« 武士に「もの言う」百姓たち
――裁判でよむ江戸時代
| トップページ | [新訳]ヒトラーとは何か »

2012年12月13日 (木)

鹿児島学

1947

1947_2















岩中祥史(いわなか・よしふみ)著

四六判、並製、288ページ、定価1680円、2012年12月

「県民性」研究の第一人者による書き下ろし最新作。
日本文化の現状に迫る無類に面白いエッセイ・読み物。


●県民性ブームの火付け役である著者

 著者はこれまで『名古屋学』『博多学』『札幌学』『広島学』(いずれも新潮文庫)を著して好評を博し、また『新・不思議の国の信州人』(ワニ文庫)、『新・出身県でわかる人の性格』(草思社文庫)、『日本全国 都市の通信簿』『名古屋人と日本人』(いずれも草思社)などで、その他の県人気質についても詳しく解き明かし、多くの読者を獲得してきました。今現在、テレビなどで「県民性」を語ることは大流行りですが、今日のブームの火付け役の一人はまちがいなくこの著者の岩中祥史氏です。日本文化が標準化され、ローカルなものが消えつつある現在ですが、一方で日本固有なものへの関心は逆に深まりつつあるように感じます。「県民性」への関心は過去から受け継いでまだ日本各地に眠っている貴重な遺産や宝物の再発見という意味を持っているのでしょう。著者はこのローカルなものへの案内役としていつも見事な役割を演じてくれています。

●近代日本を牽引しながら古風な魅力を持つ鹿児島
 著者がテーマとして次に選んだのは鹿児島です。鹿児島人は島津氏の鎌倉時代以来の支配から独自の発展をとげ、九州南端という立地からもあって江戸期末まで固有の文化を育んできました。ご存知の通り幕末から明治、大正の近代日本成立の過程で大きな役割を果たします。著者は何度も鹿児島を訪れ、資料を読み、現地の人と会話し、この一書を書き上げました。その手法はまさに「学」と呼ぶにふさわしいアプローチです。あたかも見知らぬ外国を訪れたかのようなレポートで日本の一地方である鹿児島をトータルに描くことに成功しています。鹿児島は沖縄につながる薩南諸島や奄美群島を包含し、明や琉球との密貿易で栄え、また勇敢な武の精神を重んずることで知られています。明治期に幾多の人材を輩出しましたが、西南戦争による敗北という傷も負っています。現在、食糧自給率では宮崎県に次いで第二位であり、農業県という印象で、「黒豚」「焼酎」がうまく、「温泉」が豊富にでる県です。しかし、そこには汲めども尽きぬ魅力があり、まだ手垢に汚れていない美質を発見することができます。日本の地方文化の現状を知るうえで格好の手引きとなる本です。

« 武士に「もの言う」百姓たち
――裁判でよむ江戸時代
| トップページ | [新訳]ヒトラーとは何か »