« 「日本の朝鮮統治」を検証する 1910―1945 | トップページ | 声に出して読みたい志士の言葉 »

2013年8月30日 (金)

kindle、kobo、kinoppyで
『間違いだらけのクルマ選び』
2011~2013年版が一挙電子書籍化

18322011

18742012

19432013

 
















新生『間違いだらけ』が電子書籍書店で買える!
 2011年に新たに島下泰久氏を共著者として迎え、復活した新生『間違いだらけのクルマ選び』(2011~2013年版)が、アマゾンkindle、楽天kobo、紀伊國屋kinoppyで電子書籍化、2013年8月30日より発売となります。あの辛口自動車批評が、スマホやパソコン、電子書籍端末で楽しんでいただけるようになりました。
 もちろん、最新の『2013年版間違いだらけ』も電子書籍化。数十年に一度のニューカー大量デビューでクルマ選びが一変した状況を詳述した本書も、いますぐクルマ購入に役立てていただけます。

バックナンバーの入手が容易に。読み方・使い方が広がる!
 『間違いだらけ』の電子書籍化には、一般の書籍の場合とは少し違った意味合いがあると言えます。
 『間違いだらけ』は年度版書籍であることから、バックナンバーが書店店頭では入手しづらいのですが、電子書籍ではそのような問題はなく、いつでも過去の『間違いだらけ』を購入できます。そのことで、中古車を選ぶ際に参考とする場合もより便利にお使いいただけるでしょうし、クルマ知識のレファレンスとしてもより活用しやすくなるでしょう。電子書籍となることで、『間違いだらけ』は新しい読み方、使い方ができる本になると言えます。
 「リフロー型」の電子書籍ですので、読者がフォントの大きさなどを設定することができ、大きな文字で読みたいという方にもオススメです。
 電子書籍という新しい形態を手に入れた『間違いだらけ』。本年12月に刊行予定の『2014年版』でも進化し続けます。ひきつづき、『間違いだらけ』にご注目ください。

徳大寺有恒・島下泰久著『間違いだらけのクルマ選び』
当初覆面ライターだった徳大寺有恒氏の著書として1976年に初めて刊行された自動車バイヤーズガイド。77年刊行の続篇とあわせて120万部を売り上げるベストセラーとなり、自動車業界のみならず、社会全体に衝撃を与えた。以降『年度版間違いだらけ』を2004年まで刊行し、いったん休刊に。復活した『2011年版』からは島下泰久氏との共著となり、よりジャーナリスティックに進化を続けている。
今回の『間違いだらけ』電子書籍化は、2012年5月にiPhoneアプリとして発売した『2011年版』『2012年版』の電子書籍につづくもの。

●各電子書籍書店へのリンク
《アマゾンkindle》 
『2011年版』はこちら
『2012年版』はこちら
『2013年版』はこちら

《楽天kobo》
『2011年版』はこちら
『2012年版』はこちら
『2013年版』はこちら

《紀伊國屋kinoppy》
『2011年版』はこちら
『2012年版』はこちら
『2013年版』はこちら

« 「日本の朝鮮統治」を検証する 1910―1945 | トップページ | 声に出して読みたい志士の言葉 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事