

 民主活動家の投獄、SARSや汚染食品隠し、中央宣伝部による歴史の隠蔽・捏造等々、言論・情報分野における統制は、党の恐怖をはっきりと映すものですが、これはお馴染みのやり方です。新たな手法は経済、ビジネスの分野に見られます。天安門事件後、社会主義市場経済の道をひた走ると鄧小平が決め、朱鎔基第一副主席が国有企業改革に大ナタをふるったわけですが、その後党は前面に出ることなく巧みにわが身を舞台裏に隠します。たとえば中国の銀行の外国人投資家向けの「目論見書」には党の役割が除外されていますが、党は人事権を握ることによって(党中央組織部が人事を担当)、これら国有大企業を統制しています(第二章、第三章)。温州など儲かる地方の有力企業内に労働組合をつくらせ、これを実質的に支配します(第七章)。トップダウンの独裁+党の存在の隠蔽。欧米に向かって市場原理を説き、国民に向かってマルクス主義を吹聴する変わり身の早さ。これらが天安門事件の教訓に学んだ党の統治手法であることが本書を読むとよくわかります。

○それでも党支配の危うさは続く

 民主化、少数民族問題、腐敗・汚職、貧富の格差、人民解放軍との関係など、党が抱える問題は相変わらずのようです。来年二〇一二年の国家主席の交替後、はたして党は中国をどう舵取りしていくのか。党の支配は今後とも盤石なのか。グローバル化によって一蓮托生の身となった今、中国の動向は日本にとっても重大事です。その核心部分の実態を明らかにした本書は、『エコノミスト』元編集長ビル・エモット氏が本書に寄せた言葉のとおり、「中国で仕事をしている人、中国を理解したい人の必読書」です。この優れた中国共産党レポートは、その『エコノミスト』および『フィナンシャル・タイムズ』の〝ブック・オブ・ザ・イヤ―2010〟に選ばれています。

« ロマノフの徒花
――ピョートル二世の妃エカチェリーナ
| トップページ | もし、お釈迦さまに人生の悩みを相談したら »

書籍・雑誌」カテゴリの記事