« 俳句開眼 100の名言 | トップページ | イスラム哲学とは何か
―― 宗教と哲学の攻防 »

2012年11月29日 (木)

2013年版間違いだらけのクルマ選び

Machigaidarake001s

Machigaidarake002s














徳大寺有恒+島下泰久著

46判並製/256頁/定価1470円(税込み)

大量デビューしたニューカーたちは、国産車を救えるのか?
VW新型ゴルフ緊急レポート掲載など、特集も充実!

国産車は大丈夫? 大量ニューカーデビューを素直に喜べない現実がある
 空前のニューカー当たり年となった2012年。今期版『間違いだらけ』では取り扱う車種の実に3分の1がニューカーです。国産車は活況にあふれ、大躍進の年となる……はずでしたが、そこに冷や水を浴びせたのが149万円という低価格で登場したVWのup!です。日本のお家芸コンパクトカーに価格で真っ向勝負をしかけ、安全装備や走りで凌駕して見せました。果たして大量にデビューした国産車たちは、海外勢の実力車に打ち勝つことができるのか? 国産車はこれからどうすべきなのか? 2013年に上陸するVWの新たな刺客、新型ゴルフの出来はいかに? 「第1特集 VW新型ゴルフ緊急試乗レポート」「第2特集 クルマの未来を変えるのは何か?」、そして本編車種評で熱く、鋭く展開します。

●2013年版の指摘
国産メーカーは日本市場をあまりに軽視しすぎだ!
ホンダは大丈夫か? 新提案で世間を驚かせてほしい
もっと個人のセンス・理想を押し通したクルマづくりを!
自動ブレーキが普及。将来は免許制度を変えるだろう
ディーゼル販売絶好調。選択肢も増えて悩ましいほど

●クルマの今が見える2大特集
第1特集 VW新型ゴルフ緊急試乗レポート
  ――またも大きく日本車を突き放した。up!以上の衝撃となること間違いなし
第2特集 クルマの未来を変えるのは何か?
     ――日本車の国際化がもたらしたもの。世界的視野で日本のクルマ選びを考える

●今期版のニューカー

VW 新型ゴルフ

  想像絶する進歩。日本車をさらに突き放す
VW up!
  まさに黒船。国産コンパクトを圧倒
カローラ
  誰も欲しがらないクルマになった
BRZ/86
  我を忘れるほど走るのが楽しい
BMW3シリーズ
  大胆な変革が驚くほど成功している
アテンザ
  全方位に本質極める進化。サイズが問題か
シトロエンDS5
  演じられた“らしさ”が…
オーリス
  期待ほどでは…。意あって力足らず
スイフトスポーツ
  走ればぴりっと辛口で痛快

…など多数!

« 俳句開眼 100の名言 | トップページ | イスラム哲学とは何か
―― 宗教と哲学の攻防 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事