« 映画プロデューサー風雲録
――思い出の撮影所、思い出の映画人
| トップページ | 「逆境」こそ生きる力の源 »

2012年10月25日 (木)

12月25日の怪物
――謎に満ちた「サンタクロース」の実像を追いかけて

19341225

19341225_2
















髙橋大輔・著    46判・上製/240頁/定価1680円(税込)/2012年10月

 サンタクロースの実在のモデル「聖ニコラウス」
 著者の髙橋大輔さんは、「物語を旅する」をテーマに、小説や神話、伝説のルーツを探るべく世界への旅を続ける異色の探検家です。2005年には、小説『ロビンソン漂流記』の実在のモデルで、チリ沖合の無人島に4年もの間取り残された人物の住居跡を発見し、世界的な注目を集めました。その髙橋さんが今回挑んだテーマが、「サンタクロース」です。
 サンタとはいったい何者なのか?――そんな疑問への答えを探るべく、筆者は旅に出ます。トルコ、イタリア、オランダ、アメリカ、フィンランド、オーストリアなど8ヵ国、3年がかりの旅です。
 まず訪れたのは、サンタの実在のモデルとされるキリスト教の聖人、聖ニコラウス(紀元3~4世紀)が生まれたトルコ。博物館に展示されたイコン(肖像画)から、彼は “痩せた老人”だったことが判明します。聖ニコラウスは中世ヨーロッパで広く信仰されますが、アメリカへの旅で、聖ニコラウスのイメージが19世紀に「白いあごひげをたくわえ赤いマントに身を包んだ太った老人」へと変貌し、こんにちの「サンタクロース」が誕生したことを知ります。

 サンタは“冬至の怪物”でもあった
 ところがフィンランドを訪ねると、サンタのルーツは「ヨールプッキ」と呼ばれる“ヤギ男”でした。その姿は、全身が野獣の毛に覆われ、頭には角が伸び、二本足で直立歩行をするという、まさに怪物。ヨールプッキはサンタが誕生するはるか前に生まれ、酷寒の冬至のころにプレゼントを持って家々を回る存在でした。
 その後、オーストリアの年末の伝統行事に参加した筆者は、サンタのルーツのひとつとされる「クランプス」と遭遇します。それもまた、野獣の毛皮、恐ろしい仮面、鋭い角、手には白樺の枝鞭を持つ“怪物”でした。総勢60人を超えるクランプスたちは、行事の参加者たちに容赦なく鞭を振るいます。しかし、その鞭は邪気を払い、新年の健康と幸運を祈るものだったのです。クランプスもまた、古代の冬至の祭り以来の風習でした。
 にこやかなサンタクロースのルーツをたどると、聖ニコラウスだけでなく、冬至祭の怪物にも行き着くとは驚きではないでしょうか。そして冬至祭の怪物は、その恐ろしい外見とは裏腹に、一年の無事を祝い、人々に新年の幸運をもたらす存在だったのです。
 サンタのルーツを旅をしながら追跡するロマンを本書で味わっていただければ幸いです。

« 映画プロデューサー風雲録
――思い出の撮影所、思い出の映画人
| トップページ | 「逆境」こそ生きる力の源 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事