« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月21日 (木)

新潟明訓野球の秘密
――高校野球監督29年で教えられたこと

1956_2

1956













佐藤和也(さとう・かずや) 著

四六判 並製 208ページ 定価1680円


「体罰」教育とは正反対の「笑顔でのびのび」の教訓をつかんだ名物監督の回想記。

●名物監督の29年の苦闘の歴史
 著者の佐藤和也監督は新潟市にある私立新潟明訓高校の野球部監督として29年間の長きにわたり指導を続けてきました。弱小の高校野球部を率い、現在では甲子園の常連校に名前を連ねるほどの存在に育て上げ、その情熱と指導力は高校球界では知らないものはいない名物監督です。雪国で、しかも進学校でというハンデがありながら、県大会を勝ち抜き、甲子園で勝ち進むというのは並大抵の努力ではできません。現在、強豪校は優秀な中学生を特待生として集め、ただ勝つことだけに専念しているというのにです。ここに描かれるのは甲子園優勝の赫々たる戦績の有名校ではないが、雪国の普通の野球部がいかにして強くなったかの歴史です。

●ドカベンの明訓と名前が同じ訳
 水島新司氏の人気野球マンガ『ドカベン』の高校も「明訓高校」という名です。これは水島少年が新潟在住のとき、自宅の近くに明訓高校があり、野球少年として憧れていたからだそうです。残念なことに水島氏の夢は果たせず、漫画家になって『ドカベン』に明訓の名前をつかったそうです。それもあってか、新潟明訓の名前は全国的に知られるようになりました。

●地元に根ざす、笑顔でのびのびがキーワード

 佐藤監督の指導法は「雪国」のハンデで苦しみながら、雪の中でも練習をしてしまえと開き直ったところから発しています。雪の中で水を吸った重いボールを打ち続けたり、シャドウノックをしたりといった工夫から始まり、各地の高校野球監督との交流から新しい指導法を考え出してきました。特に「笑顔の野球」というキャッチフレーズは、苦しんだ末に生徒に教えられた重要なキーワードです。現在、体罰や叱責でチームを強くする指導法に批判が加えられていますが、氏の指導法はこれとは全く逆です。スランプに陥って抜け出せない時に「笑顔で」「のびのびと」やることで突破できることを生徒との交流の中から氏は教えられました。本書は「教育」と一体となった高校野球の原点を知るためにも有意義な書です。

2013年2月20日 (水)

階級「断絶」社会アメリカ
――新上流と新下流の出現

1958

1958_2










チャールズ・マレー著 橘明美訳
46判上製/560頁/定価3360円/2013年2月

◇発売と同時に全米で大論争が巻き起こった話題の書◇
 本書は米国のシンクタンク「アメリカン・エンタープライズ研究所」の政治・社会学者チャールズ・マレーの集大成ともいえる著書で、発売と同時に全米で大論争を巻き起こしました。議論を呼んだ理由ははっきりしています。著者がデータを駆使して明るみに出した内容があまりに衝撃的だったからです。それは「誰もが何となく気づいてはいたが、見て見ぬふりをしてきた」現実を明らかにしてしまったから、ともいえます。要約すれば、アメリカがいまや人種ではなく階級によって分裂しているということ、しかもそれは従来いわれてきたような経済格差である以上に文化的・モラル的な格差であり、アメリカ国内にまったく価値観が異なる二つの国民がいるような状態になっている――ということです。
 アメリカ社会についてはこれまで、「退廃的な一部エリートと、家族や信仰を大事に生きる健全な庶民」という構図で語られることが多かったのですが、本書によればそれは誤りで、「エリート層がアメリカの伝統的美徳を維持している一方で、労働者階級はそれを失いつつある」と結論づけています。この半世紀の間に、「働かない、結婚しない、コミュニティに参加しない、教会にいかない」人々が白人労働者階級に急増して、アメリカ社会を崩壊の危機にさらしている、という状況が本書によって詳らかになるのです。
 リバタリアンの論客として知られる著者は、格差を縮小させるためにヨーロッパ型の福祉国家モデルを採用すれば、社会の分裂はさらに進むと警鐘を鳴らしています。政府による保護が手厚くなればなるほど、それを欲する人々が増え続けるという指摘には非常な説得力があります。アメリカ社会が直面している分断状況は、日本にとっても決して他人ごとではありません。まっとうな社会の再生に何が必要なのか。本書は、格差をめぐる議論にきわめて根源的な視点を提供する一冊といえます。

2013年2月13日 (水)

「コンビニ食・外食」で健康になる方法 

1957

1957_2














管理栄養士 浅野まみこ・著 

四六判/並製/208頁/定価1260円/2013年2月

TBS「はなまるマーケット」
テレ朝「お試しかっ!」
日テレ「ヒルナンデス!」など、
テレビで人気の管理栄養士が教える、
「一日3食が外食」でも健康を保てるコツ!

「昼も夜も、外食が多い」「食事はコンビニ弁当に頼りがち」……。そんな食生活続きでカラダに不安を感じている方も多いのではないでしょうか? ですが、一日3食が外食でも、食事の選び方や食べ方しだいで、健康を保つことはできます。その具体的な方法を多数紹介したのが本書です。

著者の浅野まみこさんは、これまで、総合病院やクリニック、企業などで1万8000件以上の栄養相談を実施してきた管理栄養士。
著者は言います。
「『○○は食べてはいけません』『3食規則正しく食べましょう』『食べすぎてはいけません』『できる限り自炊しましょう』といった理想を目標にすることではなく、どんなに問題ありき、ジャンクフードありき、制限や調整が利きづらい食環境であっても、うまくコツをつかんで切り抜けていくことが大事です。すべてのことにはコツがあります。食生活もコツを知っているか知らないかだけで、大きく変わってくるものです」

食事は一日3回と考えると、年間1095回もあります。その中で、ほんの少しコツを加えれば、カラダは変わっていきます。本書でコンビニ食・外食のコツをつかんで、健康なカラダを手に入れていただけると幸いです。

もくじより
●「コンビニ弁当」を選ぶときの注意点
●「サラダとは言いがたいサラダ」もある
●市販の野菜ジュースは「野菜」と考えていいのか?
●「バナナ」は貴重な栄養素がつまった必携食
●「おでん」はレジ周りのおすすめ優良食品
●「豆腐」は“トッピング勝負”の健康食材 
●「缶詰」「パックごはん」「乾物」を基本装備する
●「間食」でカラダの調子を整える方法
●スーパーのお惣菜売場の「地雷エリア」と「伝統食エリア」を知る
●お米の糖分と、スポーツドリンクの糖分では、何が違うのか?
●コーヒーは「ソイ(豆乳)ラテ」で飲む
●「ながら食べ」はやめよう
●食事の「塩分」を控えるための5つの鉄則
●食事で「代謝」をアップさせる4つのポイント 
●「定食屋」では、どんなメニューを選ぶべきか?
●「うどん」より「そば」がおすすめな理由
●「牛丼屋」でのヘルシー“トッピング術”
●「イタリアン」ではトマトとオリーブオイルを積極的にとる
●「中華料理」の油を、どうしのぐか?
●「インドカレー店」でカレーやナンを注文する際のポイント
●「ファミレス」ではハンバーグよりステーキを選ぶ
●「回転寿司」でn-3系の良質な油をとる
●「トンカツ」が無性に食べたいときの注意点
●「つけ麺」は“麺固(めんかた)”で“スープ割りなし”が基本
●「居酒屋のランチ」は、安く鮮魚を食べられる絶好の機会
●「焼肉店」で肉の脂肪をとりすぎない上手な方法
●「ちゃんぽん」で一日350グラムの野菜をとる
●「中華食堂」と「肉料理屋」で一日350グラムの野菜をとる
●「野菜メイン」のファーストフード店がある
●ハンバーガーショップで「コメ」を食べる
●「玄米」をちょこっと食べる貴重な機会 
●野菜食べ放題の「サラダバー」では、どんな野菜から攻めるべきか?

数学小説 確固たる曖昧さ

1955

1955_2













ガウラヴ・スリ&ハートシュ・シン・バル
東江一紀 訳

四六判/並製/480頁/定価2,415円/2013年2月

◆この世界の“確かさ”を探究する、数学青春小説
 本書は古代から20世紀までの数学の歴史を辿りつつ、若者たちがこの世界の“確かさ”を探究する数学青春小説です。
 インドからアメリカに留学した青年が偶然、祖父の暗い過去を知ってしまうところから、物語ははじまります。数学者だった祖父は若いころ、1919年にアメリカで逮捕され、拘置所にいたことが明らかになるのです。逮捕の理由は、神の冒涜を禁じた州法に触れた疑い。青年はその顛末を知ろうと、祖父が獄中で判事と繰り広げた数学対話の記録を読み始めます。
 数学的真理以外認めなかった祖父、信仰心厚い判事、生きる意味を求める友人、何にも情熱を傾けられない「わたし」。祖父の過去を追ううち、数学が人々の世界観・人生観を揺るがしていきます。数学に、人生に、絶対的真理は存在するのでしょうか?

◆古代から現代への数学の歩みを物語として追体験する作品

 小説とは言え、本書に出てくる数学はすべて本物です。ピタゴラスやユークリッドといった古代ギリシャの数学者から、ガウスやリーマン、カントールといった19世紀~20世紀の数学者までの業績がたくみに物語に折り込まれ、数学に関する知識がなくても理解できるよう書かれています。読者は、数学者たちが論理を展開・敷衍することで導きだし、数学者自身が驚愕した研究結果を、物語として追体験することになります。そこに見いだされるのは、論理だけで構成された冷たい数学ではなく、人生を賭して挑んだ数学者たちの驚きや失望、歓喜に彩られた生々しい数学の姿。非ユークリッド幾何学や集合論といった数学そのものが物語をドライブしていく原動力となっているので、読者は数学の魅力にどんどんとひきこまれていくことでしょう。
 数学に興味のある方にはもちろん、「真理とは何か」「証明とは何か」「思考に限界はあるのか」という素朴な疑問を抱いたことがある人なら誰でも楽しめ、さわやかな読後感に浸れる一冊です。

 

全米出版社協会最優秀数学専門書学術書賞受賞作品

A Certain Ambiguity: A Mathematical Novel
Gaurav Suri & Hartosh Singh Bal

 

危機突破リーダー

1959

1959_2














元海上自衛隊海将・阪神大震災の現場指揮官
仲摩徹彌 著

四六判上製/224頁/定価1680円/2013年2月

  海上自衛隊海将から、阪急のホテルグループトップへ
  破綻した第一ホテルを再建した元・阪神大震災の現場指揮官が教える、
  最悪の事態を打開する真のリーダーのあり方!

 先の見えない時代に、企業でも、国家でも、世界中で生き残りをかけた熾烈な競争が繰り広げられています。まさに今ほど真のリーダーシップを発揮できるリーダーが求められている時代はありません。
 本書は著者が、実際に遭遇したさまざまな危機的事態を事例として、真のリーダーのあり方を提言するものです。ホテル経営者としても高く評価されてきた著者の説くリーダー論、リーダーシップ論は、するどく本質をついた普遍的なものとなっています。
 また、本書は「自分はリーダーに向いているのか?」「このやり方で合っているのか?」「予測しない事態をどう切り抜ければいいのか?」「リーダーは何を決断すればいいのか?」等々、不安や疑問を抱えているリーダーやリーダー予備軍の方にとっても、すぐに役立つ考え方が満載の一冊になっています。

■本書見出しより
危機にこそ求められるリーダーシップ/現場を不安にさせるリーダーはいらない/情報はただ集めても意味がない/なぜ上層部と現場には「ズレ」や「対立」が生まれるのか/「見て見ぬふり」だけは絶対にするな/許してはいけない一線だけは明確にせよ/いかに危機の予兆をつかむか/決断を誤らせる3つの思い込み/小さな異変を見逃すな/たった一つの情報からでも仮説は立てられる/リーダーの責任のとり方とは/危機の教訓を生かす……。

2013年2月 6日 (水)

句集 カルナヴァル

1960

1960_2













金原まさ子
四六判/上製/128頁/定価2,100円(税込)

102歳の悪徳と愉楽。

 一〇二歳の俳人・金原まさ子の第四句集。ときにいたずらっぽく、ときにあでやかに、好奇心のおもむくまま快楽へと異端の事物へと手を伸ばし、奔放な韻律で17音をつむぐ耽美的な作風です。一〇〇歳で始めたブログに毎日掲載しつづけた一句+コメントから第Ⅱ章と第Ⅳ章を構成(他章は俳句雑誌等への掲載作品)。イラストをふんだんに用いた斬新なページデザイン。一句目から二〇八句まで読者を飽きさせず、独自の作品世界に引きこみます。

金原まさ子(きんばら・まさこ)
1911年(明治44年)東京生まれ。1970年、草苑(桂信子主宰)創刊に参加。73年、草苑しろがね賞受賞、79年、草苑賞受賞。2001年、街(今井聖主宰)同人。07年、らん(鳴戸奈菜代表)入会(筆名・金子彩)。句集に『冬の花』『弾語り』(草苑俳句会)、『遊戯の家』(金雀枝舎)。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »