« 2013年版 プロ野球 問題だらけの12球団 | トップページ | これが解けたら気持ちいい!
大人の算数脳パズルなぞぺー »

2013年3月27日 (水)

それでも戦争できない中国
――中国共産党が恐れているもの

1970_2_3

1970














鳥居 民[とりい・たみ]=著

四六判上製 二二四頁 定価一六八〇円 二〇一三年三月

 ○独自の中国認識を披歴した最後の中国論
 ご承知のように、著者の鳥居民氏は去る一月四日、心筋梗塞のため急逝されました。鳥居氏は終生在野にあって、一切のイデオロギー的史観を排し、鋭い洞察力をもって日本の近現代史を描いた特異な歴史研究者であると同時に、現代中国の動向を正確にとらえた著作をものした希代の中国ウォッチャーでもありました。
 最後の中国論となった本書の原稿は二〇〇八年に執筆され、その後の情勢の変化をふまえて修正が加えられる予定でしたが、ライフワークであった『昭和二十年』の執筆に専念され、修正は叶いませんでした。しかしながら、6章「つぎの統一戦線工作」では、中国は尖閣諸島を利用して台湾を「反日・親中」に向かわせるだろうと指摘、直近の尖閣をめぐる動きはこの予測の確かさを証明しており、また、毛沢東の朝鮮戦争参戦と金門砲撃戦、江沢民の台湾沖でのミサイル演習を取り上げて党指導者の行動原理を解き明かした分析は、氏の独自の中国認識の核心部分でもあり、あえて執筆時のまま刊行することとしました。

 ○党指導部が抱きつづける「亡党亡国」の恐怖
 鳥居氏は、中国共産党指導部は建国いらい「亡党亡国」の恐怖に怯え、一党独裁支配を揺るがすあらゆるもの(党の分裂、民主化等の西側の思想)を排除してきたと見、鄧小平は民主化を断乎許さず、天安門の大弾圧を指示し、さかのぼって毛沢東が朝鮮戦争参戦を決めたのは、東北の覇者となって自らのライバルとなりそうな高崗を追い落とすためであり、台湾の金門島を砲撃したのは米国との緊張関係をつくりだすことで人民公社化を促進するためであった、江沢民のミサイル演習は台湾に戒厳令を布かせて台湾が民主政体となることを阻止するためであったと説きます。中国の挑発や戦いは二国間の軋轢に由来するものではなく、すべて「亡党亡国」を恐れる党指導者たちの生き残りの手段であり、この視点を抜きにして中国を見ることはできないというのが氏の中国認識の核心部分です。

 ○毛沢東流の軍事冒険ができない三つの根拠
「亡党亡国」の恐怖は、むろん共産党体制が続く限り変わりません。しかし書名にあるとおり、中国はもはやそのための毛沢東流の軍事冒険などできないというのが本書の主旨です。鳥居氏は「はじめに」において、「中国がこの先、台湾や日本に戦いを仕掛けるといった推測があるが、私はこれには与しない」と述べ、その根拠として三点を挙げています。すなわち、中国共産党の態度決定の原則は「穏定(=安定)が一切を圧倒する」で、これを変える利益はないこと。「未富先老」の束縛から逃れる術はないこと(深刻な少子高齢化)。太子党の中から「百人のスーパーリッチ」が生まれ、これが強力な圧力集団となっていることです。たとえば、世界経済に組み込まれ、その恩恵をどの国よりも多く受けている中国がひとたび戦いに打って出れば、経済活動はメチャクチャになって社会の穏定(安定)が崩れ、党の延命どころか、逆に「亡党亡国」にいたるであろうことは明らかです。
 となれば、尖閣をめぐる事態では、軍事的脅威を云々するよりもむしろ、挑発の背後にある国内問題を見きわめることが肝要。はからずも、鳥居民氏の〝遺言〟となった本書から今、汲みとるべきはまさにこのことではないでしょうか。

« 2013年版 プロ野球 問題だらけの12球団 | トップページ | これが解けたら気持ちいい!
大人の算数脳パズルなぞぺー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事