« 日本人が知らない 軍事学の常識 | トップページ | 加齢臭読本
――いくつになっても、におわない人の習慣 »

2012年3月22日 (木)

2012年版 プロ野球 問題だらけの12球団

18882012

18882012_2














小関順二・著
四六判並製/216頁/定価1575円/2012年3月

●正しい戦力補強のあり方とは? 12球団の「見識」を徹底解剖する一冊●
 巨人の契約金問題が明るみに出たことで、いま改めてプロ野球チームの新人獲得はどうあるべきかが論じられています。本書の著者は、まさにこの点に注目して長年、球界をウォッチしてきたドラフト研究の第一人者で、2000年から年度版として刊行されている本シリーズでは、選手獲得・育成という視点から各球団のチーム作りの可否を論じてきました。逆指名が可能になった90年代以降、この制度でもっとも恩恵を受けると考えられた巨人の成績は以前より落ち、一方で苦戦が予想されたパ・リーグ各球団からは、日本球界を代表するような選手が続々と生まれました。何が成功と失敗をわけるのか、著者は過去のドラフト指名の傾向からさまざまな成功法則を導き出し、そのうえで12球団の今年の戦いを予測しています。各チームの理想と現実が手にとるようにわかる、プロ野球ファン必読のガイドブックといえます。

【本書から】

●過去の実績をみると、巨人の「大型補強」がペナント制覇に結びつく確率は4割。巨人は目先の勝利のために育成路線を捨てるべきではない。
●阪神は選手の実力下降期の見きわめを見誤って新陳代謝のチャンスを見逃してきた。城島の一塁起用プランからも、阪神の覚悟のなさが見える。
●ソフトバンクでは43勝分の投手陣が流出し、野手でも中心選手だった川﨑が抜けてしまったが、出番を待つ好素材が目白押しでフロントの力を感じさせる。
●今年の新人選手でもっとも期待できるのは、千葉ロッテにドラフト1位で入団した藤岡貴裕。「2ケタ勝てる」と安心して書ける稀有な新人投手だ。

☆【書店様へ】『問題だらけ』POPのお知らせ

『プロ野球 問題だらけの12球団』のPOPを制作いたしました。球団別に読みどころをピックアップした楽しいPOPです。下記リンクよりPDFがダウンロードできますので、店頭にてご活用ください。

セリーグ版POPはこちらより

パリーグ版POPはこちらより

12

« 日本人が知らない 軍事学の常識 | トップページ | 加齢臭読本
――いくつになっても、におわない人の習慣 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事