« 名言vs名言
――賢者の言葉をどう人生に活かすか
| トップページ | 日米開戦の人種的側面 アメリカの反省1944 »

2012年6月20日 (水)

海に癒される。
―― 働く大人のための「海時間」のススメ

1910

1910_2















早大水中クラブOB 高橋啓介・清水浩史 著   

四六判上製/224頁/定価1575円(税込)/2012年6月


海を愉しむのに、年齢も体形も関係ない。
 本書は、早大水中クラブ(ダイビング部)時代に海との生活に明け暮れ、40歳を過ぎた今も、働きながら海通いをつづける筆者二人による、「海へのいざない」の書です。
 学生時代、真夏の海へ繰り出し、青春を謳歌した人も多いでしょう。でも、社会人になって、あるいは40歳にもなったら、海に行くどころか、仕事で心身ともに疲れきっている人が多いのが現実かもしれません。
 筆者は優しく語りかけます。
「この先、まだまだ人生はつづくし、代わり映えのしない仕事もつづく。
 だったら、海に行こう。
 海を愉しむのに、年齢なんか関係ない。腹が出てても、カネがなくても、孤独でも、関係ない。海に行けば、疲れ、不安、雑念が消え、若い頃の情熱、好奇心がよみがえってくるはずだ」
 海から遠ざかってしまっている大人、とくに、仕事も家庭も肉体も大変になってくる、40歳からの海の手引きとして綴られた本書。読むだけで、日ごろの疲れが洗い流され、心が静まり、海に行きたくなる一冊になっています。これから海に親しみたい人にもぜひ読んでいただければ幸いです。

項目より
●海を卒業しないということ 
●水着を恥ずかしがらない 
●ひとりで海に行くということ 
●サボる自由を思い出す 
●素足で浜を歩いてみる 
●波に巻かれてみる 
●沖から陸を眺める 
●海の温泉の愉悦 
●海辺の生活を眺める 
●海鳥を観察する  
●お気に入りの水族館を見つける 
●引きこもりは海が効く 
●肩書きを脱ぎ捨てる 
●女性サーファーを眺めてみる 
●海で仕事のことを考えてみる 
●月曜日が憂鬱でなくなるということ 
●死ぬ日まで海に出かけるということ 
……など83項

« 名言vs名言
――賢者の言葉をどう人生に活かすか
| トップページ | 日米開戦の人種的側面 アメリカの反省1944 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事