« 米・中・ロシア 虚像に怯えるな
――元外交官による「日本の生きる道」
| トップページ | 幕末明治  不平士族ものがたり »

2013年6月21日 (金)

甲虫 カタチ 観察図鑑

1982_2

1982










海野和男(写真と文)

A4変形 並製 132ページ 定価2310円


驚くべき精度、超拡大写真でとらえた奇怪で美しい、甲虫の身体、色、部分。

 カブトムシやクワガタムシからタマムシ、オサムシ、コガネ、ハンミョウなどまで、昆虫の中でも最も大きいグループをなす甲虫類はとても人気があり、見た目も面白い。ピカピカして、ときとして虹色に輝くタマムシやコガネなどの身体。カブトムシやクワガタは大きな角や大顎で格闘する。ゾウムシの奇怪な悪夢のように見える形態。色、模様、形態など、甲虫の造形の秘密に迫った写真中心の図鑑が本書です。

 昆虫写真の第一人者である著者が超クローズアップで捉えた迫力ある生態写真や標本写真が、これこそ造化の妙と言える世界を見せてくれます。特に、これだけクリアで精密な写真、接写で大きく捉えた写真は他の類書には見られないものです。著者は何十枚ものピントをずらした写真を撮影し、パソコンを使い合成し、隅々までクリアな画像にすることに成功しています。高画質カメラやパソコンによる合成技術の発達がこれを可能としました。夏休みの自然観察の副読本として、大人から子供まで楽しめる図鑑となっています。

« 米・中・ロシア 虚像に怯えるな
――元外交官による「日本の生きる道」
| トップページ | 幕末明治  不平士族ものがたり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事