« 声に出して読みたい親鸞 | トップページ | 句集 カルナヴァル »

2013年1月21日 (月)

こんなにちがう中国各省気質
――31地域・性格診断

1949

1949_2













高橋基人(たかはし・もとひと)著

四六判 並製 288ページ 定価1680円 2013年1月

「反日」の裏にある、ほんとうの中国人の暮らし、性格。
ビジネス、観光、中国に関心を持つ人に、役に立つ必読書。

●ダイキン・エアコンの元中国部長によるユニークな中国人論
 本書の著者、高橋基人氏はかつてエアコン大手のダイキン工業に勤め、中国でのダイキンの進出に大いに腕をふるったビジネスマンです。中国部長などの要職をつとめた中国通で、現在でも多くの中国人と親交をもち、たびたび中国を訪れています。本書はその中国通による中国各地の民族気質を自らの体験や中国人からの取材で知った話などを交えて綴ったものです。中国と一口に言っても、とてつもなく広い。北は東北地方から南は海南島まで、東は沿海部から西は青海省、チベットまで、住んでいる民族もちがえば、文化もちがいます。そもそも顔がちがうし、食物がちがいます。
 昨年から激しい「反日デモ」が噴出し、日中関係はかなり厳しいものになっていますが、そうした政治的な関係の向こうで何千年も繰り返されてきた庶民の暮らしはまた全く別物です。各省にどんな人が住み、どんな暮らしがあるのか。決して一枚岩ではない中国の現状が見えてきて新しい視点が見つかるかもしれません。著者得意の分野でもあるチャイナビジネスにも役立つ話がたくさん詰まっています。

●各省気質から今の中国を見てみると
 河南省人についてはこんなふうに書かれています。「大都市の企業は、どこも河南人と一緒に仕事をするのを嫌がる。筆者も、『河南人、とくに鄭州人が後ろに近寄ってきたら注意しなさい』と何度も中国の友人から聞かされた。『騙されるぞ』という忠告である」。
 海南省については「南国のリゾートらしく、海南島は色情のあふれる土地柄だ。行けばわかるがホテルに入るや、女性が群がり寄ってくる。『ただし性病が多いから気をつけろ』も噂だけではなさそうだ」。
 最近、民主化を唱えるメディアが弾圧された広州人については「広東売国」という言葉を引用しつつ、著者が初めて広州に行った時のエピソードを紹介しています。「広州の立派な経済人がこぞって、『この国はいずれ分裂する』といった話題から始まった。『四つに分かれる』『いや七つに分かれる』と侃々諤々。つまり、彼らは、自分たちの国を信用していないのだ」。その土地土地の特徴や文化をジョークを交えながら巧みに紹介する著者の語り口はとても楽しい。しかつめらしい政治談義を超えた文化論として中国を語ることもいま必要だろうと考えさせる一冊です。

« 声に出して読みたい親鸞 | トップページ | 句集 カルナヴァル »

書籍・雑誌」カテゴリの記事