« 句集 カルナヴァル | トップページ | 数学小説 確固たる曖昧さ »

2013年2月13日 (水)

危機突破リーダー

1959

1959_2














元海上自衛隊海将・阪神大震災の現場指揮官
仲摩徹彌 著

四六判上製/224頁/定価1680円/2013年2月

  海上自衛隊海将から、阪急のホテルグループトップへ
  破綻した第一ホテルを再建した元・阪神大震災の現場指揮官が教える、
  最悪の事態を打開する真のリーダーのあり方!

 先の見えない時代に、企業でも、国家でも、世界中で生き残りをかけた熾烈な競争が繰り広げられています。まさに今ほど真のリーダーシップを発揮できるリーダーが求められている時代はありません。
 本書は著者が、実際に遭遇したさまざまな危機的事態を事例として、真のリーダーのあり方を提言するものです。ホテル経営者としても高く評価されてきた著者の説くリーダー論、リーダーシップ論は、するどく本質をついた普遍的なものとなっています。
 また、本書は「自分はリーダーに向いているのか?」「このやり方で合っているのか?」「予測しない事態をどう切り抜ければいいのか?」「リーダーは何を決断すればいいのか?」等々、不安や疑問を抱えているリーダーやリーダー予備軍の方にとっても、すぐに役立つ考え方が満載の一冊になっています。

■本書見出しより
危機にこそ求められるリーダーシップ/現場を不安にさせるリーダーはいらない/情報はただ集めても意味がない/なぜ上層部と現場には「ズレ」や「対立」が生まれるのか/「見て見ぬふり」だけは絶対にするな/許してはいけない一線だけは明確にせよ/いかに危機の予兆をつかむか/決断を誤らせる3つの思い込み/小さな異変を見逃すな/たった一つの情報からでも仮説は立てられる/リーダーの責任のとり方とは/危機の教訓を生かす……。

« 句集 カルナヴァル | トップページ | 数学小説 確固たる曖昧さ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事