« 幕末明治  不平士族ものがたり | トップページ | 雲のかたち立体的観察図鑑 »

2013年6月28日 (金)

日米衝突の萌芽 1898 ― 1918

1986

1986_2














渡辺惣樹[わたなべ・そうき]=著

四六判上製 五六八頁 定価三六七五円

○日米開戦に至る壮大な歴史ドラマ
 渡辺惣樹氏は二〇〇九年に上梓した『日本開国』で、日本に開国を迫ったアメリカの本当の狙いはイギリスの後塵を拝した対支那(清国)貿易拡大のためのシーレーン確保にあったことを明らかにしました。いらい渡辺氏は開国に始まる日米関係をアメリカ近代史の視点を軸として描くべく、埋もれていた文献から最新の研究論文まで米英資料を広く渉猟。二〇一一年に刊行し高評価を得た『日米衝突の根源 1858―1908』はその成果の一つであり、本書はその続編にあたります。この『日米衝突の根源』で渡辺氏は、太平洋をめぐる日米衝突(太平洋戦争)の原因を探ることをテーマと定めたようです。日米開戦に至る壮大な歴史ドラマの始まりです。おさらいになりますが、『日米衝突の根源』では、日米修好通商条約締結(一八五八年)の時代にさかのぼり、南北戦争、米西戦争、西漸運動、日露講和の仲介、西部諸州の人種偏見、保護貿易を基盤とする経済システム等をとりあげて米国の行動原理を解き明かすとともに、英国をはじめとする欧州の干渉を恐れ、貧弱な軍事力を自覚し日本の優秀な海軍力を恐れる米国の姿を浮き彫りにし、フィリピンやパナマ運河の戦略上の意味に新たな光をあてて、やがて来る日米開戦の不可避性を示しました。

 ○〝いい加減〟な歴史観を払拭する
 本書では、前著と重なる一八九八年(米国のフィリピン領有)から説き起こし、第一次大戦の停戦にいたる二十年間が描かれています。この二十年は、リアルポリティクスの権化ともいうべきセオドア・ルーズベルトが日本と事を構えてはならないことを主眼としてつくりあげた、クリスタル細工のような日米関係が徐々に崩れていくプロセスでもあったのですが、その経緯を俯瞰することによって、第一次大戦がはっきりと第二次大戦に繋がっていたこと、列強のせめぎ合いの中で日本は懸命の外交努力をしたこと、日本が第一次大戦の戦勝国となったのは〝棚ぼた〟式ではなかったこと、すでにこの時期に日米開戦の萌芽がみられたこと、が理解できます。さらに言えば、日米開戦の原因を日本にのみ求めて済ませる歴史観がいかに不勉強で〝いい加減〟なものであるかがわかるのです。
 内容の濃い本書を要約するにはとうてい紙幅が足らず、代わりに日米開戦史を考える上では外せないと思われる点をいくつか、以下に箇条書き風に挙げておくことにします。

▽ルーズベルトに続く大統領タフトは日本嫌いのチャイナハンズ、ウィラード・ストレイトの影響を強く受けていた。「民族自決」を謳った大統領ウィルソンは白人と黒人の隔離政策を進め、その本質は白人優位・人種差別主義者であった。
▽太平洋・大西洋の二正面のジレンマを抱えるアメリカは、パナマ運河の開通、FRBの創設によって欧州列強を凌駕するためのすべての準備を整えた。
▽アメリカは日本の目がフィリピン方面(南方)に向かうことを何よりも恐れ、朝鮮・満洲方面にその関心を留めるために桂・タフト密約を結んだ。
▽ドイツは日英関係に楔を打ち込むべく、日英同盟のサイレントパートナーたるアメリカに向け、日本が米国のバックヤード、メキシコで不穏な動きをしていると伝えて謀略を仕掛けるが、奏功しないと見ると逆に日本に秋波を送る。

« 幕末明治  不平士族ものがたり | トップページ | 雲のかたち立体的観察図鑑 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事