« 日米衝突の根源 1858-1908 | トップページ | 「病気にならない人たち」は何をしているのか »

2011年10月24日 (月)

日本の居場所がよくわかる 東アジア地図帳

1860 1860_2

 











今谷 明、樋口広芳、石川 剛 監修
アイランズ 編
B5判並製 128ページ オールカラー 定価2415円 2011年10月

日本列島周辺の地理から見てみると、新しい視点や問題解決のヒントが見えてくる!

●地震、エネルギー問題、安全保障など、広域の問題が増えている
 東日本大震災が起きて以降、地震発生のメカニズムへの関心から、日本列島周辺の地質学的な関心がにわかに高まりました。また付随して、原発事故から放射能の飛散がどのように日本周辺に及ぶかというのも大いなる関心事でした。一方、数年来の中国の急激な台頭から、尖閣諸島の国境問題やレアアース資源問題、黄砂などの大陸起因による環境汚染問題など、日本列島周辺にまたがる広域のさまざまな問題がクローズアップされるようになりました。戦後、日本は冷戦終結後の1990年代まで、あたかも第二の鎖国状態に居るかのような、日本一国主義で安穏としていたともいえます。ところがここに来て、自然、経済、文化、あらゆる問題で、東アジアという地理的条件を理解して解決に取り組む必要が出てきたともいえるでしょう。本書はそのための一助となるべく作られた地図帳です。

●地理的、地政学的思考が養われる面白くてためになる地図帳
 そうはいっても、この本は堅苦しい本ではありません。「日本人のアジア探検地図」「日本人の漂流地図」(今谷明氏)、「マナヅルやハチクマなど、渡り鳥の地図」(樋口広芳氏)、「東アジアの凸凹地形地図」(石川剛氏・東京地図研究社)など、さまざまなユニークな地図が収められています。見ているだけで面白いものから、役に立つ啓発的なものまで(地下資源地図、人口地図、原発、黄砂、安全保障など)さまざまです。歴史的、文化的地図もたくさん収められています。全体として、読者に地理的、地政学的思考を養っていただき、今日の諸問題を考えるセンスをつけてもらいたという主旨でもあります。いろいろな読み方、使い方ができる画期的な地図帳なのです。

« 日米衝突の根源 1858-1908 | トップページ | 「病気にならない人たち」は何をしているのか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事