« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月21日 (金)

北京は太平洋の覇権を握れるか
――想定・絶東米中戦争

1926

1926_2














兵頭二十八[ひょうどう・にそはち]=著

四六判上製 二八八頁 定価一六八〇円 二〇一二年九月

○太平洋に出たいが、対米戦争は絶対に避ける
 日本を取り巻く絶東(=極東)のパワー・バランス(米・中・ロシア・朝鮮半島)をリアルかつ平易に解説し好評を得た兵頭氏の前著『日本人が知らない軍事学の常識』の応用篇ともいうべき一冊です。本書では、エネルギー資源確保のための南シナ海進出で横暴さを発揮する中国と、ナンバー2大国の突出を許さぬアメリカが、太平洋の覇権をめぐって激突した場合を想定、その戦況と周辺国が蒙るであろう影響をシミュレートします。
 米中の全面衝突が殆どあり得ないだろうことは、Ⅲ章「想定 米支戦争」で明らかです。米国の軍事力は圧倒的であり、テロとの戦い、アフガニスタンでの戦いを経て、たとえばヘルメットや防弾衣などの装備品にいたるまで、通常兵器の性能は格段にレベルアップしており、サイバー攻撃、生物化学兵器、宇宙空間での戦いに対する備えも周到に練られていることがわかります。一方の中国は、陸海空いずれの兵器も「見かけだけ最新鋭だが中身は旧式」といった代物。中国側はこの戦力格差を十分承知しており、正面切った対米戦争はどうあっても避けたいところです。しかし太平洋に進出しボルネオの油田を支配しない限りエネルギー面での安定ははかれず、これが叶わなければ共産党体制の崩壊は必至。こうした難題に直面している中国がいま何を考え、どのような戦略を立てているのか、本書の第一義は米中戦争のシミュレーションを通じてこれを正確に見通すことにあります。

○共産党体制の維持がすべてに優先する
 とにもかくにも共産党体制の維持が一番。これが中国の戦略を知るうえでの核心部分といえるでしょう。兵頭氏はこの四十年来の米中関係をふまえ、「党の存続こそすべて」の戦略について大略次のように見立てています(Ⅰ章)。
《米中国交正常化に先だち、ニクソン・毛沢東のあいだで「米中は互いに将来の核戦争の対手とならぬ」との密約が結ばれた。その後、ソ連崩壊を注視していた中国共産党は、このときにソ連共産党幹部の大弾圧もなければ、周辺国が攻め込んでくることもなかったのは、「米国と刺し違えることができる」はずの数百基のICBMをロシアが持っていたからだと見てとる。以来、中国は実質的な対米核抑止の立場を獲得するべく、密約を守っているかのように装いながら、軽くて大威力のW88級の水爆弾頭技術を米国から盗み、これを製造し(トータルで三十基)、偵察衛星から窺い得ない(陝西省にあるといわれる)横穴トンネルに隠す。こうしてアメリカとの「核対等」を密かに構築する一方で、自国の軍人たちにはボルネオや沖縄の領土化といった〝見果てぬ夢〟のごとき目標を与える。だがこれに必要な兵器・装備は与えず、リアルな国境戦争に向くかもかもしれない彼らのエネルギーをコントロールしつつ、周辺国に対して中国軍を恐れさせるように仕向ける》
 尖閣における挑発行為も、こうした戦略の一環としてみれば腑に落ちます。
 中国の行動の裏に隠された真の狙いを理解するうえでは今まさに必読の書。もちろん、第一級の軍事専門家である兵頭氏の、米中の最新の実力を冷静にとらえた分析は一頭地を抜いて読みごたえがあります。

考える力がつく 国語なぞぺー上級編
――語彙をゆたかに

1925

1925_2














《対象:小学4~6年》

高濱正伸(花まる学習会代表)・丹保由実(花まる学習会)

B5判/並製/112頁/定価1,260円/2012年9月

◆大好評の『国語なぞぺー』に花まる学習会のメソッド満載の高学年語彙スペシャルが登場!
 2006年に小学1~3年生向けの国語問題集として刊行され、大好評を得た『考える力がつく 国語なぞぺー』とその続篇『同 国語なぞぺー〈おかわり!〉』に、ついに高学年版が登場しました。
 『国語なぞぺー』は「人が話す言葉や本などの文章をしっかり理解する国語力」を身につけるため語彙力・文法・精読力に的を絞った新しい国語問題集として支持を集めましたが、本書『国語なぞぺー上級編――語彙をゆたかに』もそのコンセプトを発展させ、語彙を伸ばすことに特化した国語問題集です。

◆語彙こそが理解力・表現力の源。知性・学力の「後伸び」の決定的な要素

 「学ぶこと」「考えること」「自分を表現すること」「相手を理解すること」のどれにも、語彙の力が大きくものをいいます。とくに小学校高学年以降は、子ども自身が生活や学習の中で知らない言葉に出会い、調べて学び、さらに新しい言葉を求めていくようになるので、これができない子どもとの差は非常に大きく開いていきます。本書は、まさにこの「語彙の自律学習サイクル」を身につけるきっかけを作るため、新しい言葉に触れる楽しさを子どもに味わわせることを目的とした問題集。子どもたちが楽しいと感じ、どんどんつづけたいと思うようにさせるという、花まる学習会のメソッドが存分に発揮されている一冊です。

◆新聞コラムや現代作家の上質の生きた文章で言葉を学ぶ楽しさを体験する

 本書の問題には、子どもたちが新しい言葉に出会うことを目的に、現代作家などによる良質な文章を使用しています。良い文章では、同じことを重ねていう場合でも、同じ言葉を使わず別の語彙を使ったり、より具体的な表現での言い換えなどを行いますから、同義語や似た意味の言葉のバリエーションに、たくさん出会うことができます。また、ことわざや比喩表現の的確な使用例にも事欠きません。設問でもそれぞれの文章の特徴に注目し、言葉の言い換えや、熟語の意味の推測を促す問題、言葉の分類をさせる問題などを出しています。思わず辞書を引いて調べたくなる問題ばかりで、辞書を引くことそのものの楽しみも体験できるようになっています。
 そのうえ、使用されている物語や評論は、読み始めると面白くてつづきが気になるものばかりを厳選してあります。子どもたちが読書への興味や、大人たちが話す言葉へ興味を持つきっかけにもなることは間違いありません。
 子どもたちが楽しみながら自らの国語の世界を広げる、自信を持っておすすめできる一冊です。

2012年9月12日 (水)

ロッキード・マーティン 巨大軍需企業の内幕

1923

1923_2














ウィリアム・D・ハートゥング 著 玉置悟 訳

四六判上製/400頁/定価2730円/2012年9月

●最新戦闘機からインテリジェンスまでカバーする究極の軍産複合体●
 本書は、アメリカの政策決定に多大な影響力を持つ軍需産業界の巨人、ロッキード・マーティン社の歴史を生々しく描いたノンフィクションです。著者はシンクタンク「ニューアメリカ財団」で上級リサーチフェローを務める論客で、長年にわたり軍需産業界と政界・官界との癒着を指摘してきました。本書では一飛行機メーカーに過ぎなかった同社がどのようにして米政府との関係を築き、今日の地位を築いたのかを詳細に辿っています。いまや兵器の生産にとどまらず、安全保障全般をカバーしてビジネスを行ない、「21世紀のビッグ・ブラザー」になるとも評されている同社の歴史はスキャンダルに彩られていますが、それだけに本書は非常にスリリングな読み物になっています。現在、沖縄への配備をめぐって大問題になっているオスプレイは、ロッキードのライバルであるボーイング社がヘリの老舗会社と共同で開発した機種ですが、この新型輸送機の開発計画に対して、ロッキードのCEOだった人物が諮問委員会で支持を表明する顛末も本書には出てきます。時にはライバル会社とも躊躇なく手を組んで業界の利益を追求するのが同社の強さです。安全保障の基盤を日米同盟に置く日本にとって、ロッキード・マーティンというガリバー企業は等閑視することのできない存在といえます。この国の行方を案じるすべての方に、是非お読みいただきたい一冊です。

【本書から】
●第二次世界大戦後、多くの航空機メーカーが民間機開発へ舵を切るなか、ロッキード社は政治家・ペンタゴンを引き込んで「官」で稼ぐビジネスモデルを確立した。
●21世紀に入ってからの8年間で、アメリカの兵器メーカーの輸出額は2倍になった。ロッキード社はその最大の受益者で、F16がもっとも売れた商品だった。
●現在はインテリジェンス分野にも参入。国税庁のデータ管理システムを開発し、FBIが所有する5500万人の指紋のデータベースを管理する業務まで請け負うようになっている。

日常生活で仏(ほとけ)になる方法

1924

1924_2














斎藤孝 著
四六判 並製 208ページ 定価1470円 2012年9月

仏教をもっと生活に活かそう!
斬新で、面白い「仏教的生活のススメ」。


●齋藤孝流、仏教の新しい解釈

 タイトルの「仏(ほとけ)になる方法」と聞いて奇異に感じた方が多いかもしれません。「仏になる」というのは「死ぬ」方法ということではなく、「ブッダになる」「悟りを開く」という意味です。「仏=ブッダ」とは「目覚めたもの」「覚者」という意味です。
 著者の齋藤孝氏は小社刊『声に出して読みたい日本語』で有名ですが、もともと「身体論」「教育論」の分野が専門分野です。仏教については長年関心があり、「ヨガ」「呼吸法」などと結びついた「仏教的認識」「全人的生き方」に共感を抱いてきました。本書では、現在の「葬式仏教」ではなく、ブッダの生きた時代に帰って、その本質的意味(生きる哲学)を現代に蘇らせようという、なかなかに斬新な試みを行っています。

●現代日本人に、元気をあたえる五感を使った仏教的生活

 閉塞感がある今の日本社会を生きていくために、古代インドのブッダの教えは、どのように生かされるべきでしょうか。実は今の仏教は、2千年の歴史の中で、さまざまな他宗教が混在し、本質が見えなくなっていると著者は指摘しています。本来のブッダの教えは、肉体と精神を活性化し、死後の世界などない現世を受け止め、明るく合理的に生きていくことを勧める、世界認識の方法なのです。
 その方法は「大地に寝転んで空をあおぐ」「ろうそくの炎を見つめる」「仏の半眼モードになる」などから始まって、「呼吸法」や「坐禅」の方法に進み、果ては「死体のポーズをとる」「戒名をつける」などといった少々過激な方法にまで至ります。これは身体と心の全体を使った意識を高める方法であり、著者が「プチ悟り」とも呼ぶ「強い自分」になるための誰もができる簡便な方法でもあります。
 著者の説く「仏教的生活」はけっして今日の仏教やその教えを全否定するものではなく、
良いところをそのまま吸収し、日本人にあったやり方で行おうという点で、実用的です。今日からでも、仕事や勉強の合間にすぐ実践できそうです。
 抹香くさい仏教ではなく、新しくおしゃれな「仏教的生活のススメ」として本書はきわめてユニークな主張を説いている書といえましょう。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »