« 満州航空の全貌
――1932~1945:大陸を翔けた双貌の翼
| トップページ | 発達障害の子どものための 体育の苦手を解決する本
――「できた!」のよろこびが、子どもの自信とやる気を育む »

2013年5月30日 (木)

映画 果てしなきベスト・テン

1974

1974_2














山田宏一(やまだ・こういち)著/和田誠装丁・イラスト
四六判、並製、480ページ、定価2730円/2013年5月

とにかく面白い映画を見たい人は、必見・必読の指南書。
自伝的エピソードを織り交ぜながら、古今の映画のベストを綴る。

●古今、東西の映画を見尽くした上でのベストとはどれだ
  著者は多くの映画ファンから今、日本でもっとも信頼できる映画評論家と支持されている存在です。これまで『マキノ雅弘自伝』の聞き書きから、『映画術 ヒッチコック/トリュフォー』の訳出、『トリュフォー ある映画的人生』(ドュマゴ文学賞)の執筆など、多くの仕事を通して、実証的で刺激的な、ある種の映画評論活動を続けてきました。本書はこれまでベスト・テンやベスト50やベスト100などを選ぶことを求められ、機会あるごとに書いてきた文章や、自らの映画体験を回顧しつつ、どんな映画こそ面白いのか、優れているのか、時代を超えて見るに耐えうるのかを、たくさんの映画タイトルや映画の紹介を交えて綴った映画エッセイです。おそらく著者は数万本の映画を見続けてきた、日本一の映画ファンでもあるでしょう(淀川長治氏や双葉十三郎氏のあとを継ぐ)。氏の推奨する映画は何か、どれが面白い映画なのか、ここに載せられた映画タイトルを見るだけでも、映画ファンならずとも大いに参考になるでしょう。

●自由に無数のタイトルから選ぶ時代にこそ必要なガイド
 著者の一貫した主張は「日本映画や外国映画といった垣根を取り払い、また時代を超えて『映画』そのものを見よ」ということです。ここには浅薄な、あるいは狭量な現今の映画評論への批判が込められています。
 1950年代のベスト163本、これでやみつきになった10本、果てしなきベスト150本、犯罪・ミステリー映画ベスト22、時代劇映画ベスト・テン、日活ロマンポルノ・ベスト12、わが心の名画座ベスト100などなど、ここにはさまざまなベストが紹介されています。ちなみにある時点の著者のベスト・テンを紹介してみましょう。
① キートンのカメラマン②ピクニック(ルノワール)③ハタリ!④黄金時代(ブニュエル)⑤気狂いピエロ⑥鳥⑦上海から来た女⑧フェリーニの道化師⑨静かなる男⑩街の灯
 ここにはまさに「映画とは何か」「映画的魅力の本質とは何か」について考察を続ける氏の評論活動の面目躍如たるものが感じられます。
 本書は映画エッセイでもありますが、何より面白い映画を観るための映画ガイドとして役に立ちます。レンタルやネットで無数のタイトルの中から自由に映画を借りられるようになった今、これは本当に役に立つ映画ガイドでもあります。 

« 満州航空の全貌
――1932~1945:大陸を翔けた双貌の翼
| トップページ | 発達障害の子どものための 体育の苦手を解決する本
――「できた!」のよろこびが、子どもの自信とやる気を育む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事