« いつか見たしあわせ
――市井の幸福論
| トップページ | 映画プロデューサー風雲録
――思い出の撮影所、思い出の映画人 »

2012年10月10日 (水)

考える力がつく算数脳パズル 整数なぞぺー〈小学4~6年編〉

1930

1930_2















高濱正伸(花まる学習会代表)・川島慶(花まる学習会)

B5 判/並製/112頁/定価1,260円/2012年10月

◆入試に頻出、思考力問題の代表格「整数問題」の解き方は誰も教えてくれない!?
 『なぞぺー①~③』や『空間なぞぺー』『鉄腕なぞぺー』などで大好評、累計28万部のロングベストセラー「なぞぺーシリーズ」に「整数問題」に特化した『整数なぞぺー』が加わりました。整数問題とは、約数・倍数や、素数、割り算のあまりの数などに注目して解く、整数に関する問題のことです。
 中学入試や、高校入試、さらには大学入試や企業の入社試験でも、思考力問題として出題頻度が高いのが、本書で扱う整数問題。整数問題は、論理的に考える力や、粘り強く答えを求める力を測りやすいと考えられています。またバリエーションが非常に豊富で奥深く、算数好き・数学好きに言わせれば、これほど面白いものはないと言えるほど楽しく、問題を解いたときの感動が深い分野でもあります。
 それほど大事な整数問題ですが、しかし、学校で教えてもらったことがあるでしょうか? 実は、学校の授業で整数問題を教える単元は、この2012年に高校の課程にようやく登場したのが初めてで、これまでまったく手つかずでした。つまり、整数問題は入試に出るにもかかわらず、誰も教えてくれない領域だったのです。

◆小学生にもわかるよう整数問題の基礎を解く画期的問題集

 とくに中学入試では頻出する整数問題なのに、小学校ではまったく教えてくれません。その理由の一つが、教えるのが難しいということです。整数問題の面白さ、楽しさがわかる良問を数多く用意し、そのエッセンスを基礎から小学生に伝えるのは、相当に難しいことと言えるでしょう。
 本書『整数なぞぺー』は著者の高濱正伸さんが主宰する大人気学習塾「花まる学習会」の教育現場で使われてきた問題群をベースに良問を数多くそろえ、花まる学習会の特長である「子供が夢中になって解く」ように工夫されています。
 整数には驚くような性質があります。例えば、どんな数字でも、各ケタの数字を足した和が9の倍数なら、もとの数も9で割ることができます。また、日常生活のなかにも、整数の謎めいた性質を見つけることができます。和音は周波数が整数比になっていますし、カレンダーのなかにも、例えば「13日の金曜日」が生じることにも整数の性質が関係しています。このような、思わず引き込まれる整数の魅力を織り込んだ問題を数多く用意し、子供たちが整数問題を楽しみながら解けるようにしているのです。
 さらに本書には、約数の性質を利用したカードゲーム「約数大富豪」がついています。これまたとても面白いゲームで、花まる学習会でも子供たちの間で大流行しています。楽しみながら、約数の感覚を身につけることができるでしょう。
 算数・数学のなかでもとくに面白く美しい領域、整数問題の世界に、小学生が楽しみながら入っていくことができる、希有な一冊です。

« いつか見たしあわせ
――市井の幸福論
| トップページ | 映画プロデューサー風雲録
――思い出の撮影所、思い出の映画人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事