« 図鑑 世界で最も美しい蝶は何か | トップページ | すごい夜空の見つけかた »

2011年6月29日 (水)

原発官僚
――漂流する亡国行政

1838

1838_1













七尾和晃・著

四六判上製/224頁/定価1575円/2011年6月29 日配本

 

●霞が関の覇権争いから生まれた「原発列島」●
 福島第一原発で起こった大事故で、日本人は原子力発電の怖さを否応なく認識させられました。事故発生から三カ月を経てなお終息の道筋が見えない原発の惨状を前に誰もが疑問に思うのが、なぜ世界屈指の地震国である日本にこれほど多くの原発がつくられたのか、ということではないでしょうか。本書はこうした問題意識をもとに、日本の原発がもつ歪な構造を活写したルポです。著者は日本のエネルギー政策の舵取り役でありつづけた経産(通産)省の現役官僚・OBへの取材をもとに、この国を原発列島へと導いた「官の論理」を生々しく描いています。
 一九七〇年代のオイルショックを経て、通産省は新エネルギーの開発に注力することになりますが、そのなかで唯一、コストと発電規模において見通しが立ったのが原発だった、という元通産官僚の証言が本書にあります。そうした原発推進の論理に一定の合理性があったことは間違いありませんが、一方でそれは、通産省が原発という巨大な利権システムを使って地方にその勢力を拡張していくことともパラレルであった事実を本書は明らかにしています。省益を国益にすりかえる巧みなロジックで、通産省は日本のエネルギー政策を源流から掌握することに成功しましたが、その「無謬性の神話」の上に成立していたさまざまな施策がいかに危ういものであったかを、今回の原発事故は白日のもとに晒しました。日本のエネルギー政策はどうあるべきか。そして、この国の意思決定はどうあるべきなのか。明るい未来図を描くために、まず向き合わなくてはならないこの国の「闇」をみごとに描ききった一冊です。

« 図鑑 世界で最も美しい蝶は何か | トップページ | すごい夜空の見つけかた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事