« 良いトレーニング、無駄なトレーニング
――科学が教える新常識
| トップページ | 雅子さまと愛子さまはどうなるのか? »

2012年2月17日 (金)

百姓たちの幕末維新

1883

1883_2
















渡辺尚志(わたなべ たかし)・著

四六判上製/336頁/定価1890円(税込)/2012年2月

武士だけを見ても、「幕末」は見えてこない。
当時の日本人の8割を占めた百姓たちの、
日々の暮らし、動乱への関わりを史料から描いた、まったく新しい幕末史。

 幕末史といえば、武士目線で武士の活躍を描いたものが大半ですが、当時の日本人の8割は百姓であり、彼らの営みを見ずして「幕末」という時代の全体像は見えてきません。
 本書では、1830年代~1880年代を「幕末維新期」ととらえ、幕末の百姓たちの衣食住から、土地と農業への想い、年貢をめぐる騒動、百姓一揆や戊辰戦争への関わり、明治になってからの百姓までを、残された希少な史料に基づき、微細にわかりやすく解説していきます。また、百姓の中でもとくに中下層の百姓(つまり人口の大多数を占めた一般の百姓)にスポットを当て、地域的には、北は東北から南は九州まで全国の百姓の営みを追いかけます。
 幕末の百姓は、農業に励むことで、年貢を納め、何とか生計を立てようと懸命でしたが、天保の大飢饉や、物価の高騰などによる生活苦は厳しいものでした。先祖代々受け継がれてきた愛着のある土地を売り渡して小作人になったり、年貢の滞納が続き村役人に訴えられたりといった綱渡りの日常が、複数の村の記録から浮き彫りにされます。
 こうした没落への危機感は、広域にわたる百姓一揆を誘発しました。米の買い占め・売り惜しみをし、一般百姓の窮状を救おうとしない裕福な百姓家や商人の家が打ちこわされました。略奪・放火・暴力行使という、従来の百姓一揆では見られなかった逸脱行為も見られ、年貢の滞納を記録した帳簿の略奪・破棄も行なわれました。一揆勢による打ちこわしの様子や、一揆に巻き込まれた一般百姓の供述の記録は、リアルな迫力に満ちています。
 戊辰戦争と百姓の関わりについては、戦場となった東北の村を舞台に記述が展開されます。村は、放火・略奪などの甚大な被害を受けましたが、百姓たちは被害を最小に食い止めるべく、軍勢に嘆願して乱暴除けの札を獲得したり、軍勢への協力と引き換えに保護を求めました。一方、百姓たちは軍夫(後方支援要員)として戦場に動員されました。江戸時代の百姓は、原則、非戦闘員でしたが、後方支援の拒否まではできませんでした。そもそも江戸時代の軍隊は百姓抜きでは成り立たない仕組みだったのです。さらに、武士だけでは戦闘員が足りず、百姓が農兵(戦闘員)として前線に赴き、否応なく殺し殺されるという状況も起こりました。百姓という視点で戊辰戦争を見ると、旧来の旧幕軍対新政府軍という戊辰戦争像が大きく覆されます。
 幕末史を百姓目線で捉えなおした本書は、非常に画期的な論考となっています。これまで語られなかったもう一つの幕末史として、多くの読者に読まれることを願ってやみません。

« 良いトレーニング、無駄なトレーニング
――科学が教える新常識
| トップページ | 雅子さまと愛子さまはどうなるのか? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事