« アベベ・ビキラ
――「裸足の哲人」の栄光と悲劇の生涯
| トップページ | ペテルブルクの薔薇
――ロマノフの血を継ぐ女帝エリザヴェータ »

2011年9月12日 (月)

やっかいな中国人を黙らせる法
――中国要人が教える中国式マネジメント術

1849

1849_1














鈴木健介 著
四六判/並製/224頁/定価1365円/2011年9月

◆中国人とのつき合い方にはコツがある!
 数多くの日本企業が本格的に中国ビジネスに参入している今、中国人とのつき合い方に悩む日本人ビジネスマンは増えてきています。対中ビジネスの経営コンサルタントである著者のところにも、ここ数年で中国人社員とのトラブルや交渉事、管理の仕方などに関する相談が急増していると言います。著者によると多くのトラブルの原因は日本人の感覚のまま中国人とつき合おうとするところにあると指摘します。
 では中国人とうまくビジネスを進めていくにはどうしたらいいのでしょうか? それにはまず中国人には中国流のビジネスのやり方があることを理解することから始めなければなりません。本書は著者が中国国営企業の幹部から教わった「中国式マネジメント術」を解説したものです。「育てようとするな」「出身省ごとにグループ化せよ」「見栄を張らせろ」等々、中国人の視点から書かれた中国人によるマネジメント術は、われわれ日本人には目からウロコの連続ですが、等身大の中国人を理解する上でも大いに参考になります。
 実際にビジネスの現場で起こったさまざまなトラブルの事例を豊富に盛り込み、中国人とうまくビジネスを運ぶために役に立つコツとツボが身につく一冊です。

◆やっかいな中国人は3つのタイプに区別せよ!   
・虫タイプ
本質:一度厚意に接したら以後自分の権利であると思いこむ。
対応:イエス・ノ―を明確にし、ダメなことを行ったら懲戒に徹し、良い行動をしても当然のこととして褒めない(褒めると増長し権利主張を始める)。

・犬タイプ
本質:ひとりではおとなしくしているが何人か集まると権利主張する。
対応:優しさや弱さを見せるとつけ込んでくるので常に毅然とした態度で接すること。信頼しやすく頼りたくなるが、権限を与えない。

・牛タイプ
本質:権力を持つ立場でありながら、厚意を権利と思い込む。政府の幹部や国営企業の子息に多い。
対応:影響力を持っている場合が多いので利用する相手として割り切ること。目的以外ではつかず離れずの距離を保つこと。

中国流のマネジメントの面白さや奥深さがわかる、ほかにはない魅力を持った本です。多少なりとも中国に関わっているという方にはぜひおすすめです。

« アベベ・ビキラ
――「裸足の哲人」の栄光と悲劇の生涯
| トップページ | ペテルブルクの薔薇
――ロマノフの血を継ぐ女帝エリザヴェータ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事