« こんなにちがうヨーロッパ各国気質
――32カ国・国民性診断
| トップページ | 電子書籍化! 『間違いだらけのクルマ選び』 »

2012年4月21日 (土)

明日もいっしょにおきようね
――捨て猫、でかおのはなし

1894

1894_2












絵:竹脇麻衣 
文:穴澤賢 
製作協力:岡優太郎(不思議顔の猫まこの飼い主)

定価1260円(税込)/A5判変型 上製 64頁/2012年4月

 捨てられた犬や猫はどうなっちゃうの? そのことをしっかり子どもたちに考えてもらう機会になる一冊です。もちろん、大人にも。決して悲しいだけの話ではありません。だけど、きっと、この本の中から、何かを感じ取ってもらえるはず。岐阜県のある保健所であった猫と人の実話をもとに誰にでも読んでもらえる絵本というかたちにまとめました。この本が、人間とペットの関係を考えるきっかけになってくれることを願います。 
――著者 穴澤 賢

(内容紹介)
寒い冬のある日、保健所に収容された一匹の大きなオス猫。
ちょっと不機嫌そうな顔をしているけど、おっとりした食いしん坊の猫。
なんとかその猫の命を救おうと思い悩むノリコさん。しかしそのとき猫はすでに……。
ある保健所で本当にあった猫と人との悲しいけれど、ぬくもりのある物語。

(著者紹介)
●竹脇麻衣(たけわきまい)1973年生まれ。 セツ・モードセミナー在学中より、イラストレーターとして活動を始める。 日常をモチーフに描き、独自の言葉を添えて表現している。
●穴澤賢(あなざわまさる)1971年生まれ。2005年、愛犬との日常を綴ったブログ「富士丸な日々」が話題となり、その後エッセイやコラムなどを執筆するようになる。著書に「ひとりと一匹(小学館文庫)」、愛犬の死から一年後の心境を語った「またね、富士丸(世界文化社)」などがある。

« こんなにちがうヨーロッパ各国気質
――32カ国・国民性診断
| トップページ | 電子書籍化! 『間違いだらけのクルマ選び』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事