« 病を癒す希望の力
――医療現場で見えてきた「希望」の驚くべき治癒力
| トップページ | 日常生活で仏(ほとけ)になる方法 »

2012年8月23日 (木)

私がアイドルだった頃

1918

1918_2














長谷川晶一・著
四六判上製/376頁/定価1890円/2012年8月


●凝縮された時間の中で人生の浮沈を味わった女性たちの「告白」●

 本書には13名の元アイドルが登場します。元おニャン子、元・少女隊、元セイントフォー、元ミニスカポリス、元ギリギリガールズ、元チャイドル、元グラビアクイーン、元・着エロクイーン……さまざまな個性で時代を駆け抜けた女性たちに、著者はあえて同じ質問を投げかけました。その質問、「生まれ変わってもアイドルになりたいですか」に対して、彼女たちがおしなべて「もう一度やってみたい」と答えているのは興味深い点です。ですが、「娘が生まれたらアイドルにしたいですか」という問いかけにはほぼ「やらせたくない」という答えが返ってきているところに、アイドルという存在が孕む矛盾が否応なく表れています。その過酷なアイドル稼業の内幕は本書に譲りますが、若くしてさまざまな苦難を乗り越えてきた彼女たちの言葉には名状しがたい深みがあります。良いことも悪いこともあって私たちの生は充実したものになるのだ――そんなことを考えさせられる本です。

【本書から】
●「私にとって一番頑張った時期。自分を褒めたい時期。とってもいい時期。だって、今できないもん、あんなに死に物狂いで頑張るなんて……きっと棺桶に入るときに思い出すのもセイントフォーだと思う」(濱田のり子)
●「後悔すること? うーん、後悔はないです。でも……正解でもないな」(宮内知美)
●「アイドルとは《時代の産物》じゃないかな? 時代のニーズに合った人がトップをとっていくものだと思うから……」(新田恵利)
●「今はアイドルじゃないですね。今? 今は《矢部美穂》です。自分の生き方を曲げずに仕事をさせてもらっているから」(矢部美穂)

« 病を癒す希望の力
――医療現場で見えてきた「希望」の驚くべき治癒力
| トップページ | 日常生活で仏(ほとけ)になる方法 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事