« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月23日 (水)

昭和二十年 第一部=13 さつま芋の恩恵

189813

189813_2















鳥居民 著 四六判 上製 320ページ 定価2940円 2012年5月


大著の待望の書き下ろし最新刊。
膨大な資料、独自の史観から描かれた日本の敗戦の一年

 本書は日本国民が敗戦という未曽有の体験に遭遇した昭和二十年という一年を一月から時間の推移にともなって描いた大著の第13巻です。この巻では7月1日から2日の状況を描いています。6月半ばには「時局収拾」という名の、和平への道を探る動きが顕在化し、天皇および内大臣木戸も心を定めたようです。ついては、ソ連の駐日大使マリクへの接触を広田弘毅に託していますが、じらされるのみでうまくいきません。トルーマンは原爆の投下について不気味な目論見を心に秘めているようです。6月23日に沖縄戦は牛島司令官の自決をもって終結を迎えました。大都市への空襲は鳴りをひそめ、米軍は6月半ばから地方の中小都市を狙うようになっています。7月2日には熊本、下関、宇部、呉の4都市が焼かれました。7月1日高松宮は高輪台の自邸にあるさつま芋畑で草取りに余念がありません。この巻はここから始まります。じつは自家菜園のさつま芋は食糧事情の悪い現在、誰もが飢えをしのぐために作っています。柳田国男、岡本潤、伊藤整などから、南太平洋に取り残されたパラオやマーシャルの兵士たちも畑を作り、栄養源にしています。フィリピン大使村田省蔵、ビルマ大使石射猪太郎は軍とともに撤退戦をつづけ悪戦苦闘して日本へ帰り着こうとします。現下の厳しい国内状況とやや小康状態に落ち込んだかの7月初頭をさまざまな角度から描く著者の筆致はいつにも増して圧巻です。
 本書の第1巻刊行は1985年であり、27年を経過しています。その間、丸谷才一、井上ひさし(故人)、立花隆といった当代一流の識者に最大級の賞賛を受けています。それは従来の敗戦史観、東京裁判史観、昭和史の俗流史観から、限りなく離れて、資料と史実、そして庶民の常識に立脚した著者の視点が新鮮だからです。
 著者は2010年に文藝春秋社より『山本五十六の乾坤一擲』を上梓しました。これは開戦直前昭和16年11月30日に山本が最後の非戦の上奏を行おうとしたのではないかという推論を説いたものです。半藤一利をはじめ名だたる昭和史研究家から完全な黙殺に会いましたが、この一事が著者の立場と視点をよく明らかにしています。歴史を読み解くには書かれていないことが重要なのであり、一番重要なことは個人の覚書には書かれていないことが多いという著者の指摘はなかなか理解されません。ただそう読み、そう考えるほうが明らかに事実に近いのではないかと本書を読み続けると理解できます。『木戸幸一日記』はこの期間の歴史の第一級資料ですが、著者はそこに隠された木戸の作為、歪曲を明らかにしており、資料を鵜呑みにしないことの重要さを教えてくれます。木戸批判を含む著者の筆は快調で8月15日の破局に向かっていよいよ佳境を迎えています。

機械より人間らしくなれるか?
――AIとの対話が、人間でいることの意味を教えてくれる

1900

1900_2












ブライアン・クリスチャン 著
吉田晋治 訳

四六判/上製/416頁/定価2,940円/2012年5月

◆人間らしさを競う「チューリングテスト」の大会で優勝するには、どうすればいい?

 機械が意識を持ち、人間のように思考することは可能か? 機械は人間らしくなれるのか? このような疑問に答えは出せるでしょうか。まだパソコンもインターネットもなかった1950年、イギリスの数学者アラン・チューリングがこの疑問に答えるためのテストを考案しました。
 「審判」役がコンピュータ端末を使って、姿の見えない「2人」の相手と5分間ずつ、チャットします。一方は本物の人間(「サクラ」役と呼ばれる)、もう一方は人工知能(AI)です。チャットが終わると、審判はどちらがより人間らしかったかを判断します。このとき、審判たちの30%がだまされるようなAIがいれば、それはもう人間と同様に思考し、意識を持っていると考えていいのではないか――。これが「チューリングテスト」、すなわち機械が人間のように思考できるかを測るテストです。しかし、いまだこのテストをクリアできたAIはいません。
 実は、年に一度、人工知能関連の学会でこのチューリングテストの大会が行われており、世界から優秀なAIが集まります。大会では審判役が、サクラ役の人間とAIのそれぞれとチャットして、どちらが「人間らしいか」を点数をつけて判断しますので、AIがチューリングテストをパスできなくても、出場したAIの中から「最も人間らしいコンピュータ」を決めることはでき、表彰されます。興味深いことに、この点数づけはサクラ役の人間にもなされるので、「最も人間らしい人間」を決めることもでき、この人もまた表彰されるのです(サクラ役を引き受ける人間も複数いる)。
 本書の著者ブライアン・クリスチャンは、このチューリングテスト大会にサクラ役として出場し、「最も人間らしい人間」賞を取ることを決意しました。そして、そのために万全の準備をして臨むことも。でも、「最も人間らしい人間」の称号を獲得するために、どんな準備をすればいいのでしょう?

◆ナンパ術から実存主義まで、広範な領域にわたり探究する科学ノンフィクション

 著者が探究した、(a)可能な限り人間らしく振る舞うにはどうすればいいか、(b)そもそも人間らしさとはなにか、という2つの問いは、ある面では哲学の問題でもあり、対戦相手となるAIのプログラミングの問題も絡んできます。また会話術の問題でもあるので、尋問術やナンパ術、お見合いパーティーでの話し方の問題とも無視しがたい関連があります。そのほかにも、情報理論、心理学、動物の知能の研究などとも深い関連があり、著者は大会の前に、これら分野の専門家に話を聞き、文献を読みあさることになりました。
 その過程で、人間が意外と「人間らしくない」ことが明らかになったり、AIの意外な弱点や、AIがチューリングテストにパスすることにどんな意味があるかということも明らかになっていきます。そして、私たち人間が、よりよく生きるためのヒントさえ、示されることになるのです。著者は、AIのおかげで、人間はより人間らしくなることができる、と言います。
 著者ブライアン・クリスチャンはコンピュータ科学と哲学、詩の芸術学でそれぞれ学位を取得した科学ジャーナリスト。広範な知識と取材から得た洞察には、人間を見る目を変える強い力があります。本書は「人間らしさ」とはなにか、生きているとはどういうことなのかという根源的な問いに迫る、希有な科学ノンフィクションとなりました。といっても、科学の基礎知識はまったく必要なし。すべての「人間」に読んでいただきたい一冊です。

明仁皇太子 エリザベス女王戴冠式列席記

1902

1902_2














波多野勝〔はたの・まさる〕=著

四六判上製 三七六頁 定価二七三〇円 二〇一二年五月

〇新史料をもとに初外遊の全旅程をたどる
 心臓の手術後まもない天皇陛下が、エリザベス女王即位六十周年を祝う式典への出席に強い意欲を示されたことには誰もが驚いたのではないでしょうか。このたびの訪英に対する特別な思いの根本には、一九五三(昭和二十八)年、日本の独立から一年後に行なわれた初めての外遊の思い出があったことは間違いありません。立太子の礼を終えた十九歳の明仁皇太子(今上天皇)はこの年、初の外遊として欧米各国を訪れましたが、その最大の目的は昭和天皇の名代としてエリザベス女王の戴冠式に出席することでした。
 本書は、五十九年前のこの外遊で随員をつとめた吉川重国氏の随行記録、公開なった日本および英国外務省史料、イギリス側接伴員で国際法の権威ハンキー卿のメモワール等の新史料をもとに半年にわたる外遊の全旅程をたどり、これに重ねて日英・日米外交の丁々発止の舞台裏を描き出したものです。皇太子時代の初外遊がこれほど詳細に跡づけられたのは初めてのことであり、まずはこの点で本書刊行の意義はきわめて大きいと思われます。

〇「皇室外交」から戦後史の転換点をとらえる

 著者の波多野勝氏は皇室外交の視点から日本の近現代史を捉え直すべく、多くの未公刊史料を渉猟。これまでに『裕仁皇太子ヨーロッパ外遊記』『昭和天皇とラストエンペラー』を上梓しました(いずれも小社刊)。本書は、前二冊と同様のアプローチによって戦後史の見方に新たな視点を加えたものと言えます。
 敗戦国日本が国際社会に再登場するうえで皇太子外遊の機会を持てたことは日本にとって幸運であったと著者は述べ、時の首相吉田茂にとってはこの外遊が、大戦によって断ち切られた日英関係の修復をはかり、占領期から続く対米追従を脱するための好機でもあったと指摘しています。皇太子外遊の成功を受けた吉田は、翌五四年に自らイギリスに乗り込み、戦時捕虜や経済摩擦問題を解決しようとします。しかし、さしたる成果は上がらず、英議会では労働党議員から野次られる始末。その後に訪れたアメリカで熱烈に歓迎されるという皮肉な結末となりました(第11章)。本書では皇太子訪英を前に「日英の絆」を復活させたいと願う英国の親日・知日派人士が、国内にくすぶる反日感情を鎮めようと奔走する姿が描かれていますが、吉田外遊の顛末を見れば、吉田やこれら親日・知日家による戦前型の伝統外交がもはや通用しなくなったことがわかります。それはまた日本外交の対米基軸が決定的になったことを示していると見ることもできるのです。

〇慰問・慰霊の旅につながる得がたい体験

 皇太子一行は訪英の途次、カナダを訪問しました。バンクーバーからトロントへ向かう列車の旅では駅ごとに日系人が皇太子の到着を待っていました。カナダの日系人は大戦中、強制収容所送りを余儀なくされました。ときに零下になる寒さのなか、皇太子は各駅でプラットホームに降り、彼らに挨拶をしました。皇太子はこのとき、個人の意思では如何ともしがたい事態によって辛苦を味わうことになった人々を慰め激励することを自らの使命にすると決意されたのではないでしょうか。その後の積極的な被災地慰問や先の大戦の激戦地への慰霊の旅の原点ともいうべきこのカナダでの体験は第2章に活写されています。

2012年5月16日 (水)

成功する人だけが知っている「ウソの技術」

1899

1899_2















向谷匡史・著

四六判並製/224頁/定価1365円/No.1899/2012年5月16日配本

  ●心地よい人間関係のベースには「上手なウソ」がある!●
「ウソつきは泥棒のはじまり」という言い方があるくらいですから、ウソが道徳的に「悪」なのは間違いありません。しかしその一方で私たちは、ウソをつかずに社会生活を送ることはできません。「ウソをつけない人」という評価が、社会人にとってけしてプラスでないことはご承知のとおりです。だとすると、私たちは良いウソと悪いウソとをきちんと区別したうえで、人間関係の潤滑油になるような「良いウソ(ついてもいいウソ)」については、その使い方を積極的に磨いていくことが大切なのではないでしょうか。人間はウソをつかざるを得ないという本質を肯定的にとらえ、ビジネスに私生活に活かすのが大人の知恵ではないか、と著者は述べています。本書をお読みいただければ、ウソはある種の「言葉のサプリ」であり、時には人間関係を維持するための命綱にもなりうるのだということがお分かりいただけるはずです。本書でご紹介するノウハウが、豊かな人間関係を築く一助となることを願ってやみません。

  [本書で紹介するウソ]
●身近な人間関係には欠かせない「愛情のウソ」
●マイナス要素をプラスに変える「名伯楽のウソ」
●反発を感激に変える「キミだから……のウソ」
●カリスマと呼ばれる人たちの切り札「断定のウソ」
●質問への答えに説得力が生まれる「一呼吸おいてのウソ」
●上手な「NO」で人脈を築く「断りのウソ」
●成功者がかならず使っている「夢語りのウソ」

                 

手の治癒力

1897_2

1897_2_2

 














「教科書にのせたい!」(TBS系)等出演で話題の身体心理学者が、
医療の原点「手当て」の有効性を最新の科学的知見をもとに明らかにする。

桜美林大学准教授・身体心理学者 山口 創 著

四六判並製/192頁/定価1260円

ふれる、なでる、さする
手の力で人はよみがえる 手の驚くべき「癒し」効果!

 昨年はマッサージ店が過去最高の出店数を数えたといいます。快適で便利で豊かな時代になったにも関わらず、なぜこれほど多くの人が常に疲れを感じ、癒しを求めてマッサージや整体やエステなどに通うのでしょうか? 
 著者は、現代人のストレスの原因を脳の使い過ぎと、それにともなう身体感覚の希薄さと指摘します。とりわけ昨今のスマホ、SNSの浸透によって、わたしたちは朝から晩まで大量の情報にさらされ、脳で判断すべきことがますます増えています。気づかない間に「スマホ疲れ」「フェイスブック疲れ」が蓄積し、やがて心身の不調につながり、抑うつ感や不安感、孤独感の原因となっているのです。
 本書では、こうした現代人に特有の心身の不調にこそ、「マッサージ」や「スキンシップ」が有効であるとします。皮膚をさすったり、撫でたりすることで、身体感覚を覚醒させ、「今ここに自分が存在している」という肉体の確かな実感を取り戻すことで、脳と心と体のバランスを回復させることができるといいます。著者は、最新の脳科学や心理学の知見をわかりやすく説明しながらも、現代にこそ「手当て」の力や技をよみがえらせる意義と必要性を熱く訴えます。

2012年5月 8日 (火)

電子書籍化! 『間違いだらけのクルマ選び』

ついに電子書籍化!
『2011年版間違いだらけのクルマ選び』
『2012年版間違いだらけのクルマ選び』
iPhone/iPadアプリとして登場!
 

Machigai_icon_2

●新生『間違いだらけ』が堂々の電子書籍化!
 国産メーカーはいま、震災をはじめとするここ数年のネガティブな状況からついに復調、魅力的なニューカーで大攻勢をかけて、日本でも世界でも売り上げも伸ばしています。『2012年版間違いだらけのクルマ選び』で現在の国産車大復活を大胆予想、見事に的中させて勢いにのる『間違いだらけ』が、今度はメディアとして新しい展開を図ることになりました。電子書籍化し、iPhone/iPadアプリとして販売することにしたのです。
 電子書籍化されるのは2011年6月に共著者として島下泰久氏を得て復活を果たし、新生『間違いだらけ』となって以降の2冊、『2011年版間違いだらけ』『2012年版間違いだらけ』です。

●バックナンバーの入手が容易に。読み方・使い方が広がる!
 『間違いだらけ』の電子書籍化には、一般の書籍の場合とは少し違った意味合いがあると言えます。
 年度版の宿命として、これまでバックナンバーが書店店頭で入手しづらかったのですが、電子書籍となったことでその問題が解決されます。また、新車・中古車を選ぶ際に参考とする場合もより便利にお使いいただけるでしょうし、クルマ知識のレファレンスとしてもより活用しやすくなるでしょう。電子書籍となることで、『間違いだらけ』は新しい読み方、使い方ができる本になると言えます。
 「リフロー型」の電子書籍ですので、読者がフォントの大きさなどを設定することができ、大きな文字で読みたいという方にもオススメです。また、iPhone/iPad互換アプリなので、どちらでもご覧になることができます。
 「電子書籍」という新しい形態を手に入れた『間違いだらけ』。本年12月に刊行予定の『2013年版』でも進化し続けます。ひきつづき、『間違いだらけ』にご注目ください。

タイトル(アプリ名):

『2011年版間違いだらけのクルマ選び』
『2012年版間違いだらけのクルマ選び』
(上記タイトルをクリックするとAppStoreのアプリ販売ページにジャンプします)

著者:徳大寺有恒・島下泰久
iPhone/iPod/iPad互換アプリ/価格:各900円(税込)/販売業者:株式会社草思社

草思社サイトの『間違いだらけ』特設ページもご覧ください。
http://www.soshisha.com/car/

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »