« ある警察官の昭和世相史 | トップページ | 日本の防衛 10の怪 »

2011年12月15日 (木)

皮膚を動かせば健康になる

1873_2

1873_2_2















宮田トオル・著

四六判並製/168頁/定価1365円/2011年12月

●簡単な「操作」で驚きの効果。気軽に実践できる究極のセルフメディケーション!
 本書が提唱するのは「自分の手であちこちの皮膚を動かすだけ」という、とてもシンプルな健康法です。そんなことで効果があるのかと疑問に思われるかもしれませんが、メディカルトレーナーとしてさまざまなタイプの患者さんに接してきた著者には、経験にもとづいた確信があります。皮膚の上に手を置いて、指や手のひらで皮膚を上下左右にゆっくり「動かす」ことによって、人間の身体はバランスを取り戻すのです。膝の痛み、腰痛、五十肩、肩こり、股関節の痛み、肘や手首の痛み、外反母趾、背骨や骨盤まわりの痛み、内臓の不調、偏頭痛……といった症状に効果を上げてきた皮膚の操作方法を、本書ではイラストを使ってわかりやすく解説しています。
 従来の健康法は身体の「内側」にばかり意識が向いていたのではないか、と著者は指摘しています。筋肉や関節、血管、内臓が重要なのはいうまでもありませんが、身体の内側は自分ではなかなか意識しにくいうえに、その状態を把握するには高価な機械で検査をしたり、専門のトレーナーの指導をあおいだりする必要があります。その点、皮膚は体の表面にありますから、自分の目で確認することができ、細かな調整も自在です。そして、いつでもどこでも簡単にできるというのが、この皮膚体操の大きなメリットです。お金も手間もかからない「頑張らない健康法」に、ぜひ楽な気持ちでチャレンジしてみてください。

★本書より★
・皮膚を調整することで筋肉、関節、内臓を調整する
・皮膚は外部の情報を体内に伝えるセンサー
・皮膚を動かすことで身体の緊張を「戻す」
・皮膚を動かして、頭痛・肩こりを解消する
・身体のパーツ別・効果的な皮膚体操
・五つの基本動作――スライド、つまむ、伸張、巧打、回す

« ある警察官の昭和世相史 | トップページ | 日本の防衛 10の怪 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事