« あらゆる病気を防ぐ 「一日8000歩・速歩き20分」健康法
――身体活動計が証明した新健康常識
| トップページ | 目撃者 »

2013年4月22日 (月)

あら、もう102歳
――俳人 金原まさ子の、ふしぎでゆかいな生き方

1973102

1973102_2















金原まさ子 著
四六判並製/200頁/定価1260円

 俳句界で「不良少女」と呼ばれる102歳の著者が、
“アラ100女子”のための新しくて楽しい生き方のヒントを初公開!

 歳をとるたびに、体も頭も…いろいろなものが衰えていくと考えると、ついつい暗い気持ちになりがちです。しかし、金原さんのまったく感性が衰えない生き方は、その前提をひっくりかえし、これから高齢期を迎えようとする人たちに元気と希望を与えてくれます。
49歳で俳句をはじめ、80歳で腐女子に、100歳でブログを開始、102歳で4冊目の句集(『カルナヴァル』当社刊)を出版!

 金原さんは、80歳にして、映画「戦場のメリークリスマス」のヨノイ大尉(坂本龍一)で、目覚め、その後「モーリス」「アナザー・カントリー」といった美しい男性たちの世界に開眼し、“腐女子”界から賞賛と礼賛を浴びたり、最近では、ネガティブモデルの栗原類さん、ピースの又吉さんにはまったり、102歳にして、10代、20代の女性と何ら変わらない感性のまま、日々をおもしろ楽しく過ごしています。しかも一人でいることを好み、あまり外出もしないのに、驚くほど精神も肉体も元気なのです。

 その一方で30代のときに、初めての子どもを亡くされたり、夫の出奔や戦争など、大変な苦労を経験されていますが、金原さんには悲壮感が一切ありません。「幸運の女神の前髪をつかんだら、そのままいっしょに走りたい」という、金原さん流の究極的ポジティブな生き方こそ、どんな状況でもしあわせに生きるためのヒントが含まれているのではないでしょうか。

 ついつい年齢にとらわれて、楽しく生きられないと思っている方や、仕事や恋愛など今の状況をしあわせに感じられない若い人たちにも、金原さんの生き方は大いに参考になるものと思いますので、ぜひおすすめしたい一冊です。

金原まさ子百歳からのブログ(かねこねこ俳句便)

●目次より 
1たまたま102歳 
2二十歳の銀座
3美しい男性たち
4麹町六丁目七番地
5フマジメとマジメ

●著者紹介 
金原まさ子(きんばら・まさこ)
1911年(明治44年)東京生まれ。三輪田高等女学校卒。卒業後は飯田橋の料理学校へ。その後結婚し、ほぼ専業主婦として生活。49歳ではじめた俳句が高く評価され、俳人としての活動をはじめる。1970年、草苑(桂信子主宰)創刊に参加。73年、草苑しろがね賞受賞、79年、草苑賞受賞。2001年、街(今井聖主宰)同人。07年、らん(鳴戸奈菜代表)入会(筆名・金子彩)。句集に『冬の花』『弾語り』(草苑俳句会)、『遊戯の家』(金雀枝舎)、『カルナヴァル』(草思社)。

« あらゆる病気を防ぐ 「一日8000歩・速歩き20分」健康法
――身体活動計が証明した新健康常識
| トップページ | 目撃者 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事