« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月22日 (金)

毛沢東の大飢饉
――史上最も悲惨で破壊的な人災1958―1962

1840

1840_1















フランク・ディケーター=著 中川治子=訳

四六判上製 五七六頁 定価二九四〇円 二〇一一年七月

○党資料から総死者数四千五百万人と推計
 一九八四年、アメリカの人口統計学者ジュディス・バニスター女史は、毛沢東が発動した「大躍進」運動中(一九五八―六二年)、大規模な飢饉が発生し、三千万人の死者が出たと論文で発表しました。当時は誰もが「信じられない」と述べたそうですが、その後、この時期の農村の状況について調査した中共党高級幹部で、天安門事件後アメリカに亡命した陳一諮氏が、犠牲者数は四千三百万から四千六百万人にのぼることを明らかにしました。香港大学のディケーター教授は五年の歳月をかけ、地方の党公文書館(=档案館。党中央档案館はアクセス不可)で機密指示が解除された資料を精査し、総死者数は控えめに見積もって四千五百万人、うち二百五十万人は拷問死、あるいは裁判なしの処刑死であったとの結論に至りました。本書は、この膨大な党の資料、飢饉体験者の証言を基に、総死者数を含めて、中国共産党の最大のタブーというべき「大躍進」運動の全体像を初めて詳細に描き出したものです。原書Mao’s Great Famineは英『エコノミスト』誌をはじめ各紙誌の〝ブック・オブ・ザ・イヤー二〇一〇〟に選ばれ、また、先ごろ(七月六日)、優れたノンフィクション作品に贈られるイギリスの「サミュエル・ジョンソン賞」を受賞しています。

○党指導部は人災であることを知っていた
「大躍進」運動は、水利事業、人民公社、製鉄キャンペーンを柱とし、集団化を進め、農村の労働力を大量動員して農業と工業をともに発展させ、後れた中国経済を一気に近代的共産主義社会へと転換するという毛沢東のユートピア構想でした。このビジョンは僅か一年で破綻、中国は一九六二年まで大飢饉に見舞われます。党指導部はこれを一貫して「三年の自然災害」と言ってきました。しかし、これは明らかな人災、「毛沢東の大飢饉」であったことは本書によって十分に立証されたと言えます。たとえば、多くの水利事業に農民を動員したことで農作業ができず農地が荒れ果てます。地方の党幹部はノルマ達成のために収穫量を水増し報告し、それに基づいて国が穀物を買い上げたことから農民が食べる食糧、翌年の播種分がなくなります。肝心なのは周恩来や劉少奇をはじめ党指導部が飢饉の発生をその初期から知っており(「人肉食」があることまで)、人災であることを承知していながら運動を中止できなかったことです。それは、「半分が餓死した方が得策、後の半分が食べられる」とうそぶく毛沢東の粛清を恐れたためでした。

○「毛沢東の誤り」を認めよと説く党幹部がいる!
「大躍進」は中国共産党の基盤であるはずの農民、労働者を徹底的に痛めつけました(農民の悲惨さは筆舌に尽くしがたいものがあります)。これを毛沢東の誤りと認めるか否かは党支配の正統性が問われる問題です。現代中国を鋭く洞察する鳥居民氏は「解説」の中で、党の資料を使って書かれた本書が世に出たこと自体、毛の誤りを認めよと説く高位の幹部がいることの証左だと分析しています。本書の内容を史実として公式に認めることが、党の存続に不可欠な政治改革、民主化に繋がると考える幹部がいるということです。  

とにかく通じる英語
――超かんたんで役立つビジネス英会話の本

1841_2

1841_1













デイビッド・セイン&岡 悦子
46判並製/224頁/定価1260円(税込)/2011年7月

 英語は“完ぺき”に話せなくても
 “とにかく通じれば”いいんです。

 一般的な英会話本では「完ぺきなフレーズ」のみを紹介しているものも多いようですが、「完ぺきでなくてもいいから、とにかく通じる簡単な英語」があれば、どんなにありがたいことでしょう。本書ではまさにその「誰もが知っている単語を使った、ごくシンプルなフレーズでありながら、とにかく通じる英語」を多数紹介しています。
 たとえば、依頼された仕事について「いつまでにやればいいですか?」と尋ねたいときの「完ぺき」な英語は、
 By when does it need to be done? (いつまでに終わらせる必要がありますか?)
 です。けれど、この表現では覚えるのも話すのも、とにかく大変。そんなとき、
 By when?
 で「とにかく通じますよ」と言われたら、「それなら言える! 覚えたい!」と思うことでしょう。
 ビジネスマンが毎日口にする「お疲れ様です」は、Thanks! のひと言でとにかく通じますし、上司や先輩に対する「(話をしたくて)ちょっといいですか?」は、Have a minute? でOK。交渉相手に対する「そこをなんとかお願いできませんか?」という長い言い回しだって、If you could… のひと言で伝わりますし、「何かあったらケータイに電話して」は、Call me anytime. でいいんです。 
 本書では、「あいさつ」「電話・アポとり」「打ち合わせ」「上司へのひと言」「部下・同僚へのひと言」…といったビジネスのシチュエーションごとにフレーズを紹介していますので、使い勝手も抜群。ビジネス英会話をなかなかマスターできないという方に是非ともお勧めしたい一冊です。

2011年7月19日 (火)

葉隠 超入門

1839_2

1839_1














市川スガノ・著

四六判並製/224頁/定価1365円/2011年7月

●誤解されてきた武士道の古典。その真の魅力を抉出する快著!●
「武士道といふは死ぬことと見付けたり」のフレーズで名高い『葉隠』は、ひょっとするとこれまでもっとも誤解されてきた古典なのかもしれません。江戸中期を生きた鍋島藩士・山本常朝が語り下ろしたこの大部の書物に収められているのは、日々の暮らしの中でどう身を処していくべきかの考察であり、人付き合いのコツであり、恋愛論、ファッション論に有名人・無名人のエピソード……とじつに多様で、「死ぬこと」を美化・推奨する思想に貫かれた書物ではけっしてないのです。よく言えば多彩な、悪く言えばごった煮的な内容の書なのだと著者は評しています。
 とはいえ『葉隠』の中で、死ぬことへの言及が目立つのも事実です。そして、その箇所が強烈なインパクトを読み手に与えることも間違いありません。ですが、それがどういう文脈で述べられているかに注目すると、『葉隠』の意外な姿が浮かび上がってきます。武士道の根幹は「死ぬことと見付けたり」と断言した後で山本常朝が述べるのは、そういう覚悟を固めておきさえすれば、「一生落ち度なく職務を勤め上げることができる」ということなのです(『葉隠』聞書第一ノ二)。死を覚悟しておくことは、それ自体が目的ではなく、不測の事態に直面してもたじろがずに振る舞うための手段なのです。
『葉隠』を注意深く読んでいくと見えてくるのは、閉塞感あふれる時代に自己の信念にしたがって生きようとあがき続けた一人の武士の姿です。著者は、この常朝の狂おしいほどの情熱を類まれな躍動感で読者に提示しています。人生の座標軸を見失いそうなとき、ぜひ手にとってほしい一冊です。

すごい夜空の見つけかた

1831

1831_1









林 完次=写真・文
B5判変型/上製/96頁/定価1890円(税込)/2011年7月

夜空では、思いもかけない美しい光景が展開されています。
『宙(そら)の名前』などの作品で人気の、天文写真家・林完次さんが、とっておきの美しい写真を紹介してくれる一冊です。
 夕暮れから薄暮、そして月のさまざまなかたち、星空、天の川、四季それぞれによく見える代表的な星の数々。やがて夜明けを迎える空の表情。まさに「詩的」と呼ぶにふさわしい、夜空に展開される饗宴を美しいカラー写真で紹介します。
 たんに、美しい景色ということではなく、たとえば「アースシャイン」(地球からの反射光によって照らされる月)とか、赤銅色に見える皆既月食、月ではなく星のほのかな明かりに浮き上がる「星野光」、私たちの銀河系の中心部を見ることになる「いて座の天の川」など、天体の不思議な動きによって見せてくれる多様な現象も、やさしく解説してくれます。

夏の自由課題や休暇をゆっくり愉しむためにぴったりの一冊
 これから夏休み、しかも思わぬ節電の影響で、町なかでも夜空を見上げる機会が増えるかもしれません。そんな時に、ぜひ本書を案内本として、夜空のさまざまな表情を愉しんでください。

人気の『すごい○○の見つけかた』シリーズ第3弾
 本書は、武田康男さんの気象写真『すごい空の見つけかた』、海野和男さんの昆虫写真『すごい虫の見つけかた』に続くシリーズ第3弾の企画です。この2冊も合わせてご覧いただければと思います。
 自然の豊かな姿を、コンパクトに「綺麗」に見せつつ科学的な解説も、というのが本シリーズのコンセプトです。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »